初心者でもすぐに獲得単価を安くできる見落としがちな3つの設定方法

あなたはリスティング広告で顧客単価を安く獲得することができていませんよね。おそらく、クリック単価や広告文の変更ばかりを行っていて見落としている設定方法があることでしょう。

もし、そうだとしたら、その見落としていることを改善すれば獲得単価を安くすることができます。なぜなら、本日説明する内容はアカウントを良く見ていないと気づかないことであり、いつの間にか獲得単価が高騰していたということ状況になってしまうからです。

そこで、今すぐにアカウントを改善できる方法をお伝えします。

ぜひ、アカウント改善にお役立てください。

1.リマーケティングでコンバージョンしていないサイトを除外する

リマーケティングは一度アクセスした人を追跡する広告なので効果が良いです。効果が良いのでリマーケティングの配信内容を見落としがちなことがあります。

じっくりとアカウントを確認すると一度アクセスしているのにも関わらずコンバージョンされにくいサイトが存在します。そのような配信先があるのであればリマーケティングで除外してしまうことも1つの方法です。

この結果を判断するには、ある程度の期間が必要となります。
あまりにも悪い場合に除外をして、獲得できるサイトへ配信することがおすすめです。

ここでは、弊社で設定内容を変更していないのに悪化してしまった事例をお伝えします。

【事例】
1件の売上が数十万するサービスでアカウント構築、広告文などに縛りがあるアカウント

リマーケティングの配信を行っておりましたが、リマーケティングは効果が良いと思っていたために判断が遅くなってしまったのです。

あるドメインに対して配信ボリュームが増え、コンバージョンされずに悪化してしまいました。

下記があるドメインの結果です。
左側からクリック数、表示回数、クリック率、平均クリック単価、平均CPM、利用料金、クリックスルーコンバージョンの順番になります。

8月
 20140110_8

9月
 20140110_9

10月
 20140110_10

11月
 20140110_11

12月
 20140110_12

ご覧頂いたとおり、コンバージョンは1件ですので獲得単価は389,406円となります。これであれば獲得できるサイトに配信したほうが広告費の無駄になりません。同じようなことが起こる前にチェックしてください。

 

 

2.ディスプレイネットワークでコンバージョンしたユーザーを除外する

リマーケティングでコンバージョンしたユーザーを除外して配信することはもちろん行っていると思いますが、通常のディスプレイネットワークの配信でもコンバージョンしたユーザーを除外して配信することができます。

この設定をすればディスプレイネットワークでコンバージョンしたユーザーには、今後ブログなどを見ていても広告が表示されないようにすることができます。

①ディスプレイネットワークを配信しているキャンペーンを選択します。

②「ディスプレイネットワーク」→下部にある「キャンペーンの除外設定」の「+除外設定」をクリックします。
 20140110_2
③「キャンペーンの除外設定を追加」→「インタレストとリマーケティング」をクリックします。
 20140110_4

④リマーケティングリストで作成した「コンバージョン」リストを登録します。
 20140110_5

これでディスプレイネットワークでもコンバージョンした人に広告を配信しないように設定することができます。

 

3.スマートフォンでGDN配信したときにアプリ内で広告を表示させない

Google AdWordsでディスプレイネットワーク配信後に関連のないサイトからコンバージョンされないのであれば、URLを指定して除外設定をしなければなりません。検索広告と比べるとコンバージョン率が低くなるので、できるだけ関連したサイトに表示させたほうが良いです。

つまり、無駄なクリックを少なくしなければ獲得単価を下げることができないわけですが、ディスプレイネットワークでスマートフォン向けに配信された場合はアプリに広告が表示されることが多くなります。

表示先を確認すると「Mobile App: ●●●●●●●●●●」というURLを確認することができます。これがスマートフォンのiPhoneやAndroidアプリ内に表示されているということです。
 20140110_1

アプリを利用しているユーザーに広告を表示しているわけですが、この広告が誤ってクリックされてしまう可能性があります。実際に関連しているサイトでコンバージョンがあれば良いですが、意外とコンバージョンしていないものが多いです。

「Mobile App: ●●●●●●●●●●」と表示されているサイトを1件ずつ除外することも良いですが、それでは時間がかかるために一度の設定でアプリに広告を表示させない方法をご紹介します。

①    adsenseformobileapps.com をコピーします。

②    スマートフォンのディスプレイネットワークを配信しているキャンペーンで「ディスプレイネットワーク」→下部にある「キャンペーンの除外設定」の「+除外設定」をクリックします。
 20140110_2

③    プレースメントが表示されますので、ここでadsenseformobileapps.com を登録します。
 20140110_3

これで完了です。

一度の設定だけでアプリに広告を表示されなくなります。もし、アプリ内の広告で獲得できていないのであれば配信停止をするようにしましょう。

 

まとめ

見落としていたり、設定していなかったということがあったのではないでしょうか。判断が遅くなったりするだけで獲得単価はあっという間に悪化してしまいます。全体として良くても細かい部分を見ると悪かったということは多々あります。できるだけ細かい部分も見るようにしてチューニングをしていきましょう。

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。