Facebookの3つのオーディエンスとそのターゲティングの概要をご紹介

Facebook ターゲティング

今や、日本でもすっかり定番SNSの一つとしておなじみのFacebook、企業の間ではFacebook広告を新たなオンライン宣伝ツールとして活かそうという動きが活発化しています。

そんなFacebook広告の何よりのメリットは、実名SNSならではの高いターゲティング精度にあると言えます。

しかし、これからFacebook広告を始めようと考えている人の中には、それをどのように使い、活かしていけば良いのかが分からないという人も多いと思います。

そこで今回は、Facebook広告におけるターゲティングの種類について、基礎からご紹介していきたいと思います!

1.Facebook広告の3種類のターゲティング層とは?

Facebook広告には基本となる3つのターゲット層があり、それが下記のようなものになります。

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

Facebook広告では、ターゲット対象のユーザー層となる「オーディエンス」を設定することで、ターゲティングを行っていきます。

コアオーディエンス

コアオーディエンス

「コアオーディエンス」は、Facebook広告のターゲティングにおいて最も基本的なオプションで、他の2つのオーディエンス設定と組み合わせることも出来ます

コアオーディエンスでは、住んでいる地域や年齢、性別といった利用者データを使った基本的なターゲティングが可能です。

また交際ステータス、ライフスタイル、興味・関心といったFacebookならではのターゲティングオプションも用意されています。

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンス

「カスタムオーディエンス」は、すでに自社と接点があったり、顧客になっていたりするユーザーをターゲティングすることが出来る機能です。

カスタムオーディエンスでターゲティングを行うには、電話番号やメールアドレスなどが含まれた顧客リストをアップロードする必要があります。

自社の顧客とFacebook上で繋がることで、効果的に最新情報を届けたり、カスタマーエンゲージメントを高めたりすることが出来ます

類似オーディエンス

類似オーディエンス

「類似オーディエンス」は、カスタムオーディエンスでアップロードした顧客リストやFacebookページのファンなどをもとに、既存の顧客と類似したユーザー層にリーチ出来るターゲティング設定です。

すでに顧客になっているユーザーと似ている層にアプローチ出来るということで、比較的効果が出やすいターゲティングだと言えるでしょう。

Facebookの類似オーディエンス機能は割と精度が高く、上手に使えばかなり強力なターゲティング手段になります。

2.コアオーディエンスの詳細と設定のコツ

コアオーディエンスにおける地域、年齢、性別といった基本属性は、実名SNSということで精度も良いので、どんなキャンペーンであっても一通り設定しておくことをおすすめします。

またコアオーディエンスでは、「詳細ターゲット設定」という項目から、利用者層(交際ステータス、学歴、家族構成、資産状況など)、趣味・関心(ショッピング、ビジネス、アウトドアなど)、行動(旅行、モバイルユーザー、オンラインショッピングなど)といった、より詳しいターゲティングを行うことも可能です。

細かく絞りすぎても結果が出ませんし、ボリュームが大きすぎても効果が現れづらいですから、想定リーチ数を確認しつつ、基本属性と詳細ターゲット設定の組み合わせには気を付けましょう。

3.カスタムオーディエンスの詳細と設定のコツ

カスタムオーディエンスでターゲティングを設定するには、主に下記の3つのオプションがあります。

  • 既存の顧客リストをアップロードする方法
  • Webサイトにアクセスしたユーザーやアプリを、インストールしたユーザーをターゲティングする方法
  • FacebookやInstagramでのアクティビティを基にする方法
カスタムオーディエンスの詳細と設定のコツ

なおWebサイト訪問者へのターゲティングでは、「サイト滞在時間上位25%/10%/5%のユーザー」という絞り込みも可能で、対象者層のボリュームが大きい場合には効果的です。

4.類似オーディエンスの詳細と設定のコツ

類似オーディエンスでは、主に上記のカスタムオーディエンスでアップロードした顧客リストをもとに、既存の顧客と類似したユーザー層をターゲティングします。

Facebookの類似オーディエンス機能は比較的優秀ですが、元データとなる顧客リストのボリュームが小さいと当然精度も下がってしまうので、注意が必要です。

ちなみに類似オーディエンスの設定には「オーディエンスサイズ」という項目があり、10段階で対象オーディエンスのサイズを指定出来ます。

この数値が大きければ大きい程リーチ出来るユーザー数は増えるのですが、その分類似性の低いユーザーが含まれる割合も上がってしまうので、概ね「5」以下で設定するのが良いでしょう。

5.まとめ

いかがでしょうか。

実名SNSならではの高精度なターゲティングは、Facebook広告における最大の利点の一つだと言えます。

Facebookで広告を出すなら、この強力なターゲティング機能を積極活用しない手はありません。

これからFacebook広告を出稿してみようと考えている方は、ぜひこの記事を参考に、効果的なターゲティング設定を行ってくださいね。


PC用電話

Facebook ターゲティング

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。