Google AdWordsの予算ってどう決める?予算を決める2つの方法

これからGoogle AdWordsを始めようという人にとって、「1ヶ月にどれくらいの費用が掛かるのか?」「1ヶ月の広告予算をどの様に考えたら良いのか?」というのも気になるところですよね。

もちろん適当ではダメですし、いろんなことをきちんと考えた上で予算を設定しなければなりません。

そこで今回は、Google AdWordsを開始するまでに掛かる費用と、実際に配信を開始した後に掛かる費用についてご説明し、実際に1ヶ月広告の配信を行うために、どれくらいの広告予算を設定すれば良いかをご紹介していきます。

1.Google AdWordsを始めるまでに掛かる費用と料金の仕組み

Google AdWordsの導入、アカウントを開設する時に費用は一切掛かりません。

アカウントを開設する為に、下記の表に記載があるものを準備しておけば、10分~20分程度でアカウントを作成する事が出来ます

Google AdWordsアカウント開設に必要なもの

詳しいアカウントの開設方法については、下記記事を参考にしてみてください。
15分でGoogle AdWordsの広告アカウントを取得する方法

費用は掛かってくるタイミングとしては、アカウントを開設し実際に広告を出稿した後になります。

Google AdWordsでは、1クリックされる毎に課金される料金体系となっており(クリック課金制)、実際に費用が発生するタイミングというのは、広告が配信された時点ではなく、ユーザーが広告をクリックした時になります。

また、1クリックあたり最大○○円と「上限クリック単価」を設定する事が出来、例えば上限クリック単価を100円に設定した場合、1クリックあたりの最大の費用が100円までとなります。

2.Google AdWordsの1日の予算

Google AdWordsでは1日の予算を設定する事で毎月の予算を調整する事が可能です。

注意点としては、最大で1日の予算の200%まで超過する可能性があります。

しかし1ヶ月の予算として、1ヶ月の平均日数(30.4日)を掛けた金額を上回って請求される事はありません

Google AdWordsの1日の予算

Googleヘルプページ引用
https://support.google.com/adwords/answer/6385083?hl=ja&ref_topic=3123046

この様に1ヶ月に使用する予算を自分で設定が出来る為、当初に計画していた予算をオーバーして使ってしまう心配がありません

また、広告を配信している途中で予算の増額や減額も簡単に出来ますので、残り日数を計算し調整を行う事も可能です。

3.1ヶ月の広告予算の考え方1

まずは3つの目的に応じた予算の考え方をご紹介していきます。

3つの目的とは下記のようになります。

  • 問い合わせ件数を目的にする場合
  • 売上額を目的にする場合
  • 最低限の予算でテストをしたい場合

予算を算出する時にクリック単価と成約率を仮定する必要があります。

クリック単価は、Googleのキーワードプランナーを使用すれば、おおよそのクリック単価を調べる事が出来ます。

成約率の相場が分からない場合は、ひとまず成約率を1%と仮定しておきます。

理由としては、商品やホームページのクオリティが一定の基準を満たしている場合の成約率の相場がおよそ1%だからです。

問い合わせ件数を目的にする場合

月間の問い合わせ目標件数10件、クリック単価100円、成約率1%の場合
以下の計算で求める事が出来ます。

問い合わせ件数を目的にする場合

売上額を目的にする場合

月間の売上目標100万円、クリック単価200円、成約率1%、客単価50,000円の場合
以下の計算で求める事が出来ます。

売上額を目的にする場合

最低限の予算でテストをしたい場合

最低限の予算とは、「1件の問い合わせを得る為に必要な予算」と置き換える事が出来ます。

こちらもクリック単価100円、成約率1%と仮定して算出しますが、1件で算出した場合は多少のずれで獲得出来ずに終了してしまう、という事も考えられますので、5件程の問い合わせが獲得出来る予算を確保する事をおすすめします。

最低限の予算でテストをしたい場合

4.1ヶ月の広告予算の考え方2

次に、売上の総利益から1ヶ月の広告予算を考える方法をご紹介します。

  1. 売上の総利益から広告費に充てる割合を考えます
  2. 例えば、販売価格が10,000円、原価が5,000円の場合は、1件の販売利益は5,000円となります。1ヶ月の販売件数が100件であった場合、100×5,000円=500,000円が売上総利益になります
  3. 売上総利益の中から20%を広告費とした場合、500,000円×20%=100,000円を1ヶ月の広告予算として設定します
  4. 1日単位で予算を設定する場合、100,000÷30.4日(1ヶ月の平均日数)≒3,300円となります
売上の総利益から1ヶ月の広告予算を考える方法

上記の場合は、配信の結果を見て、広告による投資収益率を計算していきます。

例えば、100,000円を広告費として使い、40件の販売をする事が出来た場合、広告からの総利益は、40件×5,000円=200,000円となります。

投資収益率は、(200,000円-100,000円)÷100,000円×100=100%となります。
※投資収益率=(総利益-広告費)÷広告費×100

投資収益率が高いと判断出来た場合、次の目標販売件数を増やしていきます。

次月は50件を目標販売件数とした場合、50件×5,000円=250,000円が新しい広告予算となります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

Google AdWordsで広告を配信する場合、Google AdWordsの導入、アカウント開設には一切費用は掛かりません。

1日の予算を設定する事で1ヶ月の予算を調整する事が可能です。

1ヶ月の広告予算の考え方は、売上利益を中心に考える方法と、売上の総利益から投資収益率を計算する方法があります。

是非、自社のビジネスモデルや商材、広告の目的に合わせて1ヶ月の広告予算を立ててみて下さい。

リスティング バナー


PC用電話

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。