Facebook広告の「動画の再生数を増やす」の効果的な使い方とその効果

Facebook広告では動画を配信したい場合、キャンペーン目的で動画の配信する方法と、広告として動画を配信する方法の2つの種類があります。

ただ、これだけ聞いても何の事だかよくわからないですよね…

そこで今回は、キャンペーン目的で「動画の再生数を増やす」を選択して、動画を配信することのメリットや目的、広告として配信した場合との違いなどについてお話ししていきます。

これさえわかれば、動画の配信で困ることはなくなります。

1.動画の再生数を増やすとは?

「動画の再生数を増やす」とは、多くの人に動画を視聴してもらう広告になります。

ですので、動画を見てくれるであろう人に広告が配信され、広告内容の認知度を高めることができます。

この広告は、テレビCMのFacebook版と表現することが多いです。

テレビCMと動画広告の違い
Facebook広告ならではのセグメント(ユーザー層)の選定や費用の安さ・手軽さがこの広告の魅力になります。

2.この広告で期待できる広告の効果

先程もお話ししましたが、この広告を利用すると、商品やサービスの認知度を上げる事ができるので、ブランディング効果や潜在層に向けた訴求を行う事ができます。

ですので、この広告はコンバージョンを目的とせず、長期的なブランディング施策として利用するのが効果的です。

また、この広告を効果的に配信するためには、だいたい30秒くらいの動画がベストですので、どんなに長くても1分以内に抑えるようにしましょう。(Facebookをやっていて、1分以上の動画なんて、見ないですよね?)

潜在層にリーチしてどうするの?潜在層に広告を認知してもらう事で、リスティングの固有名詞(自社名やサービス名)の獲得単価を下げる事や、コンバージョン率を上げる事が期待できます。

他にも、自然検索の検索回数や他のFacebook広告の成果を上げることなども期待できます。
ただし、この辺のデータは正確に測れるものではなく効果の補償もできないので、あくまで+αの施策として利用するようにしてください。

 

3.広告の配信イメージ

広告は次のような形で配信され、広告文にURLを入れておかないと、ユーザーをサイトに誘導することができないので、注意が必要です。

動画の再生数を増やす 配信イメージ
また、このキャンペーン目的を利用すると、1再生あたり5円前後で広告を見てもらう事ができます。

4.この目的でコンバージョンを獲得する裏ワザ

「動画の再生数を増やす」は、コンバージョンを目的として配信しない方が効果的だというお話をしましたが、コンバージョンを期待できる唯一の裏技的な使い方があります。

それは、「キャンペーンやイベントの告知」に利用する事です。

もちろん、期間限定と言いつつ常に割引サービスや追加特典を用意しているようなものではなく、本当に期間限定の告知でのみ効果が期待できます。

例えば、スポーツや舞台、競馬のような、その日しかやらないようなイベントはコンバージョンが期待できます。(まぁCV目的の広告と比べると成果は良くないですが…)

昨年の11月になりますが、期間限定のイベントで次のような成果を出すことができました。

動画の再生数を増やす 配信結果
※コンバージョンは無料の会員登録になります。CV 134件。CPA 3,218円。
※リマケやいいねユーザーへの配信だけで見ると、CV 119件。CPA 773円

5.キャンペーン目的と広告配信での動画の違い

キャンペーン目的で、「動画の再生数を増やす」を選択すると、動画をみてくれやすい人に広告を配信することができ、広告で動画広告を選択すると、そのキャンペーン目的を満たすであろう人に動画広告が配信されます。

そのため、動画の利用方法に応じて、キャンペーン目的で利用するのか、広告として利用するのかを決める必要があります。
キャンペーン目的と広告配信での動画の違い

6.まとめ

「動画の再生数を増やす」というキャンペーン目的を利用すると、動画を見やすいユーザーに広告が配信されます。

基本的には、認知拡大として利用しますが、キャンペーンやイベントによっては、コンバージョンを見込める事もあります。

facebook広告完全ガイド

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。