リスティング広告で重要なランディングページで意識すべきポイント5つ

リスティング広告 ランディングページ

インターネットを使うほとんどのユーザーが利用するGoogleやYahoo!などの検索エンジンに出稿できるリスティング広告は、Webにおける最もスタンダードな広告の一つです。

リスティング広告を出稿している企業は多くいますが、実際に成果を上げることはなかなか簡単なことではなく、中でも広告をクリックした人が訪れるランディングページの作成や改善に頭を悩ます担当者も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、ランディングページについてまとめてみました。

この記事では、リスティング広告で使うランディングページの作成改善において重要な5つのポイントについてご紹介します。

0.ランディングページって何?

ランディングページとは、「LP」とも呼ばれており、ユーザーがリスティング広告をクリックしたときに表示されるリンク先のWebページの事です。

しかし、今は一つの商品やサービスを売るための1枚の長いWebページの事を指します

ランディングページとは

もちろん、リスティング広告をクリックした際に遷移するページにはどんなサイトやページでも指定できるのですが、上記のような長いページを作って設定することが非常に多い為、今ではランディングページ=1枚の長いページと呼ばれています。

リスティング広告で飛ばすランディングページを作ることによって、よりユーザーのニーズに合致した情報を開示することができ、広告効果のアップが期待出来ます。

1.ランディングページで重要なポイント5つ

ランディングページを作成、改善するにあたって、下記のようなポイントを意識すると良いでしょう。

  • ポイント①ファーストインプレッションで「伝える」ことを意識する
  • ポイント②信頼できる情報である事を分かりやすく示す
  • ポイント③行動を促す具体的なインセンティブを与える
  • ポイント④ユーザーにとってのメリットを開示する
  • ポイント⑤ページの読み込み速度を上げる

ポイント①ファーストインプレッションで「伝える」ことを意識する

これはユーザーがランディングページに遷移してきた際、最初の数秒間で「このページにはあなたの求めるものがあります」という事が伝わるページにするということです。

広告をクリックし、ランディングページを訪れたユーザーは、最初の数秒間で目に入った場所、ファーストインプレッションでそのランディングページを判断します

この数秒間に、「なんか違うな…」と思われてしまうと、そのランディングページはすぐに閉じられて見向きもされなくなってしまいます。

そのため、「資料請求」「見積もり」などユーザーが求めているアクションや情報を、スクロールしなくても見えるところに目立つボタンというような形で設置することが大切です。

ファーストインプレッション

ポイント②信頼できる情報である事を分かりやすく示す

この情報は十分信頼出来るものだという事を証明する為に、利用者のレビューを載せたり、メディア掲載情報を記載し、信頼性をアピールすると良いでしょう。

ソーシャルメディアなどの普及が進み、幅広い世代でインターネットリテラシーが向上している中、ユーザーがその情報の信頼性を重視するようになってきています

ユーザーが「このサイトはなんだか怪しいな」と感じれば、さらなるアクションを引き出すことは難しくなってしまいます。

信頼できる情報である事を分かりやすく示す

ポイント③行動を促すインセンティブを与える

ランディングページを見ているユーザーが興味を持ってくれたものの、次のアクションに至るまでの「あと一押し」が足りずに離脱してしまうケースはよくあります。

そんなユーザーに対し「あと一押し」ができるかどうかでランディングページの良し悪しは大きく変わってきます。

例えば、「期間限定キャンペーン実施中」や、「今だけ〇円!」などの要素を盛り込むことで、コンバージョンを一つ生み出すことが出来るかもしれませんよ。

行動を促すインセンティブを与える

ポイント④ユーザーにとってのメリットを提示する

ユーザーの心をつかむには、「売り手」側ではなく「買い手」側の気持ちになることが重要です。

つまり、「こんな機能があります」「こんなことも出来ます」というおすすめではなく、買い手目線から見たメリットを提示することが重要になります。

例えば、今まで「まとめて資料請求ができます」と謳っていたのであれば、「あなたに最適な保険プランが見つかります」といった具合に、文言の目線を変えてみます。

「まとめて資料請求ができる」というのは単なる機能の説明の域を出ませんが、「最適な保険プランが見つかる」というのは、ユーザーのベネフィットを意識した「ユーザー第一」のメッセージだと言えます。

ユーザーにとってのメリットを提示

ポイント⑤ページの読み込み速度を上げる

ページが素早く読み込んでくれるかどうかは意外と大切なことです。

経験がある方も多いのではと思いますが、見たいページの読み込みが遅かった場合、読み込み終わるより前に離脱してしまうユーザーは少なくありません

これではいくらランディングページを丁寧に作りこんだとしても意味がなくなってしまいます。

最近はスマートフォンやタブレットが普及し、どこからでもアクセス出来、Wi-Fiやモバイルネットワークなどいろんな方法でアクセス出来ますので、ページの軽量化はもはや必須となりつつあります。

ページの読み込み速度を上げる

2.まとめ

いかがでしたでしょうか。

リスティング広告において、ランディングページの出来は最終的な広告効果を大きく左右する非常に重要な要素です。

ランディングページを効果的なものにするためには、細かい部分にまで気を払いつつ、改善を繰り返していく作業が必要になります。

リスティング広告を出稿する際は、ぜひこの記事でご紹介した5つのポイントを意識しながら、効果的なランディングページを作り上げてください。


PC用電話

無料PDF
リスティング広告 ランディングページ

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。