【PDF付】リスティングの成果が悪いアカウントに共通する5つのポイント

リスティング広告 改善ポイント

リスティング広告を運用する中で、なかなか成果が上がらずに弊社にご相談いただくケースは非常に多いです。

そうしたアカウントの状況を確認してみると、共通して見られるポイントが大きく5つあります。

今回は、その5つのポイントと改善方法をまとめたPDFを作成しました。

簡単にですが、PDFの内容をまとめておりますので、確認してみてください。

リスティング広告 改善ポイント1

共通する5つのポイントとは?

リスティング広告で成果が思うように出ていないアカウントに共通していることは、次の5つになります。

  • ポイント1.除外キーワードの設定が不十分
  • ポイント2.A/Bテストを行っていない
  • ポイント3.普通のリマーケティングしかしていない
  • ポイント4.プロダクトの選別がざっくり
  • ポイント5.サイト(LP)に力を入れていない

中には、リスティング広告の基本と言われるような内容も含まれていますが、意外と徹底できていないことも少なくありません

また、具体的な改善方法や弊社の事例については、PDFにまとめましたので、興味があればダウンロードしてみてください。

リスティング広告 改善ポイント1

ポイント1.除外キーワードの設定が不十分

除外キーワードの設定はリスティング広告運用の基本中の基本ですが、少し運用に慣れてくると、手を抜きがちな部分でもあります。

運用期間の長いアカウントで、登録しているキーワードを増やしていない場合は、検索クエリの確認が1週間や2週間に1回で済むという事もなくはありません。

ただ、基本的にはキーワードの追加やA/Bテストを行っており、何かしら変化のあるアカウントでは、少なくとも数日おきに検索クエリを確認し、除外キーワードの設定を行っていく事は必須項目になります。

ポイント2.A/Bテストを行っていない

これは、リスティング広告に限った話ではありませんが、運用型広告を運用する中でA/Bテストを実施することは必須です。

成果の出ていないアカウントでは、なんとなく2パターンの広告を配信し、なんとなくいろいろなパターンを試しているというケースは少なくありません。

A/Bテストを行う場合は、仮説を立てパターンを選択し、一定期間後に必ず結果を基にした検証を行いましょう。

その上で、新たなA/Bテストを繰り返していくことで、広告の成果を高めていくことが可能です。

弊社でも、A/Bテストを繰り返した結果、成果を改善した例は少なくありません。

特典のPDFでは、求人系の案件でクリック率を1.25倍、コンバージョン率は1.8倍に改善したアカウントの例を基に、弊社で行っているA/Bテストの方法をご紹介しています。

ポイント3.普通のリマーケティングしかしていない

特別な理由がない限り、リスティング広告を運用しているほぼ全てのアカウントでリマーケティングは行われていますが、普通のリマーケティングしか行っていないアカウントはとても多いです。

もちろん、普通のリマーケティングでも成果が出ることは少なくないですが、リマーケティングの手法やリストを工夫することで、より高い成果を出すことが可能です。

今回のPDFでは、さまざまなリマーケティング手法の中でも、成果の出る可能性が高いRLSAとGAリマーケティングの方法を資料請求とECショップの例でご紹介しています。

もし試した事がないのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

ポイント4.プロダクトの選別がざっくり

弊社がリスティング広告のご相談を頂く際、次のようなご相談をよくお聞きします。

「いろいろな配信手法を試しているのですが、いまいち成果がでなくて。。。」
「配信手法が多すぎて、何をしていいのかさっぱりで。」

こうした場合は、商材に対して適切なプロダクト選定ができていないというケースがほとんどになります。

プロダクトの選定に関しては、商材と広告費に応じてかなり変わってきますので、今回は新規プロダクトのテスト方法をご紹介しています。

新しいプロダクトに挑戦する場合は、期間を決めてテストを行う事が最も確実で成果のでる方法になります。

ポイント5.サイト(LP)に力を入れていない

広告費に毎月数十万円以上使っているにも関わらず、サイトやLPをありもので済ましてしまっているアカウントは意外と多いです。

確かに、サイトやLPを改善するのはお金と時間が掛かってしまいますが、ちょっと改善できるだけで、費用対効果が大幅に改善するケースも少なくありません

特典のPDF内でもご紹介しているのですが、CVRが0.5%向上するだけで、広告の成果が次のように改善します。

リスティング広告 改善ポイント2

そのため、アカウントの改善と平行してサイトやLPの改善も非常に重要です。

しかも、大幅な修正ではなく、ちょっとした修正だけで成果が出るという点も、サイトやLP改善の魅力です。

今回は、LPを大幅に修正した事例と少しだけ修正した事例を基に、修正方法やその効果をご紹介しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

リスティング広告の運用方法は日に日に進化していますが、成果を出す根本的な部分は、実はあまり変わっていません。

今回ご紹介した内容を少しでも詳しく知りたいと思った方は、下記ボタンから特典資料をダウンロードしてみてください。

リスティング広告 改善ポイント1
無料PDF
リスティング広告 改善ポイント

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。