GDN(グーグルディスプレイネットワーク)の入稿方法を3つの手順にまとめてみた。

GDNには、イメージ(バナー)広告やレスポンシブ広告(広告枠に応じてサイズ等が自動的に調整される広告)などありますが、基本的な流れは同じですので、今回はイメージ広告(バナー広告)の入稿を例に手順をご紹介します。

1.GDNとは?

GDNとは、Googleディスプレイネットワークの略で、Googleが提携しているWebサイトや動画、アプリで構成されているネットワークのことです。

検索エンジンの検索結果に広告を表示させることが出来る「リスティング広告(検索連動型広告)」とは異なり、提携しているWebサイト等のページ上に広告が表示されます。

その為、「リスティング広告」に対して、「ディスプレイ広告」と言います。

広告の配信場所は下図の赤枠の部分になります。

2. 手順1:キャンペーンを作ろう

では、さっそく広告の入稿手順をご紹介します。

まずはディスプレイ広告用にキャンペーンを作成します。

キャンペーンタブ左上の「+キャンペーン」ボタンを押し、「ディスプレイネットワークのみ」を選択します。

次にキャンペーンの設定をします。

ここでは配信地域や1日あたりの予算などを設定します。

おもな設定項目は次の通りです。

上の表で紹介していない項目以外にも「配信方法」「広告のローテーション」等も設定できます。

不明な点は項目横の「?」のアイコンにマウスポインタを合わせると説明が出てきますので参考にして必要に応じて設定しましょう。

広告表示オプション等の設定は別の記事で解説しておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

■関連記事
リスティング広告「住所表示オプション」の活用方法
AdWords動的検索広告で成果を出す為の運用と設定方法
デバイスを使い分けてリスティング広告の成果を最適化する方法

また、キャンペーンは、「デバイス」や「ターゲティング」の種類で、分けて作成しておくと、それぞれの効果を把握しやすく、後々の改善等が行いやすくなります。

[例:ディスプレイ広告をリマーケティングで、スマホのみに配信するキャンペーンの場合]

キャンペーン名 ⇒ DR:キャンペーン名_SP

上記のキャンペーン名は「Display」「Remarketing」「smartphone」の頭文字等を取って設定しましたが、分かりやすい名前であればどのようなものでも問題ありません。
(ターゲティング方法等については、別の記事でご紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。
【図解】リスティング広告の配信方法とその特徴の総まとめ!

すべての項目が入力し終わったら保存して、次に「広告グループ」を作成します。

3. 手順:2広告グループを作成しよう

広告グループでは、上限クリック単価やターゲティングなどを設定します。

広告グループでもキャンペーン作成時のように「イメージ広告」「テキスト広告」などの広告フォーマットごとにグループを分けておくと、後々の改善等がしややりやすくなるので、分けておくと良いでしょう。

広告グループでのおもな設定項目は次の通りです。

※1 GDNでは「ユーザー属性」「リマーケティング」「プレースメントターゲット」など、配信先を絞った配信が可能です。目的にあったターゲティングを設定しましょう。
※2 ターゲティング設定をすると、設定の内容によっては、配信先が絞られすぎてしまい、あまり広告が表示されなくなるケースがあります。「自動拡張設定しておいて、成果がよくなかった場合に自動拡張を止める」など、状況に応じて設定しましょう。

すべての項目が入力し終わったら保存して「広告」を入稿します。

4.手順3:最後に広告を入稿しよう

今回はイメージ広告を入稿するので、「広告の作成」「イメージ広告」を選択し、入稿したい画像ファイルをアップロードします。

次に、広告のリンク先等の設定を行います。

設定項目は次の通りです。

すべての項目が入力し終わったら保存して入稿完了です。

5. まとめ

広告の入稿手順はご理解頂けましたでしょうか?

今回、当記事は詳しく触れていませんが、ディスプレイ広告では、一度サイトを訪れた方に配信する「リマーケティング」や年齢や性別などの「ユーザー属性」でターゲティングを行った、配信をすることができます。

ターゲティング方法等については、別の記事でご紹介していますので、ぜひご覧頂き、目的にあったターゲティング設定をした上で配信するようにしましょう。

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランfディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。