indeed広告の4つのメリットと3つのデメリットをご紹介!

indeed広告 メリットデメリット

最近CM等で度々目にする「indeed」ですが、広告のプラットフォームとしても特徴的で、そこを狙って広告を出稿する企業も非常に多いです。

ただ、そこにはメリットとデメリットがあり、どの企業でも成果が出るというわけではありません。。。

そこで今回は、indeedに掲載される「indeed広告」のメリットとデメリットについてご紹介します。

0.indeedとは?

indeedは世界60ヵ国以上、28の言語でサービスを展開しており、毎月2億人以上のユニークユーザーがいる、世界No.1の求人に特化した検索エンジンです。

indeedとは?

新卒採用から中途採用アルバイトまで多岐にわたる求人を掲載することが出来ます。

indeedはあくまで検索エンジンなので、会員登録不要で求人を検索出来ますし、職種、勤務地、仕事内容はもちろん、働き始める日付の指定海外の求人など、幅広く求人を検索することが出来ます。

1.indeedのメリット

indeedのメリットとしては下記のようなものがあります。

  • 掲載方法が簡単
  • 無料掲載枠がある
  • 結果をすぐに可視化出来、採用プロセスの改善が素早く行える
  • 予算の管理がしやすい

掲載方法が簡単

掲載に必要なものとしてはアカウント開設のみになります。

つまり、メールアドレス一つでアカウントを開設し、その後、管理画面に表示される項目を登録していくだけで広告を掲載することが可能です。

ちなみにindeedに広告を出稿する際の形式としては、「直接投稿型」「クローリング型」の2種類があり、2つの違いとしては自社で所有している採用ページが読み込まれているかどうかで変わってきます。

無料掲載枠がある

indeed広告には無料掲載枠というものがあり、その名の通り、無料で求人を掲載出来る場所があります。

無料掲載枠がある

無料掲載枠に関しては、「オーガニック求人」とも呼ばれ、上記でご紹介した、直接投稿型とクローリング型の両方が含まれています。

ただ、有料枠の方が当然上部に来てしまうので、それに比べるとクリック数や応募数はどうしても少なくなってしまいます。

結果をすぐに可視化出来、採用プロセスの改善が素早く行える

広告の表示回数やクリック数などの実数値が管理画面で簡単に見えるので、改善の余地があるかどうかがすぐに分かり、広告文の変更、情報の充実を簡単に行うことが出来ます。

結果をすぐに可視化出来、採用プロセスの改善が素早く行える

また、indeedには「求人アナリティクス」というものが存在し、Google Analyticsとは違った指標で効果を図ることが出来ますので、こちらも使用していくと良いでしょう。

予算の管理がしやすい

キャンペーンの設定画面にてクリック単価の上限を決めたり、月額予算を設定することが出来るので、予算を大幅に超えてしまうなどの心配もなく、きちんと予算を管理することが出来ます。

予算の管理がしやすい

以上がindeed広告のメリットになります。

ただ、そもそもの話として、indeedを訪れるユーザーは求人情報を求めていますので、自社の広告をクリックしてくるユーザーはモチベーションの高い人が多い傾向にあります。

ですので、広告の効果などを見ながら改善し、しっかりと運用することが出来れば、質の良い、優秀な人材と出会うことも不可能ではありません。

2.indeed広告のデメリット

indeed広告のデメリットとしては下記のようなものがあります。

  • 無料枠での掲載だと求人が埋もれてしまいやすい
  • クローリング型の掲載には条件がある
  • サイト内容(情報)を更新しないと、表示回数が減っていく

無料枠での掲載だと求人が埋もれてしまいやすい

無料枠に掲載している企業は非常に多く、自社の情報が埋もれてしまう可能性があります。

コストをかけずに求人を行いたいのは他の企業も同じですので、日々、様々な企業が無料枠での掲載を行っています。

無料枠で上位に表示することが出来ればクリックが集まる可能性も高いですが、情報の新しさも順位に関係していきますので、時間が経てば経つほど上位に表示するのは難しく、クリック数も少なくなってしまいます

ですので、成果を必ず出したいという方は有料枠の方を使った方が良いでしょう。

クローリング型の掲載には条件がある

クローリング型は効率がとても良く利用をおすすめしますが、「1職種、1勤務地、1URL」であることが条件です。

基本的にはどの採用ページでも掲載出来るのですが、1ページに職種が複数ある場合、勤務地が複数載っている場合などは、クローリング型では掲載が出来ません

募集するものが1職種であれば構わないのですが、複数あった場合には新たにページを追加する必要があるので注意です。

サイト内容(情報)を変更しないと、表示回数が減っていく

募集要項の変更や、広告の変更を行わないと掲載順位がどんどん落ちていきます。

管理画面より掲載順位やクリック数などの実数値が見えますので、それを基に採用を拡大したい時期や、人を多く集めたいといった場合には頻繁に変更・修正を行う必要があります。

3.まとめ

いかがでしょうか。

どの媒体でもデメリットというのはありますが、indeed広告はデメリットよりもメリットの方が大きいので、採用に力を入れていきたいという企業は使うべき媒体の一つです。

この記事を参考に、ぜひindeedの使用を検討してみてはいかがでしょうか?


PC用電話

indeed広告 メリットデメリット

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。