ショッピング広告の4つの特徴と上手に使う3つの活用方法

みなさんショッピング広告(旧:商品リスト広告)はご存知でしょうか。

従来のテキスト広告とは違い、画像を掲載することが出来る広告であり、費用対効果が非常に高いという事で、最近は多くの企業がショッピング広告を取り入れております。

今回は、そんなショッピング広告の特徴や活用方法をご紹介していきます。

1.ショッピング広告とは

ショッピング広告とは、商品画像を含んだ広告が検索結果に表示される広告の事で、Googleアドワーズ広告のプロダクトの1つになります。

例えば、「ソファー 黒」で検索した場合、次のような形で、ショッピング広告が表示されます。

ショッピング広告は、検索広告とは違い商品画像を含んだ広告を表示させることができるため、ユーザーに多くの情報を伝えることができ、購買意欲が高いユーザーだけをサイトに呼び込むことが出来る広告となっています。

ショッピング広告は、次の3つの場所に掲載れます。

  • Google検索(検索結果のテキスト広告とは別に表示されます)
  • Googleショッピング(一部の国のみ)
  • 一部の国ではYouTubeと画像検索を含む、Google検索パートナーのウェブサイト
    ※Adwordsヘルプから

冒頭で、検索画面に表示されるキャプチャをご紹介しましたが、Googleショッピングで検索した際には、次のように表示されます。

Googleショッピングでも検索結果同様に、商品画像,商品,価格などが表示出来るので、ユーザーは商品に対しての理解度が高くなってから広告をクリックするため、購買意欲が高いユーザーだけを集めることが出来ます。

ショッピング広告の出稿方法は?

ショッピング広告を利用するには、Google Merchant Centerでの商品登録とGoogle Adwordsでのキャンペーン作成が必要になります。
※Google Merchant Centerについてはこちら「公式ページ

ショッピング広告は、検索連動型広告と同様に、検索画面に表示される広告ですが、キーワードの入稿をする必要はありません。

Google Merchant Centerの商品データフィードに記載した商品特徴とユーザーが検索するキーワードとのマッチングにより、自動的に広告が掲載されます。

2.ショッピング広告の4つの特徴

特徴1.購買意欲が高いクリックを集めることが出来る

ショッピング広告には、ユーザーが求めている商品情報(商品画像,商品名,価格,説明文)が数多く含まれているので、商品に対して興味が高いユーザーだけを集めることが出来ます。

興味が高いユーザーという事は購買意欲も高いことになるので、コンバージョン率UPも期待できます。

特徴2.広告のクリック数を増やすことが出来る

Googleショッピングでの掲載だと、広告として掲載されているか判断がしづらいので、ユーザーは広告と分からずに広告をクリックします。

尚且つ、広告には商品画像が掲載されているので、テキスト広告より目立つため、クリック率が高まります。

特徴3.広告掲載面の増加

ショッピング広告では、複数の広告が掲載させることがあります。

掲載面が1つと決まっているわけではないため、検索キーワードと広告タイトルの関連性が高い場合、自社のショッピング広告が複数掲載される可能性があります。

さらに、検索広告でそのキーワードを入札していた場合、テキスト広告でも広告が表示される可能性があり、さらに掲載面が増える可能性があります。

特徴4.クリック単価が安い

テキスト広告と比べると、出稿されている広告が少なく(競合が少ない)、クリック単価も比較的安くなっています。

クリック単価を安くできるという事は、CPA(獲得単価)も安く抑えることにも繋がっていきます。

3.ショッピング広告を上手に活用する3つの方法

方法1.クリック単価を最低単価で出稿する

ショッピング広告は、商品と検索キーワードの関連性に加え、入札しているクリック単価を加味して、掲載の有無が決定します。

ショッピング広告を検索広告と同等に扱ってしまい、50円や100円というきりの良い単価で設定してしまいがちですが、ディスプレイ広告のようなイメージで入稿するようにしてみましょう。

ショッピング広告では、出稿されている件数が少ないので広告出稿スタート時は思い切って単価を下げて設定致しましょう。

その後は掲載順位を見ながら1ページ目までに掲載されるように単価調整を行いましょう。そうすれば、無駄な広告費を削減することが出来ます。

方法2.売れるタイミングの商品を優先して広告出稿する

ECサイトを運営していると、季節物の商品を扱っている方も少なくありません。

そうした季節物商品には、売れる時期が限られているケースのものが多いので、売れる時期だけにショッピング広告を使うのは効果的だと思います。

在庫処分などで価格訴求する時にだけ出稿するのもユーザーの反応は良い傾向にあります。

方法3.ショッピング広告の掲載順位を上位表示させる

ショッピング広告では、意図的に上位表示させることが難しいと言われておりますが、手間を掛けて設定をすれば上位表示される可能は高まります。

具体的には、次の3つの手法が考えられます。

  • 掲載商品を増やす
  • 検索クエリを確認し、商品名や商品説明に文言を入れる
  • 商品フィードでの商品カテゴリーを詳細に設定

掲載商品数を増やすことで、表示回数が増え、上位表示される可能性が増えますし、検索クエリを確認し、検索されるキーワードを入れることで、検索キーワードと広告タイトルの関連性が高くなる可能性があります。

また、カテゴリー設定を一番小さいカテゴリーまで細かく設定しましょう。

カテゴリーは定期的に新しい項目が追加されますので、定期的に見直すことも重要です。

4.まとめ

ショッピング広告は、商品画像,商品名,価格,素材,などを表示させる事が出来るので、ユーザーが広告をクリックする前に商品詳細を理解することが出来ます。

そのため、購買意欲が高いユーザーだけをサイトに呼び込むことが出来る広告になります。

とても魅力的な広告にですので、皆様も是非使用してみてください。

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。