本当は凄いのに!実はあまり活用されていないインタレストマッチとは

リスティング広告 インタレストマッチ

インタレストマッチとは、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載方式の1つです。

その他の広告掲載方式としてターゲティング、インフィード広告とさまざまありますが、今回はインタレストマッチについてご紹介します。

ユーザーのターゲティング方法としても、サーチターゲティングやプレースメントターゲティングとは一風変わった特徴があり、うまく活用が出来れば有効な配信手法になりますので、この機会に是非覚えてみて下さい。

1、インタレストマッチの仕組み

インタレストマッチの仕組みは、ユーザーの興味関心に対して関連性がある時に広告が表示される「興味関心連動型」となっています。

閲覧中のページや過去の閲覧履歴、検索キーワードを元にYDNが総合的に判断を行い、広告主が登録した広告テキストに含まれるキーワードに対して、関連性の高い広告を表示してくれます。

リスティング広告 インタレストマッチ1

サイトリターゲティングと比べ、倍の顧客獲得が出来ており、1件当たりの顧客獲得コストも2,000円程度で抑える事が出来ています。

リスティング広告 インタレストマッチ2

インフィードと比較し、顧客獲得単価を安くする事が出来ています。

リスティング広告 インタレストマッチ3

2、インタレストマッチとインタレストカテゴリーの違い

インタレストマッチとインタレストカテゴリーはどちらも興味関心という視点から、人をターゲットとしていますが、配信対象、カテゴリー数、掛け合わせ出来るターゲティングに違いがあります。

インタレストマッチとインタレストカテゴリーの比較

リスティング広告 インタレストマッチ4

*インタレストカテゴリーの広告掲載方式を選択した場合は、インタレストマッチとの掛け合わせは出来ません。

この様にターゲティングを掛け合わせる事も出来ますが、絞り込みすぎると表示できる機会が少なくなり、広告が配信されなくなる点に注意が必要です。

絞り込みを行う場合は、絞り込まないキャンペーンも同時に作成して、それぞれの効果を比較するといいでしょう。

3、効果的なインタレストマッチの設定方法

ディスプレイネットワークの設定では、基本的にキャンペーンは「パソコンとタブレット」「スマートフォン」で切り分けた方が成果を見やすいです。

リスティング広告 インタレストマッチ5

PT=パソコン、タブレット
S=スマートフォン
の略
(タブレットも分けて3つキャンペーンを作成しても良いですが、キャンペーン数が増えるというのと、タブレットの配信数の少なさを加味すれば、ここはパソコンと一緒でも良いと判断します。)

そして、広告グループ名にどのキーワードを入れているか?を見やすくする為に、「広告グループ名=広告文のキーワード」にします。

リスティング広告 インタレストマッチ6このようにすれば、

  • 「脱毛」という広告グループには「脱毛」のキーワードを含んだ広告文
  • 「脱毛サロン」という広告グループには「脱毛サロン」のキーワードを含んだ広告文
  • 「永久脱毛」という広告グループには「永久脱毛」のキーワードを含んだ広告文

というように広告グループ名で細かく分けて見る事が可能です。
(※これらの広告文を1グループにまとめてしまうと後々成果を細かく見る際に、面倒な手間を避ける為です。)

しかし、「細かく分ける」とは言いましたが、性別や年齢まで分ける事は少し考えものです。

例えば、年齢と性別までもそれぞれ分けるとなると

10代 女性   「脱毛」
10代 性別不明 「脱毛」
20代 女性   「脱毛」
20代 性別不明 「脱毛」
30代 女性   「脱毛」
30代 性別不明 「脱毛」

というように「脱毛」のひとつの広告文テーマでも組み合わせの数が非常に大きくなるため、

10代〜50代+不明、女性+不明 「脱毛」
10代〜50代+不明、女性+不明 「永久脱毛」

というような設定で、始めは良いです。

その後、広告出稿してからレポートなどを見て、あまりにも「性別不明」のユーザーが足を引っ張っていると判断したら「不明」を除外すれば良いという事になります。

細かく作る事は大事ですが、工数が掛かり過ぎて効率が悪くなる事は避けたいので、はじめはデバイスとキーワードを区別出来る程度で構成していきましょう。

4、インタレストマッチの広告文作成

広告文の作り方として、キーワードを入れなければ配信先を明確にする事ができない為、様々なキーワードを広告文ごとによって作る必要があります。

例えば、ゴルフ用品の通販サイトの場合、キーワードをゴルフ用品のみとするのではなく、ゴルフウェアと商品を明確に指定してあげる事で、効果的にユーザーに訴求出来ます。

リスティング広告 インタレストマッチ7 リスティング広告 インタレストマッチ8

この様に「ゴルフ用品」「ゴルフウェア」とキーワード毎に、広告文を作成していきます。

さらには、インタレストカテゴリーには無いようなカテゴリーにアプローチしたい時に、

リスティング広告 インタレストマッチ9

という具合に「石川遼選手」をキーワードとして、ユーザーへアプローチする事も可能です。
(※あまり遠すぎると審査で落とされる事もあります。)

ちなみに「キーワードはどこのモノを読み取っているのか?」という部分ですが、ここは正直弊社でも明確にはわかりません。

弊社も正規代理店の為、Yahoo!の担当者が付いていますが、配信ロジックが公表される事はありません。

現時点ではYahooの回答である
「タイトルと説明文どちらのキーワードも見ている」
「広告のクリック率も関連している」
に沿って、可能であれば「タイトルと説明行に同じキーワードを含める」という事を推奨しております。

どちらにもキーワードを入れる事が難しい場合や、表示回数が伸び悩んだら、説明行のみにキーワードを設置し、タイトルはクリック率を重視した表現に変える、などいくつかのパターンでテストを行い、PDCAサイクルを回しつつ、トライ&エラーで改善していく事が重要です。

5、まとめ

インタレストマッチは配信の仕組みから、なかなか実用されている方は少ないですが、インタレストマッチを活用する事で、今までリーチできなかった新規ユーザーに接触できる可能性は非常に高いです。

是非実践してみて下さいね。

リスティング広告 インタレストマッチ

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。