インタレストカテゴリマッチの概要と効果的な使い方

豊富な配信方法を選択でき、機能も非常に充実しているGoogleディスプレイネットワーク(GDN)の中でも、「インタレストカテゴリマッチ」は人気です。

インタレストカテゴリマッチは、広告枠を使ったターゲティングではなく、ユーザーをセグメント分けして配信できるのが最大の特徴になります。

インタレストカテゴリマッチを上手に活用することで、より高い広告効果を、効率的に得ることが可能です。

今回は、インタレストカテゴリマッチの基礎知識や、効果的に使うためのアイディアをご紹介していきたいと思います!

ヤフー(YDN)では、「インタレストカテゴリー」と呼ばれています。

1. インタレストカテゴリマッチとは?

Googleは、各ユーザーの閲覧履歴などの膨大な情報を元に、それぞれのユーザーに、「そのユーザーが興味のあるジャンル・カテゴリ」をいくつも付与しています。

この「興味のあるカテゴリ」のデータを利用し、広告で設定したカテゴリとマッチしたユーザーに広告を配信できるのが、インタレストカテゴリマッチなんです。

※広告のカテゴリは、自分で指定します。

インタレストカテゴリマッチは、ユーザーが閲覧中のページ内容ではなく、ユーザーの興味に基づいて配信されるため、「そのジャンルに興味のあるユーザー」にだけ広告の配信が可能だということです。

2. インタレストカテゴリマッチの種類

さて、インタレストカテゴリマッチには現在、次の3つの種類が存在します。

・アフィニティカテゴリ
・カスタムアフィニティカテゴリ
・購買意欲の強いユーザー層

それぞれの種類の概要やメリットをチェックしてみましょう。

アフィニティカテゴリ

アフィニティカテゴリは、「買い物中毒者」「お笑い番組ファン」「アウトドア愛好家」など、ユーザーのライフスタイルや趣味、好みなどによるターゲティングができるものです。

そのユーザーの性格や嗜好による絞り込みが行えるので、潜在的な顧客に対して緩やかにリーチするのに向いています。ブランド認知の向上などにもぴったりですね。

ただ、アフィニティカテゴリを使用する場合は、次にご紹介するカスタムアフィニティカテゴリを利用するケースがほとんどになります。

カスタムアフィニティカテゴリ

アフィニティカテゴリで指定できる各カテゴリは、基本的にやや範囲が広いものになっています。

そのぶん多くのユーザーにリーチできるわけですが、「もうちょっとターゲット層を絞り込みたい!」という場合もありますよね。

そんなときに便利なのが、カスタムアフィニティカテゴリです。

カスタムアフィニティカテゴリでは、自分でキーワードやURLを追加することによって、アフィニティカテゴリで設定したカテゴリをより細かくカスタマイズでき、効果的にターゲティングすることができます。

購買意欲の強いユーザー層

「購買意欲の強いユーザー層」は、その名の通り、最近その商品やサービスについて検索していて、実際に購入を検討している可能性が高いユーザーをターゲティングします。

具体的なアクション獲得を目的として配信されるタイプなので、指定できるカテゴリは「ブライダル衣装」「写真編集ソフトウェア」「マンション(賃貸)」など、商品・サービスのジャンルになっています。

3. インタレストカテゴリマッチを効果的に使うには

GDNはできることや設定項目が多いので、インタレストカテゴリマッチを効果的に使うためには、いくつかのコツを掴む必要があります。

ここでは、最初に抑えれ起きたい、次の2つのポイントをご紹介します。

・ユーザー属性の設定を活用する
・Googleアナリティクスのデータを利用する

ユーザー属性の設定を活用する

インタレストカテゴリマッチでは、興味のあるカテゴリに加えて、年齢や性別など、基本的なユーザー属性によるターゲティングも組み合わせることができます。

これによって、「女性だけ」「男性だけ」などと配信対象ユーザーを限定することができるのはもちろん、ユーザー属性ごとに入札単価を別にすることもできます。

ユーザー属性の設定は、予算を効率的に使い、広告効果の最大化を図るためには非常に便利な機能なので、ぜひ積極的に使ってみてください。

Googleアナリティクスのデータを利用する

インタレストカテゴリマッチでは、自社商品の購入やブランディングに適切なカテゴリを選択する事が大事になってきます。

そこで活用したいのが、Googleアナリティクスのデータです。
※アナリティクスは無料で利用でき設定も簡単なので、導入していない場合は、必ず導入しておきましょう。

Googleアナリティクスのダッシュボードの左メニューには、「インタレスト」という項目があり、そのサイトの「アフィニティカテゴリ」と「購買意欲の強いユーザー層」の具体的なカテゴリデータを確認できます。

LPであれば自社商品、サイトであれば自社という形にはなってしまいますが、どういったカテゴリのユーザーが興味を持っているのかを把握することが可能です。

4. インタレストカテゴリマッチの設定方法

最後に、簡単にではありますが、インタレストカテゴリマッチの設定方法をご紹介していきます。

まず、「キャンペーン」から「+キャンペーン」、「ディスプレイネットワークのみ」を選択します。

「マーケティング目標なし」を選択します。

次に、インタレストとリマーケティングを選択します。

後はカテゴリを選択するだけになります。

5. まとめ

GDNの魅力は、Googleが保有している膨大なデータを元にした、正確で的確なターゲティングです。

インタレストカテゴリマッチは、その魅力を最も感じることのできるターゲティング方式だと言えるかもしれません。

まだインタレストカテゴリマッチでの広告出稿を試したことがない方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね。

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。