リスティング広告で有効なペルソナ作成方法

リスティング広告 ペルソナ

「ペルソナ」と「リスティング広告」

ペルソナとは、もともとの意味は「人格」ですが、マーケティング界では「架空の顧客像」としてよく用いられ、顧客分析手法としてとして、マイクロソフトやアマゾンなどの大手企業でも用いられています。

有用なマーケティング手法でもあるペルソナですが、リスティング広告を運用する際にも非常に有効な手段となってきます。

そこで、リスティング広告におけるペルソナの3つの作成方法をご紹介したいと思います。

1、イメージする

まず、ペルソナを考える際に以下の項目を具体的にイメージすることがから始めてみましょう。

イメージする項目

①商品/商材のもつイメージ
商品や商材がもつイメージを、ポジティブな面とネガティブな面で2軸のイメージを考えてみましょう。

②利用する顧客のイメージ
実際に必要としている顧客のイメージをしてデモグラフィックを考えてみましょう。年齢や性別、どんなところに住んでいる人なのかなどイメージしてみましょう。

③市場状況をイメージ
流通マーケットを定量と定性で考えてみましょう。定量的にどのくらいの需要と供給があるのか、競合他社を調べ定性的にも考えてみましょう。

イメージはあくまでも今現在あなたが想像できる商品や商材に対する最大限をイメージすることでその理解度が明確化することが出来ます。

ここでイメージできなければ知識が足りない可能性があるので今一度市場調査や研究をしてみるといいでしょう。

2、連想する

ここではターゲットをイメージしたものをさらに前へ進めて連想してみましょう。

例えば、

ゴルフセミナー例

リスティング広告 ペルソナ1 リスティング広告 ペルソナ2

その人物像の背景や行動を連想して詳細のペルソナを設定することが出来ます。

このようなペルソナ設定が出来ると実際にリスティング広告の広告文やキーワードに連想しやすくなります。

<キーワード例>
ゴルフ ボール
ゴルフ ドライバー
ドライバー 飛 距離
アイアン 飛 距離
キャロウェイ ドライバー
飛ぶ ドライバー
アイアン スイング
ゴルフ クラブ 飛 距離
ドライバー ランキング
ゴルフ ヘッド スピード
ゼクシオ ドライバー
タイガー ウッズ スイング
ゴルフ ネット
ゴルフ グッズ
ゴルフ 通販
ゴルフ スイング 手首

3、ストーリーを考える

ターゲット層の連想が出来たらつぎはそのターゲットの過去や生い立ち、現在の状況をストーリーとして連想してさらにペルソナを具体化してみましょう。

例えば、

リスティング広告 ペルソナ3 リスティング広告 ペルソナ4
注意点
このストーリーには、自分の偏見や憶測だけで人物像を作り上げてしまわないことが重要なります。大切なのは事実に基づいた情報からストーリーを動機付けしていかなければなりません。なぜその人がその行動を起こしてしまったのかなどを考えてみると様でしょう。

4、まとめ

このように2つのペルソナのつくり方を紹介してきましたが、ペルソナ作成することは時間がかかる作業です。

しかも日々情勢や状況により変化していきます。

しかし、このペルソナを作成するスキルは運用型と呼ばれるリスティング広告に必要なスキルとなり、作成し続けることでマーケティングスキルが身についていきます。

また、ペルソナはマーケティングの現場で活躍するのは、入稿前だけではありません。

成果後のペルソナが感じる体験や経験、感想などもあなたが設定したペルソナの人物像から浮かび上がってきます。

成果後の顧客が予想もしなかった驚きを得ることでLTV(顧客生涯価値)を引き上げ、多くの優良顧客を生み出します。

皆さんも日々ペルソナ像を考え新たな発見していきながら成果の最大化を目指してみてください。

リスティング広告 ペルソナ

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランfディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。