動画広告で成果を上げる!~Facebook広告のスライドショー広告の設定方法~

Facebook広告 スライドショー

昨今、広告も動画を使用するケースが非常に増えてきており、これから動画を使って広告を出稿したいと考えている人も非常に多いです。

ただ、費用が掛かることや、バナーの方が成果が良いからと、動画広告作成に踏み切れない方も少なくありません。

そこで今回は、複数枚の静止画が一定の秒数で入れ替わるFacebookの「スライドショー広告」についてまとめてみました。

この記事ではスライドショー広告の概要特徴、そしてその設定方法までをご紹介します。

1.スライドショー広告って何?

Facebook広告 スライドショー1

スライドショー広告とは、画像①~画像④のように、静止画が一定間隔で切り替わり、ストーリーを持たせることで、ユーザーに訴求ができるという配信形式です。

スライドショー広告で設定できる静止画の枚数は3枚~10枚です。

特徴

主な特徴については下記のようになります。

  • 推奨画像サイズ:1280×720ピクセル(文字量は全体の20%以下を推奨)
  • 画像が切り替わる速度:0.5秒・1秒・2秒・3秒・4秒・5秒
  • 全動画時間:50秒
  • トランジション(画像の切り替わり方):なし・フェード
  • アップロードできる素材:静止画・動画
  • 再生方法:自動ループ再生

それではここからは実際に図を用いて、設定手順をご紹介します。

2.スライドショー広告の設定手順

①キャンペーンの設定

広告マネージャを開き、新キャンペーンを作成します。

Facebook広告 スライドショー2

今回は、目的を「コンバージョン」にして進めていきたいと思います。

Facebook広告 スライドショー3

自動的に画面がスクロールされるので、「次へ」を選択します。

~注意~

「製品カタログでの販売」「投稿へのエンゲージメント」ではスライドショー広告は配信することはできませんのでご注意ください。

また、Instagramで掲載する際には「トラフィック」「コンバージョン」「アプリのインストール」「動画の再生」のいずれかを選択します。

②広告セットの設定

キャンペーン設定が終了後、広告セットの設定になります。

下図のように、広告セット名ピクセルの選択をします。

Facebook広告 スライドショー4

③セグメントの指定

続いてはセグメントの指定になります。

年齢、性別、地域など、ターゲットを絞っていきます。

Facebook広告 スライドショー5 Facebook広告 スライドショー6

セグメントに関しての詳細はこちらに詳しく記載していますのでぜひ参考にしてみてください。
Facebook広告のセグメントの種類と効果の出るターゲティング手法

④広告配信先の設定

広告を配信する媒体を設定します。

Facebook広告 スライドショー7

この時、目的設定が「トラフィック」「コンバージョン」「アプリのインストール」「動画の再生」以外を選択した場合は、Instagramには配信ができません

⑤予算と掲載期間の設定

ここでは予算と広告の掲載期間の設定をし、広告セットの設定は完了です。

Facebook広告 スライドショー8

⑥スライドショーの設定

ここからはスライドショーの設定になります。

下図のように「形式」が表示されるので「スライドショー」を選択します。

Facebook広告 スライドショー9

選択すると下図のようなポップアップが表示されますので「スライドショーの作成」を選択します。

Facebook広告 スライドショー10

すると、下図のような静止画を順番に設定できる画面が現れるので、表示させたい静止画を3枚~10枚設定していきます。

Facebook広告 スライドショー11

この時、静止画は下記が推奨されています。

  • 1280×720ピクセル
  • アスペクト比(縦横比率)は16:9
  • 静止画内のテキスト量は全体の20%以下

画像の間隔は0.5秒・1秒・2秒・3秒・4秒・5秒から選択し、トランジションはフェードを選択すると、画面の切り替わりに違和感が無くなるのでおすすめです。

また、音楽も設定することができ、

  • 自分でアップロードする
  • 既存の17曲から選ぶ
  • 音楽をなしにする

上記の3種類から選ぶことができ、アップロードする場合のファイル形式はWAV、MP3、M4A、FLAC、OGGであることが必須になります。

Facebook広告 スライドショー12

全ての設定が終了したら、右下の「スライドショーの作成」を選択します。

Facebook広告 スライドショー13

完了すると自動的に下図のような画面に切り替わります。

Facebook広告 スライドショー14

⑦リンク先URL、広告文、CTAボタンの設定

スライドショーの設定が終わった後は下記を設定します。

  • クリックした場合に飛ぶ、リンク先のURLの設定
  • 広告文の設定
  • 【詳しくはこちら】等のCTAボタンの設定
Facebook広告 スライドショー15

⑧広告の配信

設定してきた物の最終確認を行い「実行する」を選択すると、審査が開始され、掲載可否を通過すると同時に広告配信が可能になります。

Facebook広告 スライドショー16

以上がスライドショー広告の設定手順になります。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

スライドショー広告は動画広告を検討されている方にとって、どのような動画構成がユーザーエンゲージメント(反応率)が高いのかを見つけるのに非常に有効な手段となります。

また、静止画を入れ替えるだけでも訴求を変更することができるので、ランディングページの構成を検討する際にも役に立ちます。

今後、動画マーケティングのノウハウは必須と言っていいほど当たり前になってきますので、まずはこの記事でご紹介したスライドショー広告から試してみてはいかがでしょうか。

facebook広告完全ガイド
Facebook広告 スライドショー

まずはWEB集客のプロにご相談ください!

アドリスを運営する株式会社Ad Listingは500社以上のWEB集客に携わり効果を上げ続けています。 リスティング広告をはじめ、Facebookやインスタグラム等のSNS広告やSEO、コンテンツマーケティング、WEBサイト、ランディングページの制作まで、必ずあなたのお役に立つ事ができるはずです。 まずはお気軽にご相談ください。