初心者でも分かるリスティング広告の入金フローまとめ

リスティング広告をこれから始めようとしたところ、広告費の入金方法が複雑で戸惑ってしまった経験はありませんか。

入金手続きは一見複雑そうに見えますが、実はとてもシンプルで、やり方によっては即日入金・即日広告配信も可能です。

今回はGoogle AdWordsとYahoo!プロモーション広告の入金フローについてまとめました。

初心者の方、これから新入社員として入社予定の方でも分かる内容になっていますので、入金手続きに不安がある方はしっかりマスターしていきましょう。

1. Google AdWords 編

お支払い情報の登録

AdWordsのアカウントを取得したら、まずはお支払情報の登録を下記の手順でおこないましょう。

AdWordsにログイン後、右上の歯車マークから「請求とお支払い」のメニューへ移動します。

最初に請求先住所の国または地域を選択します。

次にペイメントプロファイルを入力していきます。

アカウントの種類は「ビジネス」または「個人」から選択できます。

その後、名前や住所を設定していきます。

こちらには正確なデータを入力していきましょう。

お支払い方法

AdWordsでは「振込」「コンビニエンスストアまたは Pay Easy(ペイジー)」「クレジットカード(またはデビットカード)」の3種類から支払い方法を選ぶことが出来ます。

クレジットカードを持っていない場合は振込がおすすめですが、アカウントへ入金が反映されるまで3営業日ほどかかる場合があります。

即日広告を配信したい場合や、次に説明する「自動支払い」を希望する場合は、クレジットカードの設定をおすすめします。

特に広告費が多い場合は、法人カードの利用がおすすめです。

カードの利用限度額を心配することなく広告を継続して配信することができますので、法人カードを持っていない方はこのタイミングで是非作成をしましょう。

お支払いタイプ

リスティング広告の入金設定では「お支払いタイプ」というものが存在します。

AdWordsでは「自動支払い」「手動支払い」の2種類のから選ぶことができます。

・AdWords「自動支払い」

ご利用限度額に達するか、前回の自動支払いから30日が経過すると、その時点で自動的に請求が行われます。

・AdWords「手動支払い」

アカウントの残高がなくなるとサービスは停止され、アカウントに資金を追加すると自動的に再開されます。

残額が一定条件になるとクレジットカードから自動的に入金される方法が「自動支払い」、ご自身のタイミングでその都度入金をする方法が「手動支払い」となります。

どちらを選択するかは好みになりますが、毎月の広告予算や配信期間が決まっている場合は「手動支払い」、広告をストップせずに継続的に配信したい場合は「自動支払い」の選択がおすすめです。

※「自動支払い」を選択する場合、クレジットカードの登録が必須になります。

 

設定方法はこちらになります。

・AdWords「自動支払い」

・AdWords「手動支払い」

2. Yahoo!プロモーション広告 編

お支払い情報の登録・方法

Yahoo!プロモーション広告のアカウントを取得したら、資金管理のメニューからお支払い情報の登録をおこなっていきましょう。

Yahoo!プロモーション広告では「クレジットカード」「振込」の2種類から選ぶことができます。

AdWords同様、即日広告を配信したい場合や、「自動入金」を希望する場合は、クレジットカードの設定をおすすめします。

なお、Yahoo!プロモーション広告ではデビットカードは使用できませんので注意しましょう。

お支払いタイプ

Yahoo!プロモーション広告ではAdWordsと同様に「自動入金」「手動入金」の2種類のから選ぶことができます。

設定は資金管理のメニューからおこなっていきます。

3. 最低入金額とアカウントへの入金反映日数

お支払方法、お支払タイプによって最低入金額とアカウントへの入金反映日数が異なります。

下記表にまとめておりますので、それぞれのルールに従って入金の手続きをしていきましょう。

やはり入金反映が早い点がクレジットカードの最大のメリットになりますね。

なお、銀行振込を使う場合はアカウントごとに固有の振込先が発行されますので、アカウントが複数ある場合は間違えのないよう入金手続きをしましょう。

4. Google AdWordsは不課税、Yahoo!プロモーション広告は課税

ここまでくれば、あとは希望の金額を入金するだけですが、1つ税金に関して注意があります。

AdWordsは税抜き金額での入金になりますが、Yahoo!プロモーション広告は税込み金額での入金となります。

例えば広告費を100,000円使用したい場合、AdWordsは100,000円の入金になりますが、Yahoo!プロモーション広告では108,000円の入金が必要になります。

詳細は各ヘルプページに説明がありますので、ご参照ください。

AdWordsヘルプページ
https://support.google.com/adwords/answer/2375370?hl=ja&ref_topic=3121938

引用
AdWords との契約は Google Asia Pacific Pte. Ltd. と締結しているため、AdWords からのご請求内容に消費税が含まれることはありません。

Yahoo!プロモーション広告ヘルプページ
https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=1195

引用
それぞれの金額に消費税が加算されます。

5. 目安の入金額

いざ入金をしようとなった場合、いくらぐらい入金をすればよいか悩みますよね。

お客様の業種やビジネスの規模感により適切な金額は変わってきますが、迷った場合まずは1日10,000円、1ヶ月300,000円を目安に入金をしてみましょう。

また配信初期は、最初からAdWordsに15万円、Yahoo!に15万円と金額を決めつけてしまうことは非常に危険です。

配信の経過を見ながら、予算を最適化できることが運用型広告の強みでもありますので、再度はそれぞれに50,000円ずつ入金し、効果がよい媒体・セグメントを見極めていくといいでしょう。

弊社で運用しているアカウントも、ほとんどの場合は最初にきっちりと予算は決めず、配信の経過を見ながら効果の良い媒体・セグメントへ予算を投下しております。

6. まとめ

以上がリスティング広告の入金フローになります。

一度覚えてしまえば非常に簡単な手続きですね。

配信経過を見ながらきちんと入金をし、適切に広告を運用していきましょう。

最後にもう一度おさらいです。

1.Google AdWords 編
・お支払情報の登録
・お支払い方法
・お支払いタイプ

2.Yahoo!プロモーション広告編
・お支払い情報の登録・方法
・お支払いタイプ

3.最低入金額とアカウントへの入金反映日数
4.Google AdWordsは不課税、Yahoo!プロモーション広告は課税
5.目安の入金額

しっかり覚えてくださいね。

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。