ムダコストを3割ダウンさせる!GDN、YDNの配信デバイス指定方法

リスティング広告運用にて、GoogleAdWordsディスプレイネットワーク(GDN)、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の2つの媒体を使う場合、「全てのデバイス配信」のまま運用していませんか?

その設定で成果が出ているなら問題ありませんが、「なんかGDN、YDN効果薄いな。。」と思っている方はデバイスを分けてムダに足を引っ張っているデバイスを一旦停止する事でムダなコストを大幅に削減できます!

一例として、弊社に相談してきたアカウントで「GDNが成果が良くない」というアカウントをよくよく見てみるとGDN全体ではなく、スマートフォンが99%以上足を引っ張っていた、という事例もありました。

20150401_1

この場合、スマートフォンへの配信を一旦停止して、
・サイトをスマホ対応のサイトにしてから再出稿
・もしくはPCとタブレット配信だけに絞る
など対策していれば、CPAが47万円などと大赤字を出さずに済んだかもしれません。

このように、「GDN、YDN全体が悪いのか?」「それともデバイスのひとつの部分だけが悪いのか?」を見極めやすくする為にも、キャンペーン単位でのデバイス分けはオススメです。

そこで今回はそのデバイスを分ける設定方法をご紹介します。

GDNで細分化できるのは
・「パソコン&タブレット配信」
・「スマートフォン配信」
あとは
・「アプリ除外」
でスマートフォンのアプリ以外の面に配信できます。

YDNであれば
・「パソコン配信」
・「タブレット配信」
・「スマートフォン配信」
・「ウェブサイトのみ配信」

というように細分化できます。

ではまずはGoogleAdWordsの設定です。

 

1.パソコン&タブレットへの配信

キャンペーン設定時に
「設定」▶「デバイス」▶「フル インターネット ブラウザ搭載の携帯端末」▶「入札単価調整比」を-100%にすればスマートフォンには出なくなります。
20150401_2

これで必然と「パソコン&タブレット配信」のキャンペーンの完成です。
(パソコンとタブレットは切り分けられません。)

 

2.スマートフォン配信への配信

これはキャンペーン設定時に
①「設定」▶「すべての設定」▶「デバイス: 指定した携帯端末とタブレットをターゲットに設定」

②「自分で選択」を選び、あとは「オペレーティング システム」を全て追加して右枠に入れて「保存」します。

こうすると、指定したオペレーティング システムを使用している携帯電話のみに広告を掲載可能=スマートフォンにしか出ない。という設定になり、必然と「スマートフォン専用キャンペーン」の完成です。


20150401_3


20150401_4

 

3.アプリ除外

特にスマートフォンキャンペーンでは配信先がアプリの場合、大きく悪化するケースがあります。

扱う商材がアプリダウンロードなどであれば相性は良いかと思いますが、
弊社が運用した多くのアカウントではCPAが軒並み悪かったので、
多くの商材ではアプリに出ないようにする設定も考慮していきます。

手順は
①「ディスプレイネットワーク」▶「+ターゲティング方法」

20150401_5

②「キャンペーンの除外設定を追加」▶「プレースメント」▶「adsenseformobileapps.com」のプレースメントを追加で保存すればOKです。

20150401_6

 

これでGoogleAdWordsでは各デバイスの細分化配信が可能になります。

YDNは非常に簡単で、キャンペーン単位ではなく広告グループ単位で行います。

広告グループ設定の際に「デバイス」▶「PC、スマートフォン、タブレット」を各自選択します。

さらに「ウェブページ」を選択すればアプリには出稿されません。

20150401_7

そしてGDNもYDNもキャンペーン名などで
「リターゲティング・PC」
「リターゲティング・タブレット」
「リターゲティング・スマホ」

などと分けておけば成果が一目瞭然です。

 

まとめ

このようにしてキャンペーン名で配信先を分けて設定する事により
各デバイスごとで成果の良し悪しが一目で把握できます。

そこで各デバイスごとに対策を打っていき、
それでも効果が出ないのであれば、初めて「GDN、YDNは一旦撤退する」という事を考えていきます。

間違っても本記事の冒頭で紹介したように
「GDN全体がダメだと思っていたら、実はスマートフォン配信だけがダメだった」
というように見落として判断を誤ってしまう事だけは避けたいものです。

人の体で例えるなら
「胃全体が悪いので全摘出しましょう」
というのではなく
「胃のこの部分だけが悪いので一部摘出して、もう少し様子を見てみましょう」
というように正しい処置の方法を知る必要があります。

本記事を参考にしてアカウントの悪い部分、良い部分をしっかりと細分化して把握して行って下さい。

 

 

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。