2016年に変更されたリスティング広告の2つの新機能のまとめ

リスティング広告 新機能 2016

リスティング広告は日々新しい機能がリリースされています。

2016年も主に2つの機能がリリースされ、リスティング広告の幅が広がっています。

今回は、そんな2016年に追加された新機能について、改めてまとめてみました。

1.2016年に発表されたリスティング広告の2つの新機能

早速ですが、2016年に変更された新機能についてご紹介していきます。

1-1.拡張テキスト広告

拡張テキストはGoogleでは2016年7月に、Yahooでは同年10月にリリースされました。

以前のテキスト広告よりも入稿できる文字数が増加し、クリック率も高い傾向にあります。
※現在は、拡張テキストのみ入稿可能となっております。

【通常のテキスト広告】

旧テキスト

【拡張テキスト広告】

拡張テキスト

1-2.デバイス別単価調整

デバイス別単価調整はGoogleでは2016年8月に、Yahooでは同年10月にアップロードされました。アップロードする前よりデバイス毎の調整が楽になり、タブレットの単価調整も可能になりました。

単価調整

2.拡張テキスト広告

拡張テキスト広告は、簡単に言いますと、通常のテキスト広告よりも多くの文字を入れることが可能な広告です。通常のテキスト広告と似ていますが、いくつか異なる点があります。

【変更されている主な点】

➀見出し(タイトル)の数が1つではなく2つある。
➁広告文は2つに分かれず1つになっている。

拡張テキスト2

2-1拡張テキスト広告のメリット

拡張テキストの主なメリットは下記の2点となっています。

➀入稿できる文字数が多いため、多くのことを訴求できる点
➁広告文よりもユーザーの目を引きやすい見出しの文字数が増えた点
※広告文よりも見出しの方が文字のサイズが大きいため

通常のテキスト広告と拡張テキスト広告を実際に比較してみましょう。

【通常のテキスト広告】

旧テキスト

【拡張テキスト広告】

拡張テキスト

上記2つの広告を比較した場合、拡張テキストの方が見出しの文字数が多いので、多くのことをユーザーに訴求することができます。

以前の形式では、「継続率は驚異の94%」という文言が、文字数の関係で見出しに挿入することでが出来ないため、広告文に挿入していました。

広告文はユーザーの目に止まれば、効果を発揮しますがパッと見た際に、広告文よりも先に見出しに目が行きます。こうした理由から、クリック率が上がりました。

3.デバイス別単価調整

デバイス別単価調整とは、デバイスごとに行う入札単価調整のことです。デバイス別単価調整はキャンペーン単位、広告グループ単位の2通りで設定することができます。

昨年のアップロードで、入札単価調整で設定可能な範囲が拡張されました。

アップロード前:-90%~300%
アップロード後:-90%~900%

※単価調整比を「-100%」に設定しますと、そのデバイスに広告が表示がされなくなります。

3-1デバイス別単価調整のメリット

キャンペーン単位で設定した場合は、下記のメリットがあります。

➀データの蓄積が速い
➁個別に調整を行う場合と比較すると、設定の更新や調整後のデータ分析の手間が少ない

3-2デバイス別単価調整のデメリット

設定後はデバイスにより配信の偏りが生じる可能性が高いため、その後の経過を確認する必要があります。

4.設定方法

最後に、各種設定方法を簡単にご紹介していきます。

4-1拡張テキスト広告の入稿方法

次は拡張テキスト広告の入稿方法について解説していきます。

■Googleの場合

➀キャンペーン、広告グループの入稿が完了しましたら、左下の「広告」タブをクリックします。

拡張1

➁次に、「拡張テキスト広告」タグをクリック後、「+拡張テキスト広告を追加」をクリックします。その後、タイトルや広告文など各種項目を埋め完了です。

拡張2

■Yahooの場合

キャンペーン、広告グループの入稿が完了しましたら「広告」タブをクリック後、
タイトルや広告文など各種項目を埋め完了です。

拡張3

4-2デバイス別の単価調整方法

■Googleの場合

「設定」タグをクリック後、「デバイス」タブをクリックします。

単価1

 

単価2 単価3

■Yahooの場合

「ターゲティング」タグをクリック後、「デバイス」タブをクリックします。

単価4 単価5

5.まとめ

改めて、2016年に発表された2つの機能についてまとめておきます。

2016年に発表された2つの新機能

➀拡張テキスト広告
メリット1:入稿できる文字数が多いため、多くのことを訴求できる点
メリット2:広告文よりもユーザーの目を引きやすい見出しの文字数が増えた点

➁デバイス別単価調整
メリット1:データの蓄積が速い
メリット2:設定の更新や調整後のデータ分析の手間が少ない

今後も日々、新機能が発表されますので、情報収集は欠かせないようにしましょう!

無料PDF
リスティング広告 新機能 2016

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。