キーワードのマッチタイプでリスティング広告の成果は大きく変わる

みなさんがgoogleやyahoo!で検索するときに入力した単語(検索クエリ)とリスティング広告の運用者が設定する単語(キーワード)がどのくらい一致しているかで、表示される広告が変わってきます。
リスティング広告を運用するにあたって、マッチタイプを理解しうまく活用できると広告配信の効果に繋がることでしょう。
今回はそのマッチタイプの種類について解説していきます。

1.マッチタイプとは?

マッチタイプとは、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」「絞り込み部分一致」の4種類があります。
この設定をすることで、検索キーワードと登録キーワードがマッチした広告を配信することができ、無駄なコストをかけずに効果に繋げてくれます。
今回は「プレゼント 財布」をキーに説明していきます。

1.完全一致とは

例えば、運用者が設定したキーワードが「プレゼント 財布」とします。同じようにユーザーも「プレゼント 財布」と検索した場合のみ広告が表示されます。
「財布 プレゼント」で検索した場合は同じ単語でも順番が変わると表示されません。
また「ランキング プレゼント 財布」や「プレゼント 財布 オススメ」など前後に他の語句が入力されてる場合も表示はされません。
※変換ミスや表記ゆれの場合は、広告が表示されます。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%971

2.フレーズ一致とは?

ユーザーが検索した単語(検索クエリ)と運用者が登録したキーワードが順番通りに一致された場合のみ広告が表示される設定が「フレーズ一致」といいます。
※フレーズ一致では完全一致でマッチする場合もあります。
「プレゼント 財布」を設定したキーワードとします。
例えば「女性 プレゼント 財布」や「プレゼント 財布 誕生日」というようにフレーズが一致していれば広告が表示されますが「プレゼント 女性 財布」や「財布 誕生日」ではフレーズが一致しておりませんし、キーワードが順番通りになっていないので広告は表示されません。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%972

3.部分一致とは

上記で説明した完全一致やフレーズ一致でマッチする場合と入札キーワードの類義語やキーワードに関する単語が検索された場合に広告が表示されます。
部分一致の場合は上記の説明で用いたキーワード全てが該当するということになります。
多くの顧客に対して広告を配信することができ、同時に広告の表示回数を増やす事ができます。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%973

4.絞り込み部分一致

この絞り込み部分一致は、「部分一致」よりも絞り込みつつ、「フレーズ一致」よりは幅広い顧客をターゲットとした場合に活用できます。
部分一致キーワードの語句にプラス記号(+)を加えると、そのキーワードで検索された場合のみ広告が配信されるようになります。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%974

2.除外キーワードの設定には注意が必要

除外キーワード設定では、設定したキーワードを広告で表示させない事ができますが、「部分一致」で設定してしまうと、関連する語句まで幅広いキーワードで広告が非表示になってしまいます。
そのため、通常の広告とは違い、除外キーワードにおける部分一致は、絞り込み部分一致として、設定されます。
また、除外キーワードは定期的に変更や追加をすることで、無駄なコストを抑え獲得率の良いキーワードで配信を増やすことができるので、成果を高める事ができます。

3.まとめ

マッチタイプを設定することによって広告の表示をコントロールすることができ無駄なコストを抑えることができます。
このマッチタイプがいい!ということは一概には言えませんので、それぞれの特徴をわかったうえで使い分けることをおすすめします。

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランfディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。