これさえ読めば大丈夫!リスティング広告のアカウント構成について

リスティング広告を運用するとき、アカウントはどのような構造になっているか理解する必要があります。

今回、この記事では下記のことを学ぶことができます。

1.リスティング広告のアカウントを構成する要素

リスティング広告のアカウントは下記の4つで構成されています。

アカウント 構成

➀キャンペーン
➁広告グループ
③キーワード
④広告

アカウントの中には、1つまたは複数のキャンペーンがあり、
そのキャンペーンの中には、1つまたは複数の広告グループがあります。

また、広告グループの中には、キーワードと広告があります。

イメージ的には、キャンペーンという一番大きな箱の中に、
広告グループという中ぐらいの箱が入っており、その中にキーワードと広告が入っている感じを想像すると理解しやすいかもしれません。

2.要素ごとの役割

➀キャンペーン

キャンペーンでは、1日に使用できる予算を設定したり、スケジュールの管理ができます(配信開始日や終了日を設定できる)。また配信するデバイスを指定したりもできます。

➁広告グループ

広告グループでは、キーワードの入札単価の調整などができます。

③キーワード

リスティング広告ではアカウントの「核」となる部分です。
簡単に言いますと、設定されていたキーワードが、検索された時に広告が表示される仕組みとなっています。

④広告

広告では、広告をクリックしたユーザーが移動するWEBページを設定したり、
広告のタイトルや説明文を設定します。

3.アカウントの構成の例

これまでリスティングのアカウント構成について説明してきましたが、
何となくイメージができたでしょうか?

では実際にアカウントの構成例を見てみましょう!

アカウントを構成する場合は、まずキーワードの選定を行います。
キーワードを選定する際は下記のパターンと参考にしてみると良いと思います。

➀社名やブランド名のキーワード

→社名やブランド名で検索してくれるユーザーは、最も商品を購入してくれる可能性が高いです。

➁競合他社名のキーワード

→自社と似たような商品を販売している企業を検索するユーザーも商品を購入する可能性があります。

③商品やサービスを表すキ-ワード

→商品やサービス内容を検索するユーザーも商品を購入する可能性があります。
【例】商品:ダイエットサプリ
キーワード:「ダイエットサプリ」、「痩せる」など

例えば、サッカーシューズを販売する場合ですが、
上記➁の場合ですと、スポーツ商材を販売しているメーカー名を使用したキーワードを設定することで、成果が見込めます。

商品:サッカーシューズ
キーワード:「サッカーシューズ ミズノ」。「サッカーシューズ アディダス」など

上記③の場合では、商品名、そのサービス内容のキーワードを設定することで成果が見込めます。

商品:サッカーシューズ
キーワード:「足が速くなる」。「サッカーシューズ 選び方」など

4.アドリスが行っている入稿方法

【1広告グループ1キーワード】

1広告グループ1キーワードとは、1つの広告グループに1つのキーワードしか入れないことです。

メリット:➀広告の品質を上げる
➁狙ったユーザーに訴求ができる

デメリット:入稿や手間がかかる

アドリス式アカウント構造

5.まとめ

今回は、リスティングのアカウントの構成について解説しました。
もう一度、要点をまとめますと下記になります。

・アカウントは4つの要素から成り立っている。
➀キャンペーン
➁広告グループ
③キーワード
④広告

・キーワードを選定する際は、社名やブランド名、似たような商品を販売している競合他社名のキーワードを行った方が良い。

これはリスティング広告を運用していく上で、理解しておくべき基本的な知識となります。リスティング広告のアカウント構成は理解できたかと思いますので、これを機に自分なりのアカウントを構築を目指してみてはいかがですか。

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。