TrueView(トゥルービュー)広告の概要と使い方

ユーザーに強い印象を残し、効果的な訴求が出来る広告が動画広告であり、ここ数年最も注目を集めている広告手法になります。

数ある動画広告の中でも、簡単に使えるものが「トゥルービュー広告」になります。

今回は、そんなトゥルービュー広告の概要メリットについて、一緒に見ていきましょう。

動画広告と言うと、なんとなく難しそうで、敷居が高く感じてしまう方が多いですが、トゥルービュー広告はとても簡単に設定できるので、ぜひ挑戦してみてください。

1. トゥルービュー広告とは?

トゥルービュー広告とは、「YouTubeに掲載される動画広告」全般のことを指します。

YouTubeを使っていると、見たい動画が始まる前に、「5秒後にスキップできる動画広告」がよく流れてきますよね。

ああいった広告がトゥルービュー広告になります。

2. トゥルービュー広告の種類(フォーマット)

トゥルービュー広告には、いくつかの種類(フォーマット)があります。

ここでは、代表的な次の3つのフォーマットについてご紹介します。

  • インストリーム広告
  • ディスカバリー広告
  • バンパー広告

インストリーム広告

本編動画が始まる前に、強制的に表示されるのがインストリーム広告です。

先ほど例に挙げた広告がこれにあたり、「5秒後にスキップして動画へ進めます」という表示と共に広告が流れます。

インストリーム広告はご存知の通り、5秒間は必ず表示されます。5秒経ったら、ユーザーはそのまま広告を見続けるか、スキップするかを選択できます。

ただ、30秒以上ユーザーが動画を見た時か動画にアクションを起こした時にしか課金されないので、5秒後に動画がスキップされた場合、広告費は発生しません(30秒未満の動画の場合は全て視聴された際に広告費が発生します)。

ディスカバリー広告

イメージ的には、インディスプレイ広告とインサーチ広告をあわせた広告になります。

動画ページの右側にある「関連動画」エリア検索結果画面のトップに、ディスカバリー広告は表示されます。

ユーザーの視聴している動画や検索結果と関連する動画が広告として配信されるため、リーチは少なくなりますが、確度の高いユーザーに広告を配信することができます

ディスカバリー広告では、サムネイルをクリックして広告が見られた際に、広告費が発生します。

バンパー広告

バンパー広告は、インストリーム広告と同じような仕組みですが、動画をスキップすることができません

ただ、動画は6秒間しかないため、6秒間でいかに伝えたい情報を伝えるかがポイントになります。

以前はインストリーム広告で、15秒や30秒のスキップできない広告を配信できたのですが、ユーザーにとって邪魔であると判断され、廃止されてしまいました。

バンパー広告は、インプレッション課金であり、1,000回表示されるたびに広告費が発生します。

3. トゥルービュー広告のメリット

とても身近な存在でもあるトゥルービュー広告ですが、果たしてどのようなメリットがあるのでしょうか。

トゥルービュー広告の主なメリットは、以下の3つのポイントに集約されます。

  • 細かいターゲティングが可能
  • コストパフォーマンスの高い課金方式
  • 幅広いユーザーにリーチできる

細かいターゲティングが可能

トゥルービュー広告では、年齢や性別、使用している端末、住んでいる地域などといった属性や、ユーザーの趣味や興味・関心などのデータに基づいて、とても細やかなターゲティングが可能です。

さらに、表示させる時間帯や曜日なども指定することができます。

コストパフォーマンスの高い課金方式

トゥルービュー広告における課金の原則は、「実際に見てもらい興味を持ってもらった時のみ」というものです。

インストリーム広告であれば、その動画が30秒以上視聴されるか動画にアクションを起こされた時に広告費が発生し、ディスカバリー広告であれば、サムネイルをクリックされない限り広告費が発生しません。

バンパー広告はインプレッション課金ですが、動画をスキップできないため、インストリーム広告より動画の印象を強く残すことができ、効果的に広告を配信することができます。

幅広いユーザーにリーチできる

YouTubeは言わずと知れた、世界トップの動画配信サイトですので、国内だけで見ても、実に月5,000万人もの視聴者がいると言われています。

YouTubeはもはや、テレビに匹敵するほどの巨大な「マスメディア」ですので、トゥルービュー広告をうまく活用することで、YouTubeの膨大なユーザー層に直接広告を届けることが可能になります。

4. トゥルービュー広告を有効活用するテクニック

普通にトゥルービュー広告でただ動画広告を出稿するだけではなく、ちょっとしたテクニックをプラスすることで、YouTubeという媒体をもっと有効活用することができます。

トゥルービュー広告の効果をアップさせるテクニックには様々なものがありますが、ここでは特に効果的な2つの方法について見てみましょう。

リマーケティング機能を利用する

トゥルービュー広告は、Google AdWordsとの連動によるリマーケティングに対応しています。

すでに自社サイトを訪問済みのユーザーにターゲットを絞って動画広告を見せることができますし、動画広告を視聴済みのユーザーに対して、AdWordsのバナー広告を表示させることもできます。

ただでさえ動画広告は比較的印象に残りやすいタイプのフォーマットなので、このリマーケティング機能も組み合わせれば、広告がユーザーの記憶に残りやすくなり、最終的なコンバージョンの増加も期待できます

オーバーレイ広告を組み合わせる

トゥルービュー広告では、動画の上に重ねる形で、テキストやリンクで構成された広告を追加することができます。これがオーバーレイ広告と呼ばれるものです。

このオーバーレイ広告を活用することで、ユーザーを直接自社サイトに誘導することが可能になるため、さらなる広告効果を期待できます。

5.トゥルービュー広告の設定方法

最後に、トゥルービュー広告の設定方法をご紹介します。

手順1.キャンペーンから動画を選択

「キャンペーンタブ」をクリックし、「+キャンペーン」という赤いボタンをクリックし、「動画」を選択します。

手順2.動画フォーマットを選択

「動画広告のフォーマット」の中から、動画広告のフォーマットを選択します。

今回は「インストリーム広告またはTrueViewディスカバリー広告」を選択します。

手順3.予算・ネットワークを決定

1日あたりの広告費を入力し、ネットワーク(掲載箇所)を選択します。

今回は、全てにチェックを入れております。

手順4.広告で配信する動画を設定

YOUTUBEに登録してある広告用の動画URLを入力します。

手順5.動画を選択し配信方法を設定

URLを入力すると、該当しそうな動画が表示されるので、該当する動画を選択します。

その後、インストリーム広告かディスカバリー広告のどちらで配信するかを選択します。

インストリーム広告の場合

ディスカバリー広告の場合

手順6.単価を設定する

広告の視聴単価を設定し、「広告グループを保存」という青いボタンをクリックします。

手順7.「終了」をクリック

最後に終了をクリックする事で、動画広告の設定は終了になります。

6. まとめ

YouTubeという世界最大の動画サイトで配信できるトゥルービュー広告は、王道かつ最強の動画広告フォーマットだと言えます。

課金方式も効果的で、無駄なく効率的にユーザーへリーチできます。

初めての動画広告配信にもぴったりなサービスとなっているので、興味のある方はぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。