Faceboook広告のアカウント共有方法とは?

Facebook広告のアカウントを予め共有しておけば、担当者が複数いる場合の社内チェックが楽になったり、代理店に広告を依頼している場合はアカウントを実際に見ることが出来たり、広告の結果を簡単に共有することができるようにます。

アカウント共有することで、一体となった運営ができますので、その後の広告出稿に関する確認などもスムーズに行える利点があります。

今回はFacebook広告でアカウントを共有する方法を図解で解説していきます!

0.アカウント共有に必要なもの

まず、アカウント共有の際に必要なものをご用意ください。

①Faceboook広告アカウント

②Facebookページ

この2つがあれば簡単に設定をすることができます!

1.アカウント共有でできること

広告アカウントへのアクセス権を第三者に共有する場合、アカウントを管理できる管理者権限が3種類あります。

広告アカウントにアクセスする権限を第三者に付与する場合、まず役割を割り当てます。

その人ができることや見られる情報を選択することで、「閲覧だけの権限」、「広告の出稿が可能な権限」、「支払いも可能になる権限」など目的に合った操作が出来るようになります。

以下の表で、広告アカウントの3つの役割を簡単に説明します。

(出典:Facebookヘルプページ)

2.アカウント共有の連携先

他の人に広告アカウントへのアクセスを許可するには、広告アカウントで設定を行う必要があります。

広告アカウントへのアクセスはFacebookアカウントを所有している人にのみに付与することが出来ます。

もしFacebookアカウントを持っていない場合は、簡単にアカウントを新規作成できますのでご安心ください。

※共有する際には、Facebookで友達としてつながっている必要があります。

3.広告アカウントへアクセス権の付与方法

①広告マネージャーに移動

【広告マネージャー】に移動します。

はじめに左上の三本線をクリックします。

 

②メンバーを追加する

【メンバーを追加】をクリックします。

クリック後、下記のポップアップが表示されます。

①アカウント追加をしたい友達を追加する必要があります。

②広告の役割の選択をします。

確認ボタンをクリックすれば設定は完了となります。

追加した相手には、あなたが選択した役割に応じて広告アカウントへのアクセス権がすぐに付与されます。

初めに紹介した、広告に関するさまざまなアクセス許可が使用できるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アカウント連携をすることで、作業の効率化や確認のスムーズに行えるメリットがあります。

ただ、無暗に権限を与えてしまうとトラブルやミスにつながってしまう危険性も抱えています。

お金や会社の売り上げに関わってくる部分なので、【広告の役割】を見定めて設定する必要があります。

それぞれの役割に合った項目を選択し、運用を行っていってください!


PC用電話

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。