WEB広告で記事LPを導入し、CVRを改善した成功事例を紹介!

リスティング広告 ノウハウ

記事LPって聞いたことありますか?

徐々に一般的になりつつあるランディングページの作成手法ですが、具体的な活用方法や、事例などは聞いたことがない方が多いと思います。

今回は、私が実際に運用していて、記事LPを導入し成果を改善した一例を紹介します。

導入に至った経緯や、導入後の活用方法なども紹介していきたいと思います。

1.記事LPとは?

記事LPとは、広告と本LPの間に挟む記事風のLPです。

本LPでは訴求しきれない部分を補足することができ、より、ユーザーに商品の魅力を伝えることが出来ます。

リスティング広告 ノウハウ1

記事LPについての詳細は、下記の記事を読んでみて下さい。

【記事LPとは?】記事LPの概要と魅力、作成方法のまとめ

2.記事LPを導入した経緯

今回、紹介する事例は「専門学校の資料請求」です。

記事LPを作成する前に、リスティング広告や、Facebook広告で、様々な配信手法を実践しました。

その中で最も成果が良かったのが、GDNの「プレースメントターゲット」です。

商材に関する情報が掲載されている、読み物コンテンツが充実したサイトの広告枠を指定し、広告を配信しました。

その結果、検索広告や、リマーケティング広告では10,000円前後だったCPAが、プレースメントターゲットでは半分以下の4,169円に改善しています。

リスティング広告 ノウハウ2

検索広告では、コンバージョン率が2.46%ですが、プレースメントターゲットでは、コンバージョン率が3.65%と良い成果がでています。

いくつかサイトを指定して配信しましたが、コンバージョン率が5%を超えるサイトもいくつかありました。

プレースメントターゲットは、指定するサイトの閲覧数によって、広告の配信量も左右されるので、サイトの選定が重要となります。

閲覧数が多く、コンテンツが充実しているサイトでは、良い成果が期待できるので、是非試してみて下さい。

リスティング広告 ノウハウ3

各サイトで、商材に関する記事を読み、既に比較検討フェーズに入っているユーザーが広告をクリックし、流入していると考えられます。

そのため、質の高いクリックが集まり、高いコンバージョン率が出ていると仮説を立て、LPだけで同様の訴求が出来る記事LPの導入に至りました。

3.記事LPを導入した結果

商材に関するメリットや、効果を伝えられる記事LPを作成し、リスティング広告、Facebook広告で、本LPと記事LPでABテストを実施しました。

その結果が下記となります。

媒体 本LP 記事LP
CVR CPA CVR CPA
Google検索 2.06% 13,214 2.14% 12,684
GDN 0.59% 8,465 0.74% 6,800
Yahoo検索 1.47% 12,654 1.46% 12,711
YDN 0.36% 12,111 0.51% 8,422
Facebook 0.68% 19,224 1.30% 9,981
合計 0.73% 12,320 0.94% 9,642

※現在はGoogleの審査が厳しくなっており、配信できておりません。Yahoo、Facebookでは現在も配信しております。

検索広告では、本LP、記事LPで大きな差は出ておりませんが、ディスプレイ広告、Facebook広告では、CPA、CVRを大幅に改善する事が出来ました。

潜在層へのアプローチに効果が高く、まだ関心の低いユーザーに商材の魅力を丁寧に伝えることでCVRが改善しています。

4.記事LPと本LPの使い分け

記事LPと本LPのABテストの結果を踏まえ、媒体別に配信先を選定しました。

主に顕在層には本LP、潜在層には記事LPで配信を行いました。

《検索広告》
キーワードに応じて配信先を変更

  • 関心の高いユーザーが検索するキーワード → 本LP
  • 関心の低いユーザーでも検索するキーワード → 記事LP

《ディスプレイ広告》
プロダクトに応じて配信先を変更

  • プレースメントターゲット → 本LP
  • リマーケティング → 本LP
  • サーチターゲティング → 記事LP
  • インフィード → 記事LP

《Facebook広告》
カルーセル広告でバナー別に配信先を変更
バナー別に配信先を変更する事で、本LPのCVRも改善する事が出来ました。

各媒体で、リンク先のテストを繰り返すことで、配信先の最適化を図っています。
記事LP、本LPを併用した結果が下記となります。

媒体 本LP 記事LP 併用
CVR CPA CVR CPA CVR CPA
Google検索 2.06% 13,214 2.14% 12,684 2.58% 10,555
GDN 0.59% 8,465 0.74% 6,800 0.89% 5,645
Yahoo検索 1.47% 12,654 1.46% 12,711 1.79% 10,385
YDN 0.36% 12,111 0.51% 8,422 0.56% 7,657
Facebook 0.68% 19,224 1.30% 9,981 1.54% 8,457
合計 0.73% 12,320 0.94% 9,642 1.11% 8,145

※現在はGoogleの審査が厳しくなっており、配信できておりません。Yahoo、Facebookでは現在も配信しております。

本LPのみでの配信と比較すると、全体で、CVRが1.5倍、CPAが1/3程改善しています。

媒体や、配信手法によって相性が異なり、本LP、記事LPを併用する事で、より成果を上げることが出来ました。

5.まとめ

今回は、WEB広告での記事LPの有効的な活用方法について紹介しました。

記事LPは商材によっては向き、不向きがあると思いますが、相性の良い商材だと大幅に成果が上がる可能性があります。

今回紹介したように、閲覧数が多い有用なサイトがあれば、プレースメントターゲットを一度試してみるのも良いと思います。

記事LP導入後もテストを繰り返すことで、より成果を上げることが出来るので、細かく設定を行い、最適化していきましょう。

リスティング広告 ノウハウ

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。