フリーメール業界の首位に立つGmail広告の設定方法と効果

リスティング広告 Gmail

皆さんGmailはご存知でしょうか?
GmailとはGoogleが提供しているフリーメールサービスのことです。

世界に約10億人のアクティブユーザーがおり、フリーメール業界で首位に立っています。

その広告であるGmail広告の設定方法と効果をご紹介いたします。

1、Gmail広告とは

Gmail広告とは、Gmail上の受信トレイ上部に表示される広告で、2015年9月からGoogleAdwordsの管理画面で配信できるようになった、比較的新しい広告配信方法です。

通常のメールに紛れた形で広告が掲載されるので、広告という違和感をユーザーに抱かせずに視認させることができ、広告表示タイプが画像、動画、埋め込みフォームなど様々です。

ただし、広告表示はプロモーションタブにのみに限定されます。

2、Gmail広告の設定方法

まず、GoogleAdwordsでディスプレイネットワークのみのキャンペーンを作成します。

リスティング広告 Gmail1

キャンペーン名や目標、配信地域や予算等を設定していきます。

次に広告グループの作成をします。

ここの広告のターゲティング設定で別のターゲティング方法を選び、プルダウンからプレースメントを選択します。

リスティング広告 Gmail2

複数のプレースメントを追加から「mail.google.com」を入力し設定します。

リスティング広告 Gmail3

キャンペーン、広告グループの設定が完了したら次に広告を追加します。

広告グループの編集画面の広告をクリックし、プルダウンメニューから広告テンプレートをクリックします。

リスティング広告 Gmail4

広告テンプレートの中のGmail広告を選択します。

リスティング広告 Gmail5

Gmail広告では、以下の5種類から出稿方法を選択することができます。

  • 画像テンプレート
  • シングルプロモーション
  • マルチ商品テンプレート
  • カタログテンプレート
  • カスタムHTMLアップロード

簡単に各テンプレートを説明します。

・画像テンプレート

リスティング広告 Gmail6

閲覧者に対して、ビジュアル的にインパクトのある訴求ができます。

最大で650×1000ピクセルの画像を挿入できます。

また、ロゴや説明文も挿入できるので、閲覧者に多くの情報を訴求することができます。

バナー広告というよりは一種のLPのような広告です。

入力できる項目は

ロゴ、広告主、件名、説明文、イメージ(画像)

となります。

・シングルプロモーション

リスティング広告 Gmail7

1つの商品やサービスについて、タイトルと画像で宣伝できます。

入力できる項目は

ロゴ、広告主、件名、説明文、イメージ(画像)、広告見出し、コンテンツ、行動を促すフレーズのボタン

となります。

コンテンツの部分は全角512文字まで入れることが可能です。

1つの商品に対しての情報しか掲載できないので、お勧めの商品や期間限定の商品に効果的と思われます。

・マルチ商品テンプレート

リスティング広告 Gmail8

先程のシングルプロモーションとは違い、複数の画像で複数の商品やサービスを宣伝できます。

表示できる内容はほぼ同じですが、異なる点は最大で6種類の画像とタイトルを表示できる点です。

またシングルプロモーションと違い、商品説明はできませんが複数商品やサービスを表示できるため、ECサイト等複数の商品をイメージ画像で紹介する場合などに最適です。

・カタログテンプレート

リスティング広告 Gmail9

こちらはマルチ商品プロモーションよりも、具体的な説明文を掲載します。

カタログを閲覧しているような感覚を作り、リンクボタンも配置できます。

・カスタムHTMLアップロード

リスティング広告 Gmail10

規定の仕様の範囲で自由に広告を作成することが可能なテンプレートです。

HTMLや画像をZIPファイルにアップロードし、Gmailボックス内に入力ホームを表示させたり、スマートフォン上ですとワンタップで電話発信できる機能を使うことができます。

ただし、HTMLに関する知識が必要となり、上級者向けといえるでしょう。

3、Gmail広告のターゲティングの仕様

Gmailでは様々なターゲティングの方法があります。

例えば、キーワード、トピック、アフィニティカテゴリ、ユーザーカテゴリ、カスタマーマッチ等ディスプレイネットワークで使えるおおよそのターゲティングを行うことができます。

また、この中からいくつかのターゲティング方法を組み合わせて絞り込むことも可能です。

飲食店を宣伝する場合は、「飲食店」や「ファストフード」など、食べ物関連のトピックを選択し加えて、「ファストフード愛好家」、「料理愛好家」、などのアフィニティ カテゴリを選択することもできます。

このことにより興味関心の高いユーザーに広告を配信できます。

4、Gmail広告の注意点

Gmail広告の注意点は2つあります。

1つ目は「課金のタイミング」です。

一般的なクリック単価制だと、広告をクリックと同時に課金が発生し、ランディングページへ遷移という流れですが、Gmail広告の場合、折りたたまれたGmail広告をクリックと同時に課金が発生し、展開されたGmail広告に遷移、その後ランディングページという流れになります。

この場合注意しなければならない点は、管理画面上のクリック数はGmail広告を開いたユーザーの数であり、実際にサイトに訪問したかは全く関係がないということです。

どのくらいGmail広告からWebサイトに遷移したか確認したい場合は管理画面上の設定で表示することができます。

注意点の2つ目はビジネス向けアカウントには配信されないということです。

ビジネス向けのGmailユーザーには広告掲載がされず、個人向けGmailアカウントを持っているユーザーのみに広告配信が行われます。

5、まとめ

いかがでしょうか。

Gmail広告は、そのリーチの幅広さや広告フォーマットの自由度の高さから、これまで以上に見込みユーザーに対して強い訴求力を持つ、魅力的な広告配信方法です。

ですが、メールボックスというユーザーのプライベートな場所に広告を掲載するので、ユーザーの邪魔にならない広告訴求を行い、興味関心をもっていただかなければなりません。

そのため、よりユーザー目線に立った広告運用が求められるでしょう。

リスティング広告 Gmail

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。