サイトリターゲティングで同一URLのコンバージョンを測定する方法

あなたは1つのアクセスも無駄にすることなくユーザーに対して自社の商品を告知しているでしょうか?おそらく、全てのアクセスに対して売上アップのために広告を配信していないでしょう。

もし、そうだとしたらサイトリターゲティングがとても効果が良いです。なぜなら、一度訪れたユーザーに対して広告の配信を行いながら、安い単価でアクセスを集めることができるからです。

さらに、コンバージョンしたユーザーを除外して広告を配信することができます。以前にご紹介した記事の「YDNサイトリターゲティングで効果を出すための簡単な3つの設定方法」でもご説明をいたしました。

今回は、問い合わせフォームとサンクスページが同一URLの場合、コンバージョンしたユーザーを除外してサイトリターゲティングを配信する方法をお伝え致します。

今までコンバージョンしていたユーザーに対して広告を配信してお悩みだったのであればすぐに改善することができます。広告費を抑えながらコンバージョン率がよくなることでしょう。

ぜひ、実践してください。

 

入力フォームとサンクスページが同じ場合のラベル機能設定方法

 

①Yahoo!プロモーション広告にログイン後、「広告管理:YDN」をクリックします。

20131126_1

②設定するアカウントを選択します。

20131126_2

③「ツール」をクリックします。

20131126_3

④「ターゲットリスト管理」をクリック

20131126_4

⑤「タグ表示」をクリックして表示されたタグををサンクスページ以外に設置します。

 20131126_5

⑥今回はお問い合わせフォームとサンクスページが同一URLの場合なので、サンクスページ専用タグを作成するために先ほどのタグにラベル名をつけて下記の様に修正します。

20131126_6

⑦この編集したタグをお問い合わせフォームとサンクスページが同一URLの場合にだけ、送信ボタンをクリックした後のページ内で遷移している箇所に設置します。

⑧そして、コンバージョンした人を除外して配信をする条件を作成します。
「ターゲットリスト追加」の「条件で設定」をクリックします。

20131126_7

⑨コンバージョンのターゲットリストを設定します。今回はお問い合わせフォームとサンクスページが同一URLなのでラベルでコンバージョンユーザーを判別するようにします。

 20131126_8

⑩「ターゲットリスト追加」の「組み合わせで設定」をクリックします。

20131126_9

⑪デフォルトリストからコンバージョンした人を除外する設定を行います。名前をつけて「ターゲットリスト作成」をクリックします。

20131126_10

⑫これで組み合わせ設定の完了です。

20131126_11

たったこれだけで設定は完了です。
ラベル機能を使う場合はタグを編集するので間違えのないようにしてください。

 

まとめ

通常であればサンクスページ専用にタグを作成する必要はありませんが、今回のようにお問い合わせフォームとサンクスページが同一URLの場合には少しだけ作業が必要になります。非常に稀なケースですが、今までコンバージョンを除外して配信していなかったのであればこの機会に実践してください。

 

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。