リスティング広告でプランニングを行う際の考え方をご紹介!

リスティング広告に携わる人の中には、思ったような効果が出ずに悩んでいる人はたくさんいます。

成果を出すために、きちんと戦略立てて、ターゲットなどを定め、広告配信する目的を決めていく、というプランニングをきちんとしなければリスティング広告にかける費用や時間が無駄になってしまう可能性もあります。

そこで今回は、実際にリスティング広告を始める前にやるべきプランニングについてをご紹介します。

0.リスティング広告の特徴

リスティング広告の特徴

そもそも、リスティング広告の特徴としては、やはり自分の希望するターゲット層へ登録するキーワードによって、絞り込み配信することが出来るという点です。

無作為にリーチ出来てしまうマス広告とは違い、より細かなターゲティングが出来るのが一つの特徴です。

また、リスティング広告はクリック課金の為、広告が表示されただけでは料金がかからないことも特徴です。

そのため、きちんとプランニングをした上で広告設計をすることによって、より質の高いユーザーに対し、広告配信をすることが出来、費用対効果のある広告配信をすることが出来ます

1.リスティング広告のプランニングをする前に

リスティング広告のプランニングをする前に考えるべきことは「何のためにリスティング広告を始めるのか?」です。

リスティング広告を始めるにしても、目的は人や企業によってそれぞれだと思います。

「何のためにリスティング広告を始めるのか?」

つまり売上を上げるための広告と、認知度を上げるための広告だと考え方が違うのです。

リスティング広告を始める際にも、広告配信を行う目的を良く考えてみることが効果的な広告配信をする第一歩だと考えられます。

2.リスティング広告のプランニング~広告予算編~

広告予算を決めるための方法としては、下記の2つの方法が考えられます。

  1. 毎年の売上から一定比率を広告費用として使用する
  2. 目標売上に対して、どれだけの広告費を投下出来るのかなどを考え設定する

リスティング広告を開始する目的は十人十色ですが、目的はどうあれ、市場や顧客のこと、自社や自社が取り扱っている商材の立ち位置などについて改めて理解する必要があります。

そして、客観的に自社の立ち位置を見極めた上で、どのような行動・戦略をとるべきなのか、リスティング広告を活用すべきかなどを考える必要があります。

毎年の売上から一定比率を広告費用として使用する

競合がこれぐらいの広告予算を使用しているから自社はこれくらい、また、業界平均がこれくらいだから大体このぐらいの広告費をかけよう、と決めることが出来ます。

この方法に関しては、競合がどれくらいの広告予算を使用しているのかという判断基準が必要になりますので、ある程度リスティング広告に関しての知識が必要になります。

この考え方は、全般的な広告予算を決めるのに最適な方法と言えます。

目標売上に対して、どれだけの広告費を投下出来るのかなどを考え設定する

リスティング広告に関してはこちらの考え方で広告予算を決める企業が多いのですが、こちらは自社に蓄積されているデータを活用し、広告費を設定する方法になります。

リスティング広告の特徴・メリットとして、いくら使ってこれぐらいの成果というのが、すべてデータとして見ることが出来ます

ですので、テスト予算として実際に広告を出稿してみて、その結果から目標売上に関してどれくらいの広告費を投下すれば良いかなど、データを用いながら確認することが出来ます。

また、繁忙期などがある企業に関しては、広告予算が一定に決まっていると、繁忙期に入った際に機会損失を生む可能性があるため、この考え方で予算を決める企業が多いと考えられます。

3.リスティング広告~ターゲット編~

ターゲット層を考えるためには、どういったユーザーが自社商材を買うのか、「ペルソナ」設計をする必要があります。

その商品・商材は誰が利用するのか、どんな人にニーズがあるのかなどを具体的にイメージする必要があります。

リスティング広告~ターゲット編~

例えば、年齢や、性別どんなところに住んでいるのか何をしている人なのかなどを最大限にイメージすることで理解度が明確化することが出来ます。

ペルソナを考えた時にうまくイメージが出来なければ、まだまだ商材、市場や競合について考える余地があると考えられます。

上記のペルソナ設定が完了することで、しかるべきリスティング広告の広告文やキーワードを作成、設定することが出来ます。

また、Google・Yahooどちらで広告を出稿すればよいのか、広告を出稿する曜日・時間帯は絞り込んだ方が良いなのかなど、自ずと答えが出てくると思います(運用する立場としては、最初から狭めていくのはおすすめ出来ませんが…)。

ペルソナに関しては下記記事を参考にしてみてください。
リスティング広告で有効なペルソナ作成方法

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はリスティング広告を始める際のプランニングの仕方をお話しました。

実際には、リスティング広告のこの配信手法を使って、あのターゲット層には広告配信をしていくなど、まだまだ戦略立て出来ることはあります。

ですが、まずはリスティング広告を配信する際には、

  • 広告配信する目的
  • リスティング広告にかけるべき広告予算
  • 狙いとするターゲット層

などを、しっかりと考えることによって、より精度の高いプランニングを考え、費用対効果の出る広告配信が見込めると思いますので、是非一度考えてみてください。

リスティング バナー


PC用電話

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。