キャリアアップとは?スキルアップとの違いや失敗しないポイントについて解説

1つの会社に長く勤めることが普通だった時代は終わり、今や複数の会社での経験を通して「キャリアアップ」をしていくのが普通の時代になりました。
しかし、自分のキャリアを自分で設計して実現することはそう簡単なことではありません。
中にはキャリアアップにならない転職を繰り返したり、給料の下がる転職しかできずキャリアアップに失敗してしまう人もいます。

この記事では、「キャリアアップ」の本来の意味について理解することで、キャリアアップの失敗を防いで、希望通りのキャリアを歩む方法について解説します。

キャリアアップとは

「キャリア」とは、「職務経験」や「経歴」という意味です。よって、「キャリアアップ」とは現在の職務において、より高度な職務経験を積むことといえます。

例えば、それまで課のメンバーとして業務をしていたメンバーが、課長となってチームをマネジメントする立場になったり、あるいは契約社員だった人が働きを認められて正社員なるということもキャリアアップと考えられます。

「キャリアアップ」を考える上で重要なことは、そのキャリアが社外でも通じる「市場価値のあるもの」だということです。
例えばリーダー経験、マネジメント経験、仕組みを作った経験など、転職市場でもキャリアとして高く評価されます。

つまり社内で職位が上がったとしても、それにより新しい能力が身に着いたり、高いスキルを身に着けた人という市場の評価を得られなければ、本来の意味でのキャリアアップとは呼べないのです。

スキルアップとの違い

「キャリア」が「職務経験」を表す言葉であるのに対し、「スキル」は「技能」「能力」を表します。

似たイメージを持たれるこの2つの言葉ですが、スキルアップの場合、必ずしもより高い職位や経験を意味しません。

例えば同じ業務を何年も繰り返してやったために、作業に慣れてかかる時間が半分になった場合、スキルアップとは呼べますが、キャリアアップとは呼べません。

TOIECの点数や各種の難関資格など、スキルが必要な業種ではスキルアップがキャリアアップにつながるケースもたくさんあります。
ただ一般的にはこのように「キャリアアップ」と「スキルアップ」には「客観的に見た時に、あなたの市場価値を上げるか」という点で大きな違いがあります。

キャリアアップとスキルアップについては、「どちらがいい」ということはありません。
しかし、自分がキャリアアップにつなげたいと思ってやっていることが、実は市場的には評価されない単なるスキルアップにしかならないというケースはよくあります。
その行動がキャリアアップにつながるのかスキルアップになるのかは、常に意識しておく必要があります。

キャリアチェンジとは

キャリアアップやスキルアップに似た考え方に、「キャリアチェンジ」があります。
「販売員として現場の接客をやってきた経験から、商品企画やマーケティングの担当になる」など、それまでの経験とは違う職種・業界に転職することを指します。

この場合も元からの経験を活かせれば、キャリアアップになります。ただ、これまでの経験を活かせない分野に未経験でチャレンジするなら、一時的には様々な条件がダウンすることは避けられないと考えましょう。

キャリアアップのためにやるべき3つのこと

では、転職によって効果的にキャリアアップしていくためにはどのような準備が必要なのでしょうか。
ここでは基本的な3つのポイントについて解説します。

自分のキャリアプランを描く

まずは自分のキャリアプランをしっかりと立てることです。ゴールを決めてから道順を逆算して決めていかないと、キャリアの途中で迷子になりかねません。

例えば、10年後には予算〇億円規模のプロジェクトを担当していたいという目標を立てたとします。
そのためには、5年経過時点ではどんな能力が必要か、何人くらいのチームを持っていないといけないか、どんな実績を作っておかないといけないかということが考えられます。
また5年後にそうなっているためには、3年後にはどのレベルまで到達していなければいけない、そのためには今年ここまでやらないと…という風にどんどんキャリアアップのための行動を細分化して設定していくのです。

このキャリアプランを明確にする過程で、思い描くキャリアプランが現在の会社では実現できない場合には、転職を含めたキャリアプランを作成する必要があります。
逆に今の会社でもまだやれることに気づく場合もあるでしょう。

転職先企業・業界をリサーチする

自分のキャリアプランを描くことができたら、キャリアプランを実現できる企業を探しましょう。
具体的には転職サイトの情報や企業の公式サイトを見ることで、企業の組織体制や業務内容を確認することができます。

このリサーチで重要なことは、企業の情報だけでなく、業界や競合企業の情報も同時に集めて検討することです。
当然のことですが、成長している市場や業界にある企業は成長しやすく、チャンスも多い傾向にあり、あなたのキャリアにとっても有利に働く可能性が高くなります。

反対に業界自体が縮小傾向にあったり、強力な競合が出現したなどの状況にある場合には、転職に成功しても期待したキャリアを歩むことができない可能性があります。

先のことはわからないとは言え、その企業と業界を取り巻く当面の状況については確認することようにしましょう
また、可能ならその企業に働いている人に実際に話を聞いてみましょう。最近はSNS などで情報を発信している人もいるので参考になります。

キャリアアップに必要な実績・成果を作る

具体的なキャリアプランを描け、転職先のリサーチができて新しいキャリアに歩み出せそうなら、さっそく応募などのアクションを起こすのもいいでしょう。

しかし、転職について調べたり自身のキャリアについて考える調べる中で、自分に足りない経験や身につけておくべきスキルが見えてくることもあります。

そのような場合は転職の前に、自分が置かれている状況の中でその経験やスキルを身につけられないか考えてみましょう。
マネジメント経験や問題解決能力、アイデアを出して自社の売上をアップした実績などの経験は、転職しなくても今の環境で経験できる可能性があります。

キャリアアップの失敗例

上記をしないままで転職活動をした場合、以下のような失敗に陥りがちです。

・年収アップすると思って転職したが、市場が縮小傾向ですぐにリストラ
・大企業の子会社で安定していると転職したが、役職につけるのは親会社から出向してくる人だけで昇進の道がなかった
・年収アップして転職できたのはいいが、実力と経験を超える業務を任されて失敗が多く結局退職するはめに

キャリアアップを考えるのであれば、直近で給与が上がることを目的に転職するのではなく、そこでの経験が自分のキャリアプランに合致するかを考える必要があります。

自分にあったキャリアアップを

このように、「キャリアアップ」というと転職を繰り返して給与や役職を上げていくというイメージがありますが、必ずしも今すぐ転職をする必要はありません。
転職であろうと在職のままであろうと、あくまでも「自分の目指すキャリアを実現するためにはどうすればいいか」を考えることが重要なのです。

そして常日頃の業務に対しても、社内だけで通用する能力ではなく、「転職市場で評価されるか」「将来的にキャリアアップにつながるか」という視点で取り組むことで、いざいという時に転職によってキャリアアップできる自分になることができるでしょう。


PC用電話

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。