印刷業界からWeb業界に転身!子育て奮闘中のWebデザイナーの1日を公開

Web業界では女性の活躍が増えています。今日は、Webマーケティング会社でデザイナーとして働きながら、1歳の赤ちゃんを育てる橋本さんにお話を聞きました。

橋本さんは5年前に印刷業界からWeb業界に転職。その後Webデザイナーとしてスキルアップしながら、1年前に出産。2019年の4月に職場復帰されました。
Webデザイナーという職業や、出産後も働くことに対してリアルな感想をお聞きします。

未経験・30歳オーバーでWebデザイナーに転職

NobyNoby:橋本さんは5年前に転職をされる前には印刷業界でデザイナーとして働かれていたんですよね。そこからどうしてWeb業界に転職することになったのですか?

橋本さん:そうですね、新卒から11年くらいDTPのデザイナーをしていました。
従業員が10人程度の小さな会社で働いていたのですが、今後も長くここで働けるかなと思うと不安もあって初めて転職を考えたんです。

規模が小さいこともあって、人が入れ替わったりとかそのようなことが雰囲気に大きく影響する職場だったので。

NobyNoby:なるほど。そこでどうしてWeb業界に転職することになったのでしょうか?

橋本さん:いえ、最初はやっぱり同じDTPの業界で転職しようと思ったんですよ。その方が11年頑張った経験を活かせると思って。
でもいざ転職活動を始めてみると、同じ業界は難しいとわかってきたんです。

NobyNoby:どういう点が難しかったのでしょうか。

橋本さん:やはりインターネットやデジタル化の影響で印刷業界の市場は縮小傾向で、求人自体あまり数がありませんでした。あとは30歳を超えていたので、年齢の問題もありました。
1回目の転職だったので、初めて業界や自分の仕事について考える機会となったのですが、現実を知ったという感じでしたね。

それで最初はぜんぜん上手くいかなかったのですが、そこで転職エージェントに進められたのがデザイナーとしては未経験のWeb業界だったというわけです。

NobyNoby:Web業界への転職をすすめられたときはどう思いましたか?

橋本さん:やっぱり同じデザイナーといっても、Web業界はぜんぜんジャンルが違うので不安はありました。

でも印刷業界と比較してWeb業界は成長傾向にありましたし、これから伸びる業界だと思いました。それで、未経験ではありましたが転職の候補に入れて活動を開始しました。

その時すごく良い転職エージェントさんにも会えたんです。いくつかの転職エージェントに登録していたのですが、他が「結構厳しいと思ってください」という感じだったのに、その人だけ「任せてください!」って。

ただ、業界を広げても変わらず年齢の所はネックだったので、「普通の人の2倍くらいは応募してください」といわれて実行していました。今思うととても頑張ったと思います(笑)

NobyNoby:そうして今の会社に出会ったんですね。

橋本さん:そうなんです。今勤務している株式会社リスティングプラスにWebデザイナーとして採用されて、2015年の4月に入社しました。

あとから知ったのですが、私を面接してくれた人は私が初めての転職で、前職で11年勤めていたところを見て、仕事にコツコツ取り組む人だと思ってくれたそうです。

職場復帰に合わせて会社が制度を整えてくれた

NobyNoby:そこから5年間、Webデザイナーとして活躍されて、2018年に第一子出産のために産休・育休に入られましたね。

橋本さん:そうですね。そして2019年の4月に元の職場に復帰しました。

NobyNoby:それはもともと予定されていたのでしょうか?

橋本さん:もともとは、「子どもを産んでもばりばり働くぞ!」って思っていたんです。でもいざ息子が生まれたら可愛くて離れたくなくなってしまいました。このかわいい時期に人に預けて仕事するのはもったいないような気がして、仕事に戻るかどうかは正直ちょっと迷いましたね。

NobyNoby:そうですか。職場復帰するつもりだった女性の中でも、産んでみたら離れたくなくなったとか、育児が大変で復帰どころではなかったとかで、結局退職してしまう人も多いようです。

橋本さん:気持ちはすごくわかりますね。心境の変化とか周りの環境の変化とか、やはり女性の周りは出産で大きく変わります。

それでどうしようかと思っていた時、会社から復帰する時の制度について提案を受けたんです。

内容は、在宅勤務を基本にして9時から16時の短時間労働というものでした。
子どもを預けることにはなりますが、片道1時間の通勤をしなくていいので、子どもと過ごす時間も確保できると思いました。

それまでと同じペースで働くと、通勤もあるので朝の7時半には家を出て、夜は21時に帰って・・・それだともう子どもを寝かせる時間で一緒には過ごせないですから。

NobyNoby:その制度は、もともとあった制度だったんですか?

橋本さん:いえ、実はその時に会社が作ってくれた制度だったんですよ。
ベンチャー企業だったので、それまで女性の出産後の復帰についてはしっかり制度がありませんでした。

でもこの時同じように出産をした女性社員がもう1人いて、これを機会にということで制度を整えてくれたのです。

NobyNoby:なるほど。女性の福利厚生というと大企業のほうが整っているようなイメージですが、ベンチャーだからこそ、その人の働き方に合わせた制度を作ることが出来たということですね。

橋本さん:成長しているベンチャー企業の良いところだと思います。
それに他の社員も若い人が多くて、みんなこれから結婚したり出産したりしていくんですよね。

だから子育てをしている私たちにも協力的だと思います。産休に入る時にもいろいろフォローしてくれて、今も子どもが熱を出したりして、仕事を中断しないといけない時もありますが、それで嫌な雰囲気になる事はなく心配してくれるのはありがたいです。

仕事に戻る時にはやっぱり少し不安で「やってみないとわからない」「戻ってみてから考えよう」と思っていたのですが、今は子どもを預けてでも復帰してよかったと思います。

在宅Webデザイナーの1日

NobyNoby:今、どんなスケジュールで仕事をされているのですか?

橋本さん:時短勤務の自宅勤務なので、基本的には9時から16時まで、お昼の1時間休憩を挟んで勤務しています。その他に週に1日だけ会社に出勤して、あとは会社のイベントがある時にも出社します。

NobyNoby:担当されている業務はどんなものですか?

橋本さん:私が担当しているのは、自社の公式サイトや集客ページがメインです。デザインをしたり、依頼が来たら必要な修正をしたり。
今うちの会社はYouTubeチャンネルもいくつか開設しているので、そのサムネをデザインしたりしています。

あと、最近増えてきているのが紙の印刷物の制作です。うちはWebマーケティング会社なのですが、最近はオンラインとオフラインの境界がなくなってきて、全部を組み合わせて行き来させる必要があるんです。
DTPデザイナーからWebデザイナーになったのですが、印刷物の作成ができる事がここに来て役に立っています。会社のパンフレットを作ったり、チラシを作ったりしています。

NobyNoby:仕事中、お子さんは保育園ですか。

橋本さん:はい、待機児童問題とかすごく心配していたのですが、運よく家から近い保育園に預けることが出来ました。事前予約などには惨敗していたのでただのラッキーなのですがよかったです。

朝は7時位に起きて、子どもにご飯を食べさせたり準備をさせて、保育園に連れて行きます。帰宅後は子どもが盛大に散らかしたおもちゃをさっと片付けて、仕事を始める準備をして、9時に業務開始する感じですね。

仕事はなかなか16時ぴったりに終わることはないのですが、迎えの時間ごろには間に合うので迎えに行きます。それで夫が帰ってきて、夕ご飯を食べるという形です。

NobyNoby:お子さんと過ごす時間もあって、仕事もできて、メリハリのある素敵な働き方だと思います!

働きながらも子どもと過ごす時間は取れているとのこと

未経験でも研修と仕事でスキルアップ可能

NobyNoby:橋本さんはWebデザイン未経験で入社されたんですよね。入社後はどのようにスキルアップされてきたのでしょうか。

橋本さん:Webデザインについては、前の会社で自社サイトのデザインをちょっと触ったくらいしか経験がありませんでした。

なので入社後すぐにWebデザインの専門スクールに通わせていただいて、しばらくそこで勉強しましたね。でも学校に行って思う事は、やっぱり学校で教わることって基本であり、デザインに使うツールの使い方がほとんどなんですよね。

だから、それ以降は本当に仕事を通して学んでいった感じです。その後も会社からさまざまな研修に参加させていただいて、それはすごくありがたかったです。

NobyNoby:特に業務を通じて学べたこととかありますか。

橋本さん:そうですね・・・私がやっているWebデザインの場合、集客や販売のページが多いのでコピーライターさんが書いた原稿をどう意図通りにユーザーに届けるかという視点が必要なんです。

そのために効果的なデザインは、という風に考えるので「キレイであればいい」「かっこよくするのがいい」という主観ではなく、広告の効果という点で考えられるようになったのが良かったと思います。

そのためのテクニックとして、特にタイポグラフィという文字の配置・デザインについてはかなり研究しました。タイポグラフィは広告がユーザーに与えるイメージに大きく影響しますが、しっかり理解している人が少ないので役立つスキルだと思いますね。

またWebデザイナーとしては、ただ依頼主の言う通りに作ることが正解ではありません。見た目をキレイにつくるのではなく、依頼主の求める効果が得られるようにこちらから提案をしたり、制作内容について根拠を持って説明できることが大事だと思っています。

実際に制作を続ける中で、そのようなデザイナーとしてのコミュニケーション能力も身についてきたと思います。

在宅Webデザイナーのメリット・デメリット

NobyNoby:Webデザイナーとして在宅で勤務されていて感じるメリットはなんですか?

橋本さん:やはり通勤時間がないことですね。私の場合、通勤に片道1時間、1日2時間かかってしまうので年間に換算すると何日を通勤に費やしているのかという話になるのです。
今ですとその分、子どもと過ごす時間が減ると思ってしまうので、やはり自宅で勤務できると大分違います。

NobyNoby:逆に在宅デザイナーだからこそ感じるデメリットなどはありますか。

橋本さん:会社にいた時は、意識しなくてもみんなの会話が耳に入ってきて何が起こっているのか、どんなものが流行っているのか、そんな情報にふれることができます。

しかし1人で在宅勤務だとそうはいきません。静かで集中できるといえばそうなのですが、自分の世界以外の情報が入ってこない事はデザイナーの仕事ではいいことではありません。

だから、週に1回は会社に行くことにしているんです。
チャットや通話では時間の掛かる確認も、実際に話せばスムーズに行くこともありますし、たまにはみんなの顔を見たいです。

あと、フリーの在宅デザイナーにありがちが悩みとしてはやはり自分で努力をしないとスキルの向上が止まってしまうということもあるようです。
私の場合は今も会社で必要なスキルについて研修を受けています。会社に所属していることで自分のスキルについて客観的に判断できるのも、今の働き方のメリットだと思います。

NobyNoby:自宅で勤務するために必要な能力やスキルはありますか?

橋本さん:やはり、私の場合は子どもの送り迎えという絶対の時間の制限があります。そこでしっかり成果を出さなければいけないので、タイムマネジメントやセルフマネジメントは出来ないと難しいですね。

物理的には、自宅勤務をするために家の回線を変えたりしたので、家でも会社と同じくらいのパフォーマンスが出せる環境づくりは大事です。

元の業界にいたらきっとこんなに成長していなかった

NobyNoby:橋本さんは5年前Web業界に転職をされましたが、元の業界で働いていた場合、どんな人生になっていたとおもいますか?

橋本さん:今よりのんびりできていたかも(笑)・・・ほとんどがルーティンワークでしたから。
でも今のように新しいことを勉強したり、成長したりは出来なかったと思います。

前の会社では、私が一番若い社員だったんです。でも今は私が一番上くらい。成長していく若い人に囲まれて、世の中の流れも読まなければいけない仕事で、大変だと思う事もありますが、やっぱりこの業界に転職してきてよかったと思っています。

NobyNoby:本日はありがとうございました!

Web業界で手に職を見つけるのは女性におすすめ

橋本さんの場合、未経験ながらWeb業界に飛び込み、その後は研修や仕事を通じてスキルを高めていらっしゃいました。そんな橋本さんだからこそ、会社もより働きやすい環境を用意し、長く一緒に働きたいと考えたのだと思います。

また、Web業界というと「仕事がハード」というイメージがありますが、必ずしもそうではなく同じ年代の人が多いからこそ、また制度が柔軟に運用できるからこそ、個々人が働きやすい環境が得られるということも新しい発見でした。

女性の場合どうしても結婚や出産によって自分自身のキャリアが中断しがちです。
調査によると、7割の女性がこれらのタイミングで従来のキャリアを諦めて退職や転職をしているそうです。

橋本さんもおっしゃっていたように「子どもがかわいいからそばにいたい」という人は多いでしょう。しかし、そのために女性が仕事を諦めるのは、社会にとっても大きな損失です。

Webデザイナーに限らずWeb業界の仕事はPCを用いて自宅で行えるものも多く、自宅勤務やリモートワークを取り入れる企業も増えています。
結婚や出産で諦めずに長いキャリアを築きたいのであれば、Web業界なら可能性が高いのではと感じたインタビューでした。