サイトリンクの概要と設定方法のまとめ

クリック率がなかなか良くならない。。。そんなときに確認して欲しいことがあります。

「サイトリンク」を設定していますか?

もしかしたら、サイトリンクを設定することでクリック率が改善されるかも。

設定は簡単ですので、もし設定していないなら、すぐに設定することをおすすめします。

今回はサイトリンクを設定するメリット・設定方法についてご紹介します。

ヤフーでは、「クイックリンクオプション」と呼ばれていますが、今回はグーグルに絞ってお話しします。

1:サイトリンクとは

サイトリンク表示オプション(以下サイトリンクと呼びます)とは、通常の広告のURLに加えて、サイト内の別のページへのリンクを広告の下に表示する機能です。

例えば、「海外旅行 おすすめ」と検索したときに、広告の下にあるのが、サイトリンクです。

テキストで使用できる文字数は半角で25文字、全角で12文字以内です。

一度に表示されるサイトリンクの数も決まっています。

Google:パソコンでは2~6個。スマートフォンでは最大4個。

2:サイトリンクを設定するメリット

サイトリンクを設定すると、広告の面積が広がり、ユーザーの目を引きます。

そのため、クリック率が上がるケースが多いです。

また、ユーザーのニーズに合わせたURLを設定することで、ユーザーを効果的にサイトへ誘導できます。

クリック率が上がれば、コンバージョンにつながる可能性も増えますので、是非設定することをおすすめします。

3:サイトリンクの設定方法

サイトリンクの設定方法をご紹介していきます。

まず、「広告表示オプション」をクリックします。

表示オプションの中から、「サイトリンク表示オプション」を選択します。

サイトリンクはアカウント、キャンペーン。広告グループ単位での設定ができます。

今回はアカウントに設定する場合を説明しますので、アカウントの表示オプションが選択された状態で、「+広告表示オプション」をクリックします。

「+新しいサイトリンク」をクリックします。

リンクのテキスト、URLを入力して、「保存」をクリックします。

※モバイル向けの設定もできますので、是非お試しください。また、キャンペーン・広告グループ単位も同様に設定しますので、アカウントの状況に応じて使い分けましょう。

4:サイトリンクの注意点

サイトリンクも広告と同様に、審査が承認になってから表示されるようになります。

そこで、入稿したサイトリンクが不承認となることがありますので、審査結果は確認しましょう。

不承認となるケースとしては、広告のドメインと一致しないURLや、複数のサイトリンクに同じURLを割り当てる場合などがあります。

また、注意してほしいのは、サイトリンクを設定したからといって、必ずしも表示されるわけではありません。

サイトリンクが表示されるにはいくつか条件があります。

キーワードの品質と上限クリック単価、広告の掲載順位、広告とサイトリンクの関連度、検索語句等によって掲載されますが、明確な数字は公開されていません。

そこで、できるだけサイトリンクオプションの表示機会を増やすには、できるだけ多くのサイトリンク(別々のリンク先)を設定しましょう。

そして、キーワードの品質スコアを改善しましょう。

5:まとめ

サイトリンクが表示されるのに条件はありますが、広告の面積が増えることで、クリック率が上がるケースが多いので、是非お試しください!

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。