リスティング運用の素人でもすぐに結果を出すための5つのテクニック

ノウハウ,リスティング広告

すぐに結果が出ることを期待して、小手先の知識でリスティング広告を始めてみようと考えていませんか。

リスティング運用は小手先で始めたとしても、本来、結果を出す為に抑えておくべきポイントが全く抑えられていなければ、当然結果は出ません。

そして、本当は簡単に結果が出るにも関わらず途中で諦めてしまう方がほとんどです。

実は商品やサービスの売上げが上がる可能性は多いにあるのに、自分の運用知識や経験が足りないことが原因で、失敗してしまうのではもったいないですよね。

そこで、あなたが今からリスティング運用を始める素人だったとしても、「これだけ抑えておけば 結果が出る!」という効果的なテクニックを5つご紹介します。

リスティング バナー

1. クリック率を上げる広告文作成テクニック

まずリスティング広告のタイトルと説明文に、基本的に検索キーワードを含めるようにしましょう。

タイトルと説明文とは下の図に該当する部分のことです。

タイトルと説明文

検索したキーワードが広告に含まれている方がクリックしたくなりますよね。

こうするだけで広告のクリック率を高めることが出来ます。

クリック率が高まると品質スコアも高まるので、結果的にクリック単価が安くなり、利益率を上げることが出来ます。

これはとても単純なテクニックですが、確実にリスティング運用のパフォーマンスに差が出ます。

ただ、唯一リスティング広告の中にキーワードを含めない方が良いケースもあります。

それは、キーワードに類似した商品の広告を出稿する場合です。

その時は、あえてキーワードを含めないことで無駄クリックを防ぎ、広告予算を抑えることが出来ます。

しかし、基本的にはキーワードを含めた方が良いケースばかりです。

もし、あなたがまだ実践していないなら、今すぐに改善してみましょう。

2. 思わず購入したくなる広告文作成テクニック

リスティング運用の初心者の方に多い失敗が、表示される広告文をじっくりと考えずに作るということです。

残念ながら、それではいつまでたってもクリック数が増えることはありません。

しかし、検索エンジンでリスティング広告が表示された時に、思わず興味を惹かれて「クリック+購入」したくなるような広告文を書くと、どんどん数字は改善されていきます。

何故なら、現在のリスティング市場は、どのキーワードでもライバル企業が溢れ返っているからです。

その中から、あなたの広告を選んでもらうには、ライバル企業よりも魅力的なアピールをしなくてはなりません

例えば、ライバル企業が下記のような広告文を出しているとします。

創業20年で安心と信頼のTシャツ販売店。
50枚以上で10%オフ。一週間でお届け

この場合、あなたのリスティング広告文をクリックしてもらう為には、このライバル企業のオファーよりも魅力的な、またはお得感のあるものである必要があります。

例えば、以下のように

Tシャツ制作100,000枚以上の実績。
30%オフ最短3日でお届け《送料無料》

これだと、オリジナルTシャツの老舗で、割引率が高くお得感があるし、配送が早いことも記載してあります。

さらに送料無料なので更に安く出来ます。

このように、ライバル企業を上回ることが出来る広告文を作成することを意識して行なってください。

広告文を変更するだけで、お問い合わせが増えることはあります。

もしかしたらサービス内容は負けていないのに、広告文で負けていてお客様を奪われている可能もありますので、今すぐ広告文をチェックしましょう。

※媒体によって広告文で使用出来る記号に制限があります。記号についてはこちらをご確認ください
【最新版】リスティング広告で使える記号と効果的な使い方

3. 除外キーワードで無駄な費用削減テクニック

リスティング広告で結果を出す為には、出稿後に行うチューニングが欠かせません。

その中でも特に重要なのが、「除外キーワード」の設定です。

今まで数多くアカウントを見てきましたが、除外キーワード設定をしていない方はとても多いです。

しかし、除外キーワード設定をするだけで費用対効果を上げることが出来るので、ぜひ知っておきましょう。

例えば、除外キーワードを設定しなかった場合、

「Tシャツ プリント」

で広告が設定されているとすると、

「かわいい Tシャツ プリント」「Tシャツ 販売」「Tシャツ オリジナルプリント」

など、少し広めのキーワードで表示されることがあります。

これはヤフー、グーグルがアクセスを集める為に自動で行なっているのですが、時には、あまりにもかけ離れているキーワードで表示されていることもあります。

そんな場合は、必要では無いキーワードを除外登録することにより、登録したキーワードで検索された場合に広告を表示しないように出来ます。

例えば、かわいいTシャツを扱っていないのであれば、「かわいい」のキーワードを部分一致で除外キーワード登録すれば、今後「かわいい」を含んだキーワードで検索された場合は広告が表示されません。

このように商品の購入に繋がらないと予測出来るキーワードは、どんどん除外して費用を抑えながら、パフォーマンスを改善していきましょう。

4. コンバージョンを上げる単価調整テクニック

当たり前のことですが、キーワードにより単価は違い、人気のキーワードになればなる程クリック単価が上がりやすいです。

リスティング広告の運用では高単価キーワードや、低単価キーワードをある程度個別に入札単価を調節する「単価調整」が必要になります。

この単価調整は、除外キーワードと同じくらいにリスティング広告にとって重要です。

例えば、コンバージョンに結びつきそうなキーワードを入稿していても、入札単価が低く掲載順位が11位ですとコンバージョンが獲得出来る可能性は低いですよね。

高いコンバージョンを得られそうなキーワードの単価を上げて、そうでないものの単価を下げるという調整をこまめにしていきましょう。

入札単価はライバル企業の入札状況、広告文の関連性など様々な要因によって変動されます。

そうしたバランスを見極めながら、入札単価を調整するようにしましょう。

ただ、高い入札単価を設定するだけでは広告費が際限なく高騰するので、日々調整を行いコンバージョン、掲載順位にそれほど影響が出ないラインを見極めて下さい。

最終的には決められた予算の中で目標コンバージョンを上手く取れるようになれば良いのです。

また、単価調整だけでは限界があるので、ランディングページの継続的な改善も必須です。

この両方が出来れば上手く集客出来るようになります。

5. 見落としがちな配信時間帯設定テクニック

リスティング広告は通常、24時間中配信され続けます。

しかし、実は時間帯によってコンバージョンが高かったり低かったりします。

従って、特にコンバージョンが高くなる時間帯に集中的にリスティング広告を配信することで、少ない予算でも大きな結果を出すことが可能です。

広告費がたくさんあるのであれば、ブランディングを含めて24時間配信することも出来ますが、個人・中小企業が勝つ為には、コンバージョンが取れる時間帯のみ配信をしましょう。

コンバージョンが高くなる配信時間は商品によって違うので、入念にテストを行うことをおすすめします。

また、例えば不用品回収水道修理など、「すぐに対応して欲しい!」というお客様が多い業種は、メールの問い合わせよりも電話が鳴ることが多いです。

そうした場合は、電話を受け取れる時間帯にだけ配信をすることで効率よくお客様を獲得することが出来ます。

一方、電話が多くてもランディングページがとても良ければ、夜にメールの問い合わせがたくさん入ることもあります。

その場合は、夜にも広告配信をして1件でも多く獲得するべきです。

この辺の判断は、繰り返しテストをして分析することで探し出しましょう。

まとめ

初心者がリスティング広告を何も知らないまま行なってしまうと、結果を出せる可能性はとても低くなってしまいます。

しかし、ここでご紹介した5つの要素をしっかりと意識するだけで、遥かに良い結果を生むことができます。

最後にもう一度列挙しておきます。

  • クリック率を上げる広告文作成テクニック
  • 思わず購入したくなる広告文作成テクニック
  • 除外キーワードで無駄な費用削減テクニック
  • コンバージョンを上げる単価調整テクニック
  • 見落としがちな配信時間帯設定テクニック

ぜひ覚えておいて下さいね!

リスティング バナー


PC用電話

ノウハウ,リスティング広告

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。