最新版!!Facebook広告で利用できるキャンペーン目的一覧

Facebook広告のキャンペーン目的とは、広告の配信目的のことであり、「商品を売りたい」や「サイトに訪れてほしい」、「Facebookページにいいね!を押してほしい」など、広告を配信する目的を選ぶことができます。

でも、自分が配信しようと思っている目的が、いったいどのキャンペーン目的なのかよくわからないと感じてしまう人も少なくありません。

そこで今回は、Facebook広告のキャンペーン目的の種類はもちろん、設定の際の注意点や配信効果についてお話ししていきます。

これさえ見れば、キャンペーン目的選びで迷う事はなくなりますよ。

1.キャンペーン目的の種類

まずは、キャンペーン目的の種類とその概要を紹介します。

基本的にFacebook広告では、これらのキャンペーン目的に適したユーザーを中心に広告が配信されます。

キャンペーン目的 概要

目的に適したユーザーとはキャンペーン目的に適したユーザーとは、キャンペーンの目的を達成しやすいであろうユーザーの事になります。

例えば、
「コンバージョン目的であれば、コンバージョンしやすいユーザー」
「いいね!目的であれば、いいね!しやすいユーザー」
という形です。

 

2.キャンペーン目的の概要と効果~ブランドやビジネスの認知度アップ~

ここからは、各キャンペーン目的の概要と見込める効果についてお話ししていきます。

まずは、商品やサービスの認知度を上げる広告目的からお話ししていきます。

  • 投稿を宣伝
  • ブランドの認知度をアップ
  • Facebookページの宣伝

 

投稿を宣伝(投稿のエンゲージメント)

投稿を宣伝」では、Facebookページの投稿を広告として配信し、「いいね!」や「シェア」、「コメント」を獲得していく広告目的になります。

この広告の主な効果は次の3つになります。

  • Facebookページの評価UP
  • リマーケティングリストの獲得
  • コンバージョンの獲得

ただし、この広告単体では、なかなか売り上げに直結しないので注意が必要です。

 

ブランドの認知度をアップ(ブランドの認知度をアップ)

ブランドの認知度をアップ」では、ブランドに興味を持ってくれそうなユーザーに対して広告を配信することができます。

この広告では、名前の通り商品やサービス、ブランドの認知度を高める事ができます。

 

Facebookページの宣伝(ページへのいいね!)

Facebookページの宣伝」は、Facebookページへの「いいね!」獲得を目的とした広告で、ページのファンを増やすことができます。

この広告の主な効果は次の3つになります。

  • ブランディングができる
  • 投稿のリーチ数を増やすことができる
  • ページにいいね!をしたファンに対して広告が打てる

 

3.キャンペーン目的の概要と効果~新規カスタマーの開拓~

次は、お客さん(見込み客)を獲得するための広告についてお話ししていきます。

  • イベントの参加者を増やす
  • ビジネスのリードを獲得
  • 動画の再生数を増やす
  • アプリのインストール数を増やす
  • ウェブサイトへのアクセスを増やす

 

イベントの参加者を増やす(イベントへの参加)

イベントの参加者を増やす」では、セミナー等多くの人を集めたい時に使うキャンペーン目的になります。

Facebookページを使ってイベントを作成することができますが、広告を使わないと、「ページにいいね!をしたユーザーの一部」にしかイベントをアピールできないので、この広告を利用して多くのユーザーにイベントを告知していきます。

 

ビジネスのリードを獲得(リード獲得)

ビジネスのリードを獲得」は、リード(リスト,顧客情報)を集める事を目的とした広告になります。

この広告の主な効果は、次の2つになります。

  • Facebookに登録してある、名前とメールアドレスを取得できる
  • フォームへの入力が自動的に行われるので、ユーザーの手間が少ない

 

動画の再生数を増やす(動画の再生)

動画の再生数を増やす」は、テレビCMのFacebook版で、狙ったユーザーの商品やサービスに対する認知度を高める事を目的とした広告になります。

この広告の主な効果は次の2つになります。

  • 商品やサービスのブランディング
  • 期間限定商品の販売

 

アプリのインストール数を増やす(アプリのインストール)

アプリのインストール数を増やす」は、名前の通りアプリのインストール(ダウンロード)数を増やす事を目的としたキャンペーンになります。

そもそものアプリのインストール数を増やしたい場合は、この広告を利用します。
※アプリの利用数を増やす広告目的は次の章で紹介します。

 

ウェブサイトへのアクセスを増やす(ウェブサイトへの誘導)

ウェブサイトへのアクセスを増やす」では、HPやLPにユーザーを集める事を第一に考えた広告になります。

この広告の主な効果は、次の2つになります。

  • ユーザーの流入数の増加
  • 商品やサービスの購入・申込

 

4.キャンペーン目的の概要と効果~コンバージョンと売上のアップ~

最後に、売上を上げる広告についてお話ししていきます。

  • クーポンの取得を増やす
  • ウェブサイトでのコンバージョンを増やす
  • アプリのエンゲージメント数を増やす

 

クーポンの取得を増やす(クーポンの利用)

クーポンの取得を増やす」は、Facebookページで発行したクーポンを多くのユーザーに届ける事を目的とした広告になります。

この広告の効果は、「イベントの参加者を増やす」と同様で、Facebookページにいいね!をしてくれたユーザー以外にもクーポンを発行できます。

ただし、クーポンの発行はページのいいね!数が50以上ないと利用できないので注意が必要です。

 

ウェブサイトでのコンバージョンを増やす(コンバージョン)

ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」は、HPやLPの目的を達成するための広告目的になります。

直接、売り上げや成果に繋がるキャンペーン目的ですので、最も利用する広告目的になります。

 

アプリのエンゲージメント数を増やす(アプリのエンゲージメント)

アプリのエンゲージメント数を増やす」は、アプリの利用回数を増やすキャンペーン目的になります。

この広告の主な効果は、次の2つになります。

  • アプリの利用回数の増加
  • アプリの利用者数の増加

 

5.キャンペーン目的別の使用可能な掲載カ所と配信先

実は、キャンペーン目的に応じて、利用できる広告の形や配信先が異なります。

それらを一覧でまとめたので、広告出稿の際に確認してみてください。

キャンペーン目的別 掲載可能カ所
キャンペーン目的別 配信可能媒体

6.まとめ

今回は、様々あるキャンペーン目的の違いとその概要についてお話してきました。

今回、紹介していないキャンペーン目的がいくつかありますが、紹介できるだけの情報が集まり次第、共有していきますので、楽しみにしておいてください。

facebook広告完全ガイド

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。