FacebookページとTwitterを連携する手順とそのメリットをご紹介

Facebookページ Twitter 連携

近年、Webマーケティングや集客戦略の一環としてソーシャルメディアを利用するのが「当たり前」になっています。

特に、FacebookページとTwitterで最新情報やキャンペーン情報などを流している企業は少なくありません。

企業のSNS戦略における定番プラットフォームとなっているFacebookページとTwitterですが、実はこの2つは簡単に連携させることが出来ます。

FacebookページとTwitterの投稿を連携させれば、更新の手間が減り、ソーシャルメディアのアカウント運用にかかる時間的コストを最小限にすることが可能になります。

そこで今回は、FacebookページとTwitterを連携する方法とそのメリットなどについて、ご紹介していきます。

1.FacebookページとTwitterを連携する2つの方法

FacebookページとTwitterの連携を検討する際、下記の2パターンが考えられます。

  • Facebookページの投稿をTwitterに自動で流す(投稿する)
  • TwitterのツイートをFacebookページに自動で流す(投稿する)

それぞれのアカウントの状況によって最適なパターンは異なるので、一概に「こちらにした方が良い」ということは言えませんが、基本的には「Facebookページの投稿をTwitterに流す」パターンのほうが最適な場合が多いと思います。

ただ、どちらのパターンにするかはFacebookページとTwitterの投稿数や、フォロワー数の状況などを考慮しつつ決定しましょう。

それでは各パターンの連携方法を順番にご紹介します。

Facebookページの投稿をTwitterに自動で流す連携手順

「Facebookページの投稿をTwitterに自動で流す」場合の連携手順としては下記のようなフローで行っていきます。

  1. 最初にあらかじめ、FacebookとTwitterのアカウントにログインしておきます
  2. Facebookが用意している公式の連携用ページにアクセス
  3. ページ内にある「FacebookページをTwitterとリンク」というボタンをクリック(「プロフィールをTwitterとリンク」ではないので注意してください)
  4.  連携させたいFacebookページを選択し、「Twitterとリンク」というボタンをクリック
  5. Twitter側の認証ページに飛ぶので、「連携アプリを認証」ボタンをクリック

以上で設定完了となります。

TwitterのツイートをFacebookページに自動で流す連携方法

次に、「TwitterのツイートをFacebookページに自動で流す」場合の連携方法をご紹介します。

  1. まず、連携させたいFacebookページのアカウントとTwitterのアカウントにログインしておきます
  2. Twitterの画面右上にあるプロフィールアイコンを選択し、「設定とプライバシー」をクリック
  3.  左側のメニュー一覧から、「アプリ連携」を選択
  4. 「Facebookと連携する」というボタンをクリック
  5.  Facebook側のページに飛ぶので、Twitterからの投稿を公開する範囲を選択し、「OK」ボタンをクリック
  6.  Twitter側のページに遷移したら、「許可する」ボタンをクリック
  7.  Facebook連携の設定画面が表示されるので、「Facebookプロフィールに投稿する」のチェックを外す
  8. 新たに「Facebookページに投稿する」という項目が現れるので、チェックを入れる
  9. 「Facebookページに投稿する」の下にあるプルダウンメニューで、連携したいFacebookページを選択

これでTwitterとFacebookページの連携は完了です。

2.FacebookページとTwitterを連携させるメリット

FacebookページとTwitterを連携させるメリットを一言でまとめてしまえば、「SNSアカウントの運用コストを削減出来る」という言葉に集約出来るでしょう。

Facebookページ Twitter 連携1

通常ならば両方のサイト向けにそれぞれ文章を考えて個別に投稿しなければならないところを、連携することで片方だけの作業で済むので、かかる労力と時間は半減します。

SNSでのプロモーションやマーケティングにあまり時間を割けないケースでは、FacebookページとTwitterの自動連携は非常に便利です。

また、同じ内容を2つのサービスに投稿することになるので、伝えたいメッセージをより多くのユーザーに届けられるのも連携の魅力だと言えます。

3.FacebookページとTwitterを連携させる時の注意点

FacebookとTwitterとでは基本的にユーザー層が異なり、受けの良い投稿の傾向も異なる為、片方の投稿をもう片方のサイトに投稿し続けていると、ユーザーのエンゲージメントが下がっていってしまうリスクがあります。

FacebookとTwitterのユーザー層の違い

ソーシャルメディアでの集客効果を最大限に高めたいのであれば、やはりそれぞれのサービスに合わせた個別の運用戦略はどうしても必要になってきます。

運用コストと宣伝・集客効果との兼ね合いを見つつ、上手に賢く連携機能を活用するようにしましょう。

4.まとめ

ここまでFacebookページとTwitterを連携する方法について詳しく見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

簡単に設定出来て、ソーシャルメディアの運用にかかる手間を大幅に減らすことが出来るFacebookページとTwitterの連携。

連携への「頼りすぎ」にさえ注意しておけば、企業のWeb担当者の力強い味方となってくれることでしょう。

「SNSの運用コストをもっと削減したい」「SNSの更新作業や運用にあまり時間をかけられない」という方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、FacebookページとTwitterの自動連携を試してみてください。


PC用電話

Facebookページ Twitter 連携

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。