LINE広告(LINE Ads Platform)の出稿に必要な審査のすべて

LINE広告 出稿 審査

2016年3月、LINEの運用型広告である「LINE Ads Platform」がリリースされましたが、広告審査が厳しいというイメージがあり、なかなか手が出せないでいませんか?

LINE広告の審査が通るか分からない、そんな不安を解消すべく、本日はLINE運用型広告の審査について解説をしていきます。

0.広告掲載不可の業種・商材

LINEの運用型広告であるLINE Ads Platform(LAP)では、そもそも広告掲載不可の業種・商材があります。

広告掲載不可の業種・商材をまとめましたので、本題に入る前にまずは確認してみてください。

※2017年7月現在、『エステ』『コンプレックス商材』『比較サイト』は掲載不可の制限が解除されております。

  • 宗教関連(魔除け関連、霊感商法霊視商法、神社仏閣等)
  • エステ(一部除く)
  • ギャンブル関連、パチンコ等(一部公営くじ除く)
  • アダルト(成人対象の性的な商品サービス等のアダルト全般、性的表現が扱われている作品サービス、児童ポルノを連想させるもの等の青少年保護育成上好ましくない商品サービス、精力剤、合法ドラッグ等)
  • 出会い系(インターネット異性紹介事業、結婚相談、お見合いパーティー等)
  • 無限連鎖講、MLM
  • 探偵業
  • 家政婦、介護サービス
  • たばこ、電子タバコ
  • 産経用品(避妊具、女性用体温計等)
  • 武器全般、毒物劇物
  • 政党
  • 公益法人、NPO/NGO、社団法人(一部除く)
  • 生体販売
  • 葬儀葬祭業
  • 医療系、美容整形系、ホワイトニング、病院・クリニック、特定疾患の啓蒙サイト
  • 医薬品、医療機器の場合で、LINE公式アカウントのNG商材にあたるもの
  • 消費者金融(一部除く)
  • 不動産投資、金融投資、FX
  • 質屋
  • クラウドファンディング
  • オークション、入札権購入型オークション
  • マッチングサイト(一部除く)
  • ポータルサイト、掲示板
  • アフィリエイトサイト
  • 情報商材
  • ポイントサイト(ポイントサービスを主体としたサイト)
  • 弊社競合サービス(メッセンジャーアプリ、SNSアプリ、ニュースキュレーション、ゲーム、音楽アプリ等)

1.LINE Ads Platformの審査の仕組み

LINE Ads Platform(LAP)の審査は、主に次の2つ視点で行われます。

  • アカウント開設審査
  • クリエイティブ審査

それぞれ審査内容や注意点が多いので、アカウント開設とクリエイティブ審査に分けて、次の章から詳しくご紹介していきます。

また、アカウント開設の前に、掲載可否だけを先に確認する方法もあります。

広告主名やサイトのURL等の簡易情報だけで、まずはLINE広告へ出稿できるかどうかだけを審査することも可能です。詳細はお問い合せください。

2.アカウント開設時の審査

LINE Ads Platform(LAP)で広告を配信するためには、まずアカウントを作る必要がありますが、アカウントを作れるかどうかの審査があります。

アカウント開設時の審査については、次の2つのポイントを押さえておけば大丈夫です。

  • 必要項目の内容
  • 審査内容
  • 審査時間

必要項目の内容

アカウント開設の際に必要な項目は、次のようになっています。

【アカウント開設審査に必要な項目】
========================================
広告主名:
代理店名:
代理店アカウント名:
商材正式名称:
広告主コーポレートサイトURL:
商材公式サイトURL:
LP URL(出稿予定URL全て):
配信希望面
掲載可否審査:未/済
————————————————————
配信予定期間:
LINE ID:
SDKを使用した効果測定有無:有(SDK名)/無
LINE Ads Platform利用規約:合意する/無合意しない
クライアント発注意思確認:済/無未
————————————————————
LINE@ダミーアカウント発行:希望する/希望しない
a.アカウント名
b.アカウントアイコン画像
c.ホームカバー画像
d.アカウントページカバー画像
e.アカウントページ紹介文
========================================

~ライン公式アカウントかLINE@アカウントは必須~

申込時にLINE公式アカウント⼜はLINE@を持っていない場合、LINE@ダミーアカウントが発行されます。

ただし、過去にLINE@ダミーアカウントを発⾏済みの場合はそのアカウントを利⽤する必要があります。

審査の内容

アカウントの審査に関しては、LINE側で総合的に判断をしています。

詳細情報は公開されていないのですが、会社の売上規模や従業員数といった、社会的な信用度も加味していると言われており、弊社の感覚ではGoogle AdWordsやYahoo!プロモーション広告と比較すると、審査が厳しいと感じています。

実際、弊社へ運用のご相談をいただいている案件でも、開設審査に落ちてしまっているアカウントは多数あります。

ただし、ここ最近は審査基準が緩和されてきているとも感じていますので、今後利用できるアカウントが増える可能性はおおいにあります。

審査時間

アカウント開設の可否を決める審査は、早ければ数日で終わります。

ただ、審査結果が出るまで1~2週間ほど時間がかかってしまうというのはざらにありますので、ある程度余裕をもってアカウント作成をする必要があります。

また、弊社の感覚値にはなってしまいますが、審査結果が2週間たってもわからない場合は、審査落ちしているケースは非常に多い気がします。

3.クリエイティブの審査

アカウント開設の審査に通った後は、広告で配信するクリエイティブに対して審査が入ります。

広告入稿後、2~4営業日で審査が完了となり、審査結果は管理画面から確認をすることが出来ます。

クリエイティブの審査には細かいルールがありますので、ルールを守れば基本的に審査に通るはずです。

クリエイティブのルールは大きく次の3つになります。

  • 表現のルール
  • 記号のルール
  • テキスト量のルール

《表現のルール》

  • 広告の主体者の明示
  • LINEコンテンツと混同または誤認する可能性のある表現の禁止
  • ダブルスポンサーの広告の禁止
  • 特定商材・サービスの訴求(特定の商材やサービスを1つだけを取りだって訴求をすることは、「広告主が自社製品・自社サービス等の商材を訴求する場合」のみ認められます)
  • 遷移先の制限(アカウントやクリエイティブと直接関係のないページへリンクすることはできません)
  • 記事体LP(オウンドメディア以外の記事体LPは禁止といたします(Hike Networkについては記事体LPも利用可能です))
  • アンケート形式のLP(LP内に会社情報(会社名・会社所在地)の記載をして頂くか、リンク先で確認できるようにして下さい)
  • スマートフォンで操作閲覧できないページへ遷移の禁止
  • ユーザーが誤認や誤操作を行う可能性のある表現の禁止
  • ユーザーが不快と感じる可能性のある表現の禁止
  • 不当表示に抵触する可能性がある表現(紹介する商品サービスの内容が事実より良いと誤認させる「優良誤認表示」や、実際よりも安いと誤認させる「有利誤認表示」が含まれる表現は掲載できません)
  • 最大級・NO1、最大級類似表現(クリエイティブ内にデータの出典元調査機関名および調査年が明記され、正確な引用であることが条件となります)
  • 投機心や射幸心を煽る可能性のある表現(通貨およびそれに類似するものを連想させる、金銭の授受を直接的かつ過度に連想させる表現は禁止いたします)
  • 業界の自主基準、公正競争規約等の遵守
  • 会員登録等による個人情報の取り扱いに関する表現(広告主様のサイトへ遷移させサービスや商品への登録を促す内容を訴求する場合、遷移先がLINEと無関係である旨が視覚的にわかるようご配慮ください)
  • 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の遵守

《記号のルール》

LINE広告 出稿 審査1

【記号使用および表現のルール】

  • 許可されている記号においても、意味不明な文字の羅列、装飾的な使用、顔文字など、本来の記号の使用用途どおりに正しく使われていない場合は不可
  • 許可されている記号においても、同種の記号の連続使用は不可
  • 文頭・文末など不適切な位置でのスペースの使用は不可
  • 括弧は同種の開き括弧と閉じ括弧を1組として使用しなければ不可
  • 特殊文字(機種依存文字)の使用は不可
  • 日本語として文法に誤りや誤字脱字が無く、全体として意味不明な内容の広告文になっていないこと
  • 通貨記号については配信国によって現地の通貨記号を許容するものとする

《テキスト量のルール》

クリエイティブで使用する画像に関しては、テキストを含まないデザインが推奨されています。

また、テキストを含む場合は全体領域の20%以内という制限があります。

※画像を5×525分割し、テキストがボックス5個以内であれば掲載可能。
ロゴはテキスト対象外

LINE広告 出稿 審査2参考:公開資料 | LINEアドセンター
http://ad-center.line.me/mediaguide/
LINE広告はユーザーのタイムライン上に出るインフィード型の広告になりますので、フィードに馴染むデザインを意識して画像を用意しましょう。

~テキスト量は事前に確認できる~

画像内のテキスト量が基準に満たしているか、管理画面から事前に確認する方法があります。

LINE広告 出稿 審査3グリッドツール
https://ui.mtburn.com/tools/gridtool.html

使用したい画像をグリッドツール上にアップロードすると、画像が25分割された状態でプレビューをすることが出来ます。

テキストが含まれているボックスにチェックを入れることで、基準をオーバーしていないか事前に確認をすることが出来ます。

4.クリエイティブ審査結果の確認方法

クリエイティブの審査結果は管理画面から確認ができます。

審査に落ちている場合は、審査落ちの理由もここから確認できるようになっております。

クリエイティブをクリックすると以下の画面が出てきます。

LINE広告 出稿 審査4

広告入稿後は、審査結果は必ず確認するようにしましょう。

5.まとめ

今回はLINE広告の審査についてご紹介をいたしました。

アカウント開設のハードルがやや高い印象がありますが、今後審査基準が緩和する可能性もありますので、出稿を検討している場合はまずはアカウント開設の審査からトライしてみるといいでしょう。

LINE広告 出稿 審査

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。