完全一致の概要と特徴、フレーズ一致との違い|リスティング広告

リスティング広告のマッチタイプって難しいですよね。
完全一致は単純でわかりやすい!なんて思っていませんか?
完全一致の全てを理解せずに広告配信している方も少なくないと思います。

そこで今回は、完全一致の特徴、効果的なマッチタイプの選び方をまとめてみました。
マッチタイプを使いこなして、リスティング広告の成果を最大限引き上げましょう。

1. マッチタイプとは?

マッチタイプとは「設定したキーワードが検索語句とどの程度一致していれば広告が掲載されるのか」を決めるための設定です。
マッチタイプは「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」「絞り込み部分一致」の4種類です。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b41

「美容 サプリ」というキーワードを各マッチタイプで登録した場合、広告が掲載される検索語句をまとめてみたので、参考にしてみてください。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b42

2.完全一致とは?

完全一致は、その名の通り、設定したキーワードと検索語句が完全に一致した場合に、広告が掲載されます。

但し、変換ミス、ひらがな、カタカナの違いなどの表記のゆれを含む場合も広告が掲載されます。(詳細は後程お話しします)

例)設定キーワード [美容 サプリ] 広告が掲載される検索語句 :「美容 サプリ」

3.完全一致とフレーズ一致の違い

完全一致とフレーズ一致って紛らわしいですよね。

完全一致は、検索語句が設定したキーワードと完全に一致した場合のみ、
フレーズ一致は、設定したキーワードの前後に違う語句が加えられている場合も、広告が掲載されます。

下図に、キーワード「美容 サプリ」を各マッチタイプで設定した場合に、広告が掲載される検索語句をまとめました。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b43

4.表記のゆれの詳細

完全一致では、完全に一致した場合に広告が掲載されると説明しましたが、実は「美容 さぷり」「びよう サプリ」などの検索語句でも広告が掲載されます。
これが「表記のゆれ」です。
完全一致に表記のゆれが含まれることによって、ユーザーの誤字や変換ミスにも対応するので、広告表示の機会損失を防ぐことが出来ます。
表記のゆれが、どの程度まで掲載されるのかをまとめてみました。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b44

実際に、どのような表記ゆれキーワードが検索されているか確認してみましょう。

《Google》

確認したいキーワードを選択し、管理画面上のキーワードタブ内の検索語句をクリックします。

マッチタイプの項目を確認します。
「完全一致(類似パターン)」と表記されている検索語句が、完全一致の表記ゆれで掲載されています。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b45

《Yahoo》

管理画面上のキーワードタブをクリックします。
確認したいキーワードにチェックを入れ、検索クエリーを表示、選択したキーワードをクリックします。

検索クエリーのマッチタイプの項目を確認します。
「完全一致(類似する語句)」と表記されている検索クエリーが、完全一致の表記のゆれで検索されています。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b46

5.効果的なマッチタイプの選び方

完全一致のみで配信すると、想定外のキーワードからの流入は防げますが、必要なキーワードを全て入稿することは困難です。
キーワードを限定するためCV獲得の確率は高くなりますが、配信量が少なく、CV獲得のチャンスを逃す可能性があります。

商材や予算によっても変わってきますが、部分一致で配信開始し、徐々に絞り込んでいくのがおすすめです。
想定外のキーワードでCVが獲得できることもあるので、まずは配信を広げて検索語句を確認し、成果の良いキーワードを見つけましょう。
マッチタイプの特徴を理解し、使いこなすことで費用対効果を高めていきましょう。

6.除外キーワードの設定

Google Adwordsでは「除外キーワード」、Yahooスポンサードサーチでは「対象外キーワード」として、広告を表示したくないキーワードを設定することが出来ます。

部分一致で配信すると、配信量が多い分、様々な検索語句に配信されてしまいます。
余計なキーワードで配信されないよう、必ず除外キーワードを設定し、リスティング広告の効果を最大限引き上げましょう。

除外キーワードにもマッチタイプの設定が必要です。
除外キーワードのマッチタイプは「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」の3種類です。

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b47
部分一致に類義語、関連語が含まれず、絞り込み部分一致と同様の扱いとなります。
また、除外キーワードでは、表記のゆれが含まれません。
例)
商材:美肌サプリ
キーワード:「美容 サプリ」

%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b48%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b49%e5%ae%8c%e5%85%a8%e4%b8%80%e8%87%b410

7.まとめ

「完全一致」の広告掲載条件は、検索語句がキーワードに完全に一致した場合だけでなく、表記のゆれも含みます。
表記のゆれは、変換ミスなどに対して広告を表示でき、機会損失を防ぐことができます。

各マッチタイプの特徴を理解して、使いこなすことで費用対効果を高めることが出来ます。
どのマッチタイプで設定しても、配信後の調整を行いながら、リスティング広告の効果を最大限引き上げましょう。

無料PDF

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。