最近よく目にするIndeedとは?

1.はじめに

最近、CMや電車内の広告でも目にするIndeedですが、採用担当者様や人事担当者様の中でもIndeedに興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

従来では、転職といえばマイナビ転職/リクナビ/Dodaなどの転職サイトをまずは利用するユーザーが多かったですが、最近では求職者がIndeedを利用する機会が増えているようです。

今回は、Indeedとはどういった媒体なのかという基本的な部分を紹介していきます。

2.Indeedとは?

Indeedとは、世界最大級の【求人特化型検索エンジン】と言われております。

求職者はキーワードと勤務地の入力で仕事を探すことが可能です。

インディードに掲載されている情報は、企業の自社求人ページにリンクされる場合と、インディード内の求人ページにリンクされる場合、そしてタウンワークなどの求人サイトにリンクされる場合と多岐にわたります。

情報が膨大だからこそ、求職者もインディードを利用する方が増えているのではないでしょうか。

掲載されている求人情報は、新卒採用・中途採用・アルバイトと様々な求人情報を掲載されています。

また、インディードに登録を行っている企業は、Googleやヤフーで検索を行った際に自然検索に表示される機会が多くなります。

インディードは非常にSEOに強い媒体と言えます。

従来の求人サイトとの一番の違いは、Indeedは「運用型広告」であることです。

3.費用っていくらかかるの?

インディードには、掲載方法が2つあります。

1つは、無料掲載となり2つめは、有料掲載です。

無料掲載では、無料で求人広告を自身で投稿することが可能になります。

無料枠と有料枠に分かれており、無料掲載の場合は、無料の検索結果の枠に表示され、求職者が閲覧・応募が出来るようになります。

また、メールや管理ツールで応募を確認することもできます。

一方、有料掲載の場合は、いつでも無料枠から有料枠へ切り替えが可能です。

もちろん、無料枠よりも目立つ場所に掲載がされかつ、高い頻度で表示がされます。

現在、インディードは求職者の利用ニーズも高まっておりますが、同時に求職者を募集する企業からも掲載ニーズが高まっております。

そのため、無料掲載を行うだけでは、表示が埋もれてしまうため、現在は有料広告を出稿する企業も非常に増えているようです。

有料掲載の場合のコストのかかり方ですが、こちらはGoogleやYahoo!スポンサードサーチと呼ばれるリスティング広告と同様の「クリック課金」となります。

従来の求人サイトですと初期費用や固定費用を支払うケースが多かったかと思います。

対して、インディードは、初期費用・固定費用ではなく、クリックされた金額が請求される従量課金制になります。

そのため、一度掲載したら変更が難しいという従来の求人サイトではなく、運用型広告のためすぐに掲載文言や設定の変更が可能です。

4.従量課金型の運用型広告ってなにがメリットなの?

まず、インディードは、毎月訪問ユーザーが2億人いると言われており世界最大の求人サイトです。(参照:https://jp.indeed.com/hire

1求人に対してクリック単価の「入札」 を行い配信量などの調整を成果を見ながら行います。

リアルタイムで成果を管理画面上で確認できるので成果に応じて即座に設定を変更できる点がメリットとなります。

通常であれば、媒体に掲載を行った際に広告費用が固定で発生するかと思いますが、応募数が非常に多くても少なくても請求金額に変わりはありませんよね。

また、PV数が少なかったとしても、掲載金額は変わらずかと思います。

また、従来であれば、改善の施策としては主に、写真や応募情報のテキスト内容を変更するなどリアルタイムの施策は難しいと感じたことがある方も多いでのはないでしょうか。

 

こういった悩みをお抱えの企業様は一度、インディードへの掲載を検討いただくことをおすすめします。

5.インディード広告を代理店に依頼した媒体のメリットとは?

インディード広告に興味をお持ちの人事ご担当者様も多いかと思います。

実際に自分で運用を行うとなると単価の調整や、管理画面上での成果を見て運用を行わないと改善されない・そもそも運用型広告のノウハウがないなど様々なお悩みが出てくるのではないでしょうか。

また、まずは無料掲載から開始した場合でもせっかく設定などに時間を割くのであればそれなりに効果を期待されるかと思います。

ただし、無料掲載枠ではなかなか現在は効果が出ずらいと言われております。

やはり、Google・Yahooなどで検索を行う際も上から順に見ていくことが多いかと思います。それと同様で有料枠は無料枠よりも目立つため求職者も上から順にクリックをすることが多くなります。

そこで、有料枠での検討をされるかと思いますが、中々運用だけに時間を割くことは難しいですよね。

運用の代理店はそういった場合に利用してはいかがでしょうか。

こちらの記事を書いているアドリスティングもインディードの正規代理店です。

インディード広告の運用事例があるのはもちろん、その他Web媒体での採用プロモーションを多く行うなど運用型広告に関しての知見なら安心して任せて頂けるかと思います。

また、代理店によって手数料や運用までの流れなどは異なりますので少しでも興味をもって頂いた方はお問合せ頂ければと思います。

6.まとめ

ここまで読んでいただきインディードについての理解は深まりましたでしょうか。

実際の効果など今回はご紹介しきれなかったので、事例などを基に掲載を決めたい方は一度お問合せ頂くことをお勧めさせて頂きます。

 


PC用電話

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。