インスタグラム広告はFacebookから出稿できるの?また、Facebook広告との大きな違いはなに?

現在、月間アクティブユーザー数が2,000万人を超えているInstagramですがその勢いはまだまだ衰えることないですね。

媒体のユーザー数が増えると、企業が広告を出稿した際にターゲティングできる

ユーザーも増えるため、広告出稿を検討する企業も増加していく傾向にあります。

そんなInstagramですが、2012年にFacebook社に買収されたことは皆さんご存知でしょうか?

Facebook社がInstagramを買収したため、Facebookの広告出稿とInstagramの広告出稿はすごく似ています、今回はInstagramで広告出稿する際に準備するものとFacebook広告との違いをご紹介します。

1.Instagram広告の出稿方法

Instagram広告は前述したとおり、2012年にFacebook社に買収されているため、Facebook広告と同一プラットフォームで広告配信することが可能です。

まずは広告を出稿するためのアカウントが必要になります。

Facebook広告マネージャーという広告管理ツールがありますので、そちらで広告アカウントを作成します。

Instagram広告を実際に出稿する際に必要なものとして、Facebookページがあります。

FacebookページはFacebook上で作成することができます。広告出稿する際には必ず必要なので、事前に準備をしておきましょう。

Instagram広告なので、Instagramアカウントが必要かと思われますが、実はアカウントはなくても配信することができます。

しかし、Instagramアカウントを作成し広告出稿用のアカウントと連携させると下記のような利点がFacebookの公式ヘルプページで記載があります。

Instagramアカウントをおすすめしていますが、Instagramでの広告掲載には必要ありません。ただし、ビジネスマネージャに、またはページの設定からInstagramアカウントを追加しない場合、以下の点に注意する必要があります。

・利用者があなたのビジネスを簡単に特定できるよう、Instagram広告であなたのFacebookページ名と画像が使用されます。

・広告のコメントに返信することができません。

・InstagramのハンドルネームにはFacebookページ名が使用されます。ハンドルネームはグレーで表示され、クリックできません。Facebookページ名がInstagramのハンドルネームの文字数制限を超えている場合、「…」で省略されます。

(参照元)Facebook広告主向けヘルプセンター

2.Instagram広告とFacebook広告の違い

Instagram広告はFacebook広告と同一広告管理ツールから配信をすることができますが、それでは、Facebook広告との一番の違いはどこにあるでしょうか?

一番に考えられるところは、ターゲティングできるユーザーの質が異なります。

Instagramを利用しているユーザー層は20~30代の女性ユーザーが多いですが、Facebook広告は幅広いユーザーが利用していますが、主にビジネス目的で利用しているユーザー層が多いです。

そのため、広告出稿する商材によってはInstagram広告が合うのか、Facebook広告が合うのかが異なるため、慎重に検討した方が良いかと思います。

例えば、BtoB商材やビジネスセミナーなどは利用しているユーザー層の違いからInstagram広告ではなく、Facebook広告の方が合う傾向があります。

逆に若い女性がターゲット層であるコスメやアパレル系などはInstagram広告の相性が良い傾向があります。

ちなみにInstagramは女性が多いイメージですが、昨今では男性の若い世代のユーザー層も伸びてきているようです。

3.Instagram広告2つのメリット

Instagramの広告のメリットを簡単に紹介したいと思います。

①若年層や女性を中心にターゲティングできる

先程も記載したとおり、Instagram広告でターゲティングできるユーザーは他媒体に比べ若いユーザー、女性のユーザーが多い広告媒体となります。

②ターゲティングが細かくできる

Instagram広告では、年齢・地域・性別などといった他にユーザーの行動や興味・関心に基づいたターゲティングをすることができます。

上記に関しては、ユーザーのFacebook上のアクションなどを基にターゲティングされているため、他の広告媒体と比べ高精度と言われています。

Instagram広告ではカスタムオーディエンスといったターゲティングなどもすることができます。

カスタムオーディエンスとは、既存顧客や、リストとしてデータを所持しているユーザーリスト等のデータを活用し、それらのユーザーに配信することができるターゲティング方法になります。

カスタムオーディエンスを活用することにより、一度自社製品を購入したユーザーに再アプローチやイベントなどを行う時にすでに自社と接点のあるユーザーに対し、配信をすることができます。

Instagram広告では、上記のカスタムオーディエンスデータを基に、類似オーディエンスを作成することができます。

類似オーディエンスとはカスタムオーディンスの際に用いた顧客リストを基に作成される、顧客リストに類似しているユーザーリストになります。

Instagram広告では、類似オーディエンスを用いたターゲティングの精度が高く、活用できる場合はぜひ活用していただきたいターゲティング方法になります。

また上記に記載したInstagram広告のターゲティング方法ですが、Facebookも同様のターゲティングをすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はInstagram広告についてご紹介しました。

Instagram広告はまだまだ勢いがある媒体で、それはFacebook広告のユーザー数を超す勢いとなっております。

広告を出稿する商材によっては、とても相性の良い広告媒体なので、是非ご検討してみてはいかがでしょうか?


PC用電話

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。