YDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)で効果倍増?コスト削減する方法

Yahoo!ディスプレイアドネットワークは売上が上がりにくいなんて勘違いをしていませんか?全てのリスティング広告でもそうなのですが、適切に配信したら、どんなものでも一定以上の数字は必ず出ます。

少し、厳しい言い方になってしまいますが、もし、何をやっても数字が出ないというのであれば、効果的な広告配信の方法やノウハウを理解していないということです。

ランディングページに原因があることも多々あるので、その辺も並行して見直しましょう。

もちろん、日々のチューニングはとても大切であり、それを行わなければ効果がよくなることはありません。

しかし、正しいノウハウを理解しておけば、素早くコンバージョンを増やすことが可能です。

その中でも、今回は特にYahoo!ディスプレイアドネットワークで獲得コストを下げる方法をお伝えします。

注:Yahoo!ディスプレイアドネットワークとは?
Yahooの広告掲載枠やエキサイト、msn、So-netなどYahoo! JAPANが提携しているサイトに広告を表示させることができる機能です。

1-1

1.YDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)の掲載・配信先

YDNとはYahoo!ディスプレイネットワークの略式名称でYahoo!が抱えている、提携している広告枠に掲載される広告のことです。

テキスト形式とディスプレイ形式の2種類があり、掲載するサイトや広告枠サイズなどによっても掲載ができたり、できなかったりします。

YDNの中で最も配信が多い、または有名なものはYahoo!ニュースではないでしょうか。

※Yahoo!JAPANそのものがビッグサイトのため、そこだけでも配信数は担保できる。

具体的にどのように掲載されるのかは下記をご参照下さい!

※同様にスマートフォンでも掲載枠が設けられております。

もちろん、掲載先によって指定されるサイズが異なるため、できるだけ多めにバナーサイズをご用意頂くことをおすすめします。

では、実際にYahoo!が提携しているサイトを見てみましょう!

実はこれだけ多くのサイトと提携しており、NAVERなどのマンモスサイトにも掲載が可能となるため、ディスプレイネットワークを導入することでユーザーとの接点を色々なところで設けることが可能となります。

2.余分な配信先を徹底的に除外する

では、とにかく配信をすればいいのか、というと決してそういう訳ではありません。

やはりできるだけ商品やサービスに興味があるユーザーが見そうなサイトに配信をしてあげることが重要で、無駄な予算消化を防ぐには配信先をある程度精査する必要があります。

リスティング広告の鉄則は、適切なターゲットに広告を配信することです。

もし、ターゲットを絞らず、誰にでも手当たり次第に配信していると、コンバージョン率はどんどん低くなってしまいますし広告費もあっという間になくなってしまいます。

特に、Yahoo!ディスプレイアドネットワークは検索広告とは違い、ニュースやブログに広告が表されます。

そのため、検索広告のユーザーよりもコンバージョン率は出にくい傾向にあります。

だからこそ、配信先を厳選して決め打ちをすることが必要です。

そのための機能が「除外設定」です。「除外設定」を行うことにより、反応率が出るサイトだけに広告を表示させることができるので、無駄なお金をかけずに売上を上げることができます。

それでは、早速「除外設定」をしましょう。

 

1.Yahoo!プロモーション広告にログインして、「YDN」をクリック後、除外設定を行うアカウントを選びます。

1-2

 

2.レポートをクリック後、新規レポート作成をクリック。

1-3

 

3.広告は配信先レポートをクリックして作成。

1-4

4.ダウンロードして除外サイトを選択する

1-5

5.ツール、配信対象外サイトをクリック

1-6

6.配信対象外サイトの追加をクリックしてチェックをいれます。そして空欄部分に入力して追加をクリック。

1-7

これで除外設定は完了です。

ドメイン、ディレクトリともに2階層目まで設定できますので、あなた商品と適切ではないサイトは除外していきましょう。

3.キーワードが入っており、かつ反応が良い広告文を見つける

Yahoo!ディスプレイアドネットワークには複数の広告掲載方式があります。例えば、「インタレストマッチ」は、あるユーザーの閲覧履歴や検索履歴と照らし合わせて、特に興味関心が高そうなユーザーだけに広告を配信するものです。

ここでは、インタレストマッチを例にお伝えします。

たとえば、このような広告文があるとします。

2-1

 インタレストマッチの場合、上記の広告文で配信すると、「メンズ、Tシャツ、モテたい人、かっこ良くなりたい人」に広告が配信される可能性があります。つまり、広告文に入っているキーワード次第で配信先が決まるのです。

この点に関して、Yahooにも確認したのですが、「広告文のタイトル、説明文に入っているキーワードから判断して配信している」ということでしたので間違いはありません。

そのため、広告文には、コンバージョンが上がりそうな具体的なキーワードを含んで広告文を作成してください。もちろん、「その商品を求めていそうな人が好みそうなキーワード(=属性を絞り込んだターゲット)」にどんぴしゃりの広告文を作成することが大切です。

最初は、複数の広告文を作成して反応を見ながらブラッシュアップさせていきましょう。

地道ではありますが、上記のようなサイト精査や広告文の適宜修正を行うことで無駄なコストを削減したり費用対効果を上げることに繋がるので是非トライしてみてください!

4.広告グループ一つに対して広告文は一つ

売上を上げていくためにはアカウント構築が大切です。

例えば、先ほどご説明したように、インタレストマッチは広告文によってユーザーの属性を絞り込んで行う広告配信です。そして、どのような広告文にするかによって、広告が表示されるユーザーに違いが出ます。

つまり、広告文によって広告グループを細かく分ける必要があるのです。それでは具体的な手順をご説明します。

1.Yahoo!ディスプレイアドネットワークにログインして、アカウントを選択します。
3-1

 

2.キャンペーン作成をクリックしてキャンペーンを作成します。

3-2

 

3.インタレストマッチを選択して保存します。

3-3

 

4.キャンペーンが作成されているので、クリックしてキャンペーンを開きます。

3-4

 

5.広告グループ作成をクリックします。そして広告文も登録していきます。

3-5

これで広告文までの登録が完了です。忘れてはならないのが最初にお伝えさせていただいた広告文を分けるということです。広告グループには複数の広告を作成することができますが、広告文によって広告表示されるユーザーが変化するために広告グループを下記のように設定します。

3-6

この設定にすれば、広告文によっての配信ボリュームや効果を簡単に確認することができます。広告文を複数登録して売上があがる広告文を見つけてださい。

5.向いている商材

まず、検索広告では入札単価の高い商品やサービスなどが多数存在します。

向いている商材とは少し違うかもしれませんが、検索広告でクリック単価の高い場合、検索広告のみで配信を続けるよりも、YDNを織り交ぜて配信をすることで平均クリック単価を下げることができ通常の検索広告のみで配信するよりも多くのクリックを集めることができます。

クリック数が多いという事は検討機会を多くのユーザーに与えることができるため、自社商品の主軸となるキーワードのクリック単価が高い場合はYDNが有効的に機能することが多いです。

商品としてはECなどのように検討後に購入・問い合わせに繋がるものが良いでしょう。

あまりにも高い単価のものは購入までの検討期間が長いため、ライト商品や無料体験などのものが謳える商品の方が良いでしょう。

逆にYDNが向かない商品としては緊急を要するサービスなどは中々獲得に繋げることができません。

緊急時は「検索」して出てきた広告やサイトを見て問い合わせをすることが多いためYDNは補足程度の役割しか果たさないことが多く、YDNには向かない商材となります。

例えば鍵交換や給湯器交換、水漏れ、トイレ修理などが挙げられます。

6.成功事例

これまで当社では300社を超えるYDN運用の代行を行ってきて実際に獲得に繋がっているケースも多くありますので、どれくらいのクリック単価で、またどの程度のCPAで獲得ができているのかをご参考にして頂ければと思います!

【商材:教育商材通販】
クリック単価:31円
平均獲得単価:4,839円(検索では3,000円程度での獲得)

【商材:振袖/きもの】
クリック単価:61円
平均獲得単価:19,422円(検索では15,000円程度での獲得)

上記のように安い単価でアクセスを集めることができております。

また、検索と比べ若干高いですが検索で取り溢しているユーザーの獲得もできています。

あくまで事例なので必ず獲得ができるわけではないのですが、低い予算で試すことができるため検索広告を導入されている企業様は是非試して頂いた方が良いと思います。

7.まとめ

Yahoo!ディスプレイアドネットワークはGoogleのディスプレイネットワークのようにニュースサイトやブログに表示される広告です。売上を大きく上げるには商品と関係の無いサイトを除外したり、売上が上がる広告文を複数作成する必要になります。

YDNの中にも様々な設定や配信方法があるのですべてを導入する必要はないのですが、サービスに合いそうなものを探して順次導入ができればいいのではないかと思います。

細かい作業ですが、検証を行い実践することが大切です。

実践すれば効果が出るので、ぜひ試してください。

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランfディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。