品質スコアを改善してリスティング広告の成果を高めよう♪

第0章 品質スコアと広告ランクの違い

広告ランクとは、広告の掲載順位を決める指標のことです。

この広告ランクは「品質スコア」「入札単価」で決まります。

今回の記事では、広告ランクを決める要素の1つである「品質スコア」について説明していきたいと思います。

第1章 品質スコアとは?

品質スコアとは、簡単にいうと広告の評価であり、各キーワードごとに1~10の10段階で評価されます

品質スコアが高くなればなるほど、安い単価で広告の配信が行え、掲載順位も上がります。

第2章 品質スコアを決める4つの要因と4つの改善方法

90

■品質スコアを決める4つの要因

➀広告の推定クリック率
推定クリック率とは、キーワードごとに決まっており、そのキーワードに設定行った広告がどの程度クリックされる可能性があるか示したものです。

➁表示URLの過去のクリック率
表示URLが獲得した過去のクリック数とインプレッション数(広告の表示回数)のことです。

③広告内容と検索語句の関連性
広告のタイトルと説明文がユーザーが検索したキーワード(検索語句)と関連性があるか。

④ランディングページの利便性
下記の3つの要素から決まります。

ページの関連性→広告の内容とユーザーが検索したキーワード(検索語句)に関連性があるか
情報の透明性→製品やサービス、会社の情報などを明確に説明する
操作性→必要な情報が見つけやすいか

■品質スコアを改善する4つの方法

➀検索語句と関連のある広告文を設定する
ユーザーの検索した語句と広告文の関連性を上げることで品質スコアが改善されます。

検索語句:「結婚式 引き出物
広告文結婚式引き出物と言えば「ABC店」!。結婚式引き出物は「ABC店」で決まり!

578

➁キーワードをタイトルに入れた(タイトルインをした)広告を使用する
設定したキーワードをタイトルに入れた(タイトルインをした)広告を使用することで、キーワードと広告文の関連性が上がり、品質スコアが改善されます。

設定キーワード:「結婚式 引き出物
タイトル結婚式引き出物ならお任せ

6738

③広告文とランディングページの関連性を上げる
広告文の内容とランディングページの商品(サービス)の関連性を高めることで、品質スコアが高くなります。

④ランディングページの利便性
ユーザーにとって、商品購入まで行きやすいか、また、カートなどの項目が見つけやすい場所にあるかなど、ランディングページの利便性も品質スコアに影響します。

要するに「キーワード」、「広告文」、「ランディングページ」の関連性を上げることで品質スコアが上がります!!

第3章 品質スコアの確認方法

【Googleの場合】

➀アカウントに入りましたら、「キーワードタブ」に移行します。

45

➁ステータスの部分の「有効」の左側の吹き出し部分にカーソルを合わせます。

38

吹き出し部分にカーソルを合わせると下記の画面となり、品質スコアの確認できます。

456

【Yahooの場合】

➀アカウントに入りましたら、Googleと同じく「キーワードタブ」に移行します。

725

➁Yahooの場合は、「品質スコア」ではなく、「品質インデックス」となります。

543

第4章 品質スコアは考え過ぎる必要はない

これまで品質スコアについて説明してきましたが、あまり考え過ぎる必要はありません。

大切なのは成果の最適化です。

「品質スコアの改善」はその一つの手段として考えてもらえればと思います。

第5章 まとめ

おさらいしますと、品質スコアとは広告の評価のことです。

その品質スコアを改善方法としては、「クリック率を上げる」などがあります。

品質スコアを改善して、成果の最適化を図りましょう!

まずは、WEB集客のプロにご相談ください

リスティング広告はもちろん、Facebookやインスタグラムを使ったSNS広告、SEO、ランディングページ制作、コンテンツマーケティング等、様々なWEB戦略を各分野のプロフェッショナルがあなたのためにご提案致します。 まずはお気軽にご相談ください。