Googleアナリティクスで同一URLの目標が測れない場合の目標を測る方法

サイトの作りによってはフォームやサンキューページのURLが同一で目標がうまく測れずどの媒体が効果的であり、力を入れれば良いのか分からず、積極的に施策を出していく事が出来ない事もあるかと思います。

今回は其の様な同一URLの状況にあるサイトでも目標が取れる方法をご紹介しようと思います。

 

入力フォーム・確認ページ・サンキューページのURLが同一の場合

サイトの構成上、フォーム・確認ページ・サンキューページが同じURLの場合があると思います。

この場合URL指定をした目標を設定した場合、フォームにユーザーが流入してきた時に目標達成となり、1件の目標獲得した事となってしまいます。

これでは、実際にサンキューページまでたどりついていないユーザーの数値もカウントされている事となりますので、数値が不正確なものとなってしまう場合が御座います。

この場合に設定するのが【仮想URL】となります。各フォーム等のページに仮想でURLを割り当て計測する方法です。

まず、どの項目にどの仮想URLを使うかを決めます。今回は下記の通りとさせて頂きます。

  • step01.html 登録
  • step02.html 確認
  • thankyou.html サンキューページ

上記で決めた仮想URLを各項目のページのソース内に埋め込んでもらいます。

名称未設定

上の画像が仮想URLを埋め込んだ画像となります。上記の埋め込み作業を各ページで行います。

名称未設定

その後Googleアナリティクス上で目標の設定を行います。上記が目標を設定した画面となります。

こちらの作業を行う事でGoogleアナリティクス上での目標を取る事が出来る様になります。

名称未設定

上記が設定をした仮想URLの目標の結果となります。設定した目標達成プロセスも計測できる様になりますので、各ページでの離脱率などみて、サイトの修正なども行う事が出来ます。

まとめ:

同一URLでも簡単な設定をするだけで目標を追う事が出来ますので、同一URLでお困りの方がいらっしゃいましたら、是非設定をして今後のサイトの改善や、施策の選定にお役立て頂ければと思います。

 

また、今回の記事とは関係ないのですが、PDFのダウンロードや、とあるボタンをクリックしたなど計測をする場合にイベントで計測されている方もいらっしゃるかと思いますが、今まではHTMLにイベントを計測する為の特別な記述が必要で、敷居が高い計測項目となっておりました。

しかし、今回Googleタグマネージャーで自動イベントトラッキング機能と言うものがリリースされた事で、イベントのトラッキングは敷居が高いなと思われていた方でも取っ付きやすくなったのではないかと思います。

イベント関連の記事も今後書いていこうと思います。

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。