Twitter広告のウェブサイトクリックキャンペーンの概要とコツ

Twitter広告 ウェブサイトクリックキャンペーン

Twitterは2017年10月現在、全世界で3億2800万人が利用し、国内の月間アクティブユーザー数は4000万人にも登る、世界を代表するSNSの一つです。

特に若年層のユーザーが非常に多く、そこをターゲットにしたプロモーションには最適の媒体になっており、Twitter広告を今から始めるという方も少なくありません。

そこで今回は、そんな方のために、Twitter広告のキャンペーンの一つ、「ウェブサイトクリックキャンペーン」についてご紹介します。

この記事では、ウェブサイトクリックキャンペーンとは何か?というところから、効果的に配信するためのコツちょっとした事例までをご紹介します。

0.Twitter広告のキャンペーン

Twitter広告には複数のキャンペーンが選択でき、それが下記のようなものになります。

  • ウェブサイトクリックキャンペーン
  • フォロワーキャンペーン
  • エンゲージメントキャンペーン
  • アプリキャンペーン
  • クイックプロモートキャンペーン
  • リードキャンペーン
  • プロモビデオキャンペーン

それぞれ、売り出す商材やサービス、その目的によって使い分けられるのですが、今回はウェブサイトクリックキャンペーンに焦点をあててご説明します。

1.ウェブサイトクリックキャンペーンって何?

ウェブサイトクリックキャンペーンとは、ユーザーのタイムラインに自社アカウントのツイートを表示し、そこから自社ホームページへの誘導やコンバージョンを目的としたキャンペーンです。

課金ポイントとしてはウェブサイトへの誘導の場合は、リンクしてあるウェブサイトのURLをクリックされた数によって費用が発生し、コンバージョンを目的とした場合は、ホームページ内でコンバージョンに至った数によって費用が発生します。

2.効果的に配信するコツ

ウェブサイトクリックキャンペーンで広告を配信する上で、効果的に配信するコツとしては下記のような方法があります。

  • 画像付きツイートにする
  • ウェブサイトカードを使用する

画像付きツイートにする

画像を付けたツイートを配信することで、ウェブサイトへの誘導率を高める事ができます。

画像は1枚~4枚を添付することができ、画像を使用することでタイムライン上の占有面積も広がり、なおかつ視覚的なアプローチができますので、具体的なイメージをユーザーに提供することができます。

ウェブサイトカードを使用する

ウェブサイトカードを使用することでもサイトへの誘導率を高めることができます。

上記で説明した画像付きツイートでは、画像をクリックしても画像が拡大表示されるだけですが、ウェブサイトカードを使用することで画像をクリックした人も指定したURLへ誘導することができます

もちろん、画像や文言で成果は変わってくるとは思いますが、定期的に画像や文言を変えることでユーザーが最も共感し、クリックしてくれる内容を見極めることができます

3.事例

最後に弊社で扱った事例を少しだけご紹介します。

とある案件で1カ月間、ウェブサイトクリックキャンペーンを使用し広告を配信しました。

その時の結果がこのようなものになりました。

リンクのクリック数は1,840回で、広告のクリック数は6,886回と多くのユーザーのクリックを集めることができました。

これは上記でおすすめしたウェブサイトカードを使用して配信したので、より多くのユーザーの興味を惹けた結果ではないでしょうか。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

ウェブサイトクリックキャンペーンを上手く使うことによって、若年層へのアプローチが可能になります。

目に留まるような画像を上手く使い、競合他社との差別化を行うことで、費用対効果を良く配信することができます。

Twitter広告を導入する際はぜひ検討してみてください。


PC用電話

Twitter広告 ウェブサイトクリックキャンペーン

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。