Twitter広告でかかる料金をキャンペーンごとにご紹介!

Twitter広告 料金

Twitterは現在、国内の月間アクティブユーザーが4,500万人とかなり大きな広告プラットフォームになっており、アプローチ出来るユーザーも多く存在し、Twitter広告の導入検討をしている企業もいらっしゃると思います。

しかし、「Twitter広告はどれくらいの料金がかかるのだろう」という人や、「リスティング広告などの料金体系は分かるが、Twitter広告は全然分からない!」という方も実は少なくありません。

そこで今回は、実際にTwitter広告の軽い概要や料金体系を見ていきたいと思います。

0.Twitter広告とは

Twitter広告とは、タイムライン、おすすめユーザーやトレンド欄に掲載することの出来る広告の事になります。

Twitter広告は「フォロワー数の増加」「ブランド認知の向上」「ウェブサイト訪問数の増加」など企業目的に合わせた様々なビジネス目標を設定し配信することが出来ます。

またTwitter広告には下記の3つの種類があります。

  • プロモアカウント
  • プロモトレンド
  • プロモツイート

プロモアカウント

プロモアカウントは、広告主のフォロワー数の獲得を目的とした広告で、タイムライン右上のおすすめのユーザー欄に表示される仕組みになっています。

プロモアカウントの目的は、広告主のアカウントの認知とフォロワー数の増加です。

プロモアカウントに関しては下記記事にてご紹介していますので参考にしてみてください。
Twitter広告プロモアカウントの概要と配信までの手順

プロモトレンド

プロモトレンドは、トレンドの最上部に任意のキーワードやハッシュタグを掲載出来る広告です。

ユーザーがトレンド欄のプロモトレンドをクリックすると、その話題に関するTwitterの検索結果が表示され、その一番上に広告主からの関連するプロモツイートが表示されます。

プロモトレンドの目的は、キャンペーンの告知、幅広いユーザーへの認知の拡大などがあります。

注意点として、プロモトレンドは1日に1広告主限定の広告となっています。

プロモトレンドに関してはこちらの記事を参考にしてみてください。
Twitter広告「プロモトレンド」の特徴と活用方法

プロモツイート

幅広いユーザー層にメッセージを届けたり、既存のフォロワーからのエンゲージメントを刺激したり出来るツイートのことです。

プロモツイートは、検索結果ページの上部などに表示される仕組みになっています。

下記画像は、実際にご紹介した3種類がどこに表示されるかを表した図となっています。

プロモトレンド プロモツイート プロモアカウント

プロモツイートに関しては下記を参考にしてみてください。
プロモツイートの概要と使い方

また、Twitter広告の3つの種類やその特徴をパッと見られる記事もありますので、参考にしてみてください。
Twitter広告の3つの種類と特徴を徹底解説

1.Twitter広告の料金体系

Twitter広告の料金は、広告のクリックやリンク先への遷移、フォロワーの獲得など、事前に指定した目的に応じたアクションが発生した時にのみ課金されます。

ただ、Twitter広告の料金体系はオークション形式のシステムに基づいて決められる為、競合他社の入札額や予算、その他広告の品質等によってTwitter広告にかかる料金は変動します。

この際、リツイートされた先で発生するアクションに対しては課金はされません。

Twitter広告は入札方法には下記の3種類があります。

  • 自動入札
  • 上限入札単価
  • 目標入札単価

自動入札

自動入札に設定すると、キャンペーンの目的と予算に応じた最適な入札額が自動的に設定されます。

ただ、自動で行われる為、クリック単価が自分の思っていたより高くなってしまう可能性があります。

上限入札単価

上限入札単価は、手動でクリック、もしくはエンゲージメントの入札額を設定していく方法です。

最初の内は、この上限入札単価に切り替え80~100円程度の入札に設定することを、Twitterの公式から推奨されております。

目標入札単価

目標入札単価は、エンゲージメントあたりの具体的な価格を平均化出来ます。

また、目標入札単価の価格オプションでは、平均目標額が達成されるように入札額が最適化されるので、競争率の高いオークションを落札しやすいという特徴があります。

実際にかかる料金としては、Twitter広告のキャンペーンによって、入札の対象となるユーザーアクションが異なります。

2.Twitter広告のキャンペーンごとにかかる料金

Twitter広告のキャンペーンには下記のようなものがあります。

Twitter広告のキャンペーン

キャンペーンごとに料金が発生するタイミングが違うので注意してください。

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーン

サイト訪問につながったクリック数に対してのみ課金されます。

それ以外のアクション(広告の表示、返信、リツイートなどの操作)がされても、課金はされない仕組みとなっております。

フォロワーキャンペーン

フォロワーを増やすことに特化したキャンペーンで、フォロワーが1件獲得された毎に課金されます。

それ以外のアクション(広告の表示、返信、リツイートなどの操作)がされても、コンバージョンキャンペーン同様課金されません。

ツイートのエンゲージメントキャンペーン

プロモツイートで獲得したエンゲージメント数(ユーザーの反応)に対してのみ課金されます。

こちらはインプレッション(広告表示)に関しては、課金はされません。

アプリのインストール数または起動回数キャンペーン

アプリのインストールや起動に繋がったクリック数に対してのみ課金されます。

それ以外のアクションとエンゲージメント(広告の表示、返信、リツイートなどの操作)については、課金はされません。

見込み顧客キャンペーン

獲得したリード数に対してのみ課金されます。

それ以外のアクションとエンゲージメント(広告の表示、返信、リツイートなどの操作)については、課金はされません。

動画の再生数キャンペーン

キャンペーンで得られた動画の再生数に対してのみ課金されます。

端末の画面内に動画が完全に表示され、かつ3秒以上再生された場合、またはユーザーがフルスクリーン表示で動画を視聴した場合に、動画が再生されたと見なされます。

3.まとめ

今回はTwitter広告の概要や料金体系を説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

Twitter広告もプロモーション方法や目的に応じて、かかってくる料金が変わっていくことが分かったと思います。

また、目的に合わせた広告配信をすることによってコストを抑えつつ、費用対効果も高く出来ると思いますので、是非活用してみてください。


PC用電話

Twitter広告 料金

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。