運用型LINE広告(LINE Ads Platform)のセグメントとターゲティング手法

LINE広告 セグメント

2016年6月からLINEの運用型広告であるLINE Ads Platform(LAP)がスタートしました。

LINE Ads Platformは、これまであったLINE@とは異なり、リスティング広告やFacebook広告のように、広告費を使う事で多くのユーザーにアプローチできる、運用型のLINE広告になります。

LINE Ads Platformでも、リスティング広告やFacebook広告と同じように配信するターゲットを設定する事ができ、ターゲティング手法もいろいろあります。

今回は、LINE Ads Platformで使用できる、「セグメント」と「ターゲティング」についてご紹介します。

1.LINE Ads Platformの広告配信先は?

LINE Ads Platformでは、LINEの「タイムライン」や「LINE NEWS」、「Hike Network(ハイクネットワーク)※」に配信可能です。
※「Hike Network」では、LINEが提携している1000位上のメディアの広告枠に広告を配信することが出来ます。

LINE内
LINE広告 費用1参照元:LINE Ads Platform / Hike Network 媒体資料 2017年7-9⽉ ver. 1.0

Hike Network(LINE外)
LINE広告 費用2参照元:LINE Ads Platform / Hike Network 媒体資料 2017年7-9⽉ ver. 1.0

2.LINE Ads Platform広告のセグメント

LINE Ads Platformのセグメントは、リスティング広告やFacebook広告で言うところのリストになります。

URL単位で様々なリストを作成する事ができ、このリストをターゲティング設定に活用するようなイメージになります。

3.LINE Ads Platformで使える3つのターゲティング手法

LINE Ads Platformで使えるターゲティング手法は大きく次の3つであり、これらは組み合わせる事も可能です。

  • 掲載面によるターゲティング
  • 属性によるターゲティング
  • セグメントターゲティング

掲載面によるターゲティング

LINE Ads Platformは、LINEとLINEと提携しているメディア(Hike Network)に広告を配信する事ができます。

また、LINEの中でもタイムラインやLINE NEWSに広告を配信できるので、掲載面を使い分けることでターゲティング設定できます。

属性によるターゲティング

LINE Ads Platformでは、「年齢・性別・地域・興味関心・配信先デバイス」で属性を分ける事ができます。

このオーディエンスデータは、実際にユーザーが登録した正確なデータをもとにしたものではなく、「スタンプの購入」「友達登録」など、ユーザーがLINE内でとった行動履歴をもとに類推した「みなし属性」になります。

年齢・性別・地域・興味関心は、下記になります。

LINE広告 セグメント1※上記画像は、LINE_Ads_Platform_機能説明資料_v6から引用

また配信先デバイスは、次の項目から選択する事ができます。

LINE広告 セグメント2※上記画像は、LINE_Ads_Platform_機能説明資料_v6から引用

セグメントターゲティング

先ほどご紹介したセグメント(リスト)を使ってターゲティングを行います。

セグメント(リスト)に対して広告を配信する事はもちろん、特定のセグメント(リスト)を除いた配信も行えます。

LINE広告 セグメント3※上記画像は、LINE_Ads_Platform_機能説明資料_v6から引用

また、作成するセグメント(リスト)の有効期間は、1日~180日で指定することができ、この期間指定出来る機能のことを「リーセンシー機能)と言います。

4.まとめ

LINE Ads Platformはサービス開始以来、出稿条件も緩和されてきており、今後も多くの企業が広告出稿することが予想されます。

FacebookやTwitterでは、カバーしきれないユーザー層に対してもリーチすることが期待出来る為、すでに他のSNS広告をやっている企業でも、新たな顧客獲得の施策として検討してみてはいかがでしょうか?

LINE広告 セグメント

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。