Webコンサルタントとは?仕事内容から年収まで大公開

「もしインターネットが無くなったら?」
そう考えると「何もできなくなるのではないか」と想像してしまうくらいインターネットは私たちの生活に浸透しています。

仕事はもちろん、プライベートでもSNSを使ってコミュニケーションを取り、ネット上で買い物をし…きっと今インターネットが無くなったら生活が回らなくなる人も出てくるでしょう。

そんなインターネットに大きく関わるのがWebコンサルタントです。

実はWebコンサルタントはとても人気のある職業で、大学生が選ぶインターン人気企業ランキングで1位に「コンサルタント」が選ばれ、転職したい企業ランキング上位10位には「情報・インターネットサービス」の企業が複数上がっているんです。

今回は、そんなWebコンサルタント実際の業務内容から気になる年収まで大公開します。

Webコンサルタントとは?

Webコンサルタントの仕事は、Webに関連するあらゆる問題点を発見し解決策の提案・施策の実行を行い、クライアントの売上アップに貢献する事です。
これだけ聞くとなんだか難しい仕事のように思えますので、身近なWebサイトやSNSに関する内容で考えてみましょう。

まず、情報収集や買い物で訪れるWebサイト。そんなWebサイトを多くの人見てもらえるように広告を運用を行ったりするのもWebコンサルタントの仕事です。

広告を運用していくなかで「広告の課題は何か」「広告だけではなく、Webサイト自体に問題はないか」などあらゆる問題点を洗い出し、見つけた問題点の解決のためにはどんな対応が必要なのか施策を立案していきます。

もう1つがSNS。企業のSNSアカウントでいいねをより多くもらうための施策を考えたり、バズらせて商品やサービスをたくさんの人に届ける施策を考えるのもWebコンサルタントの仕事と言えます。

より多くのいいねをもらったりバズらせたりするにはどのような投稿内容がいいのか、どの時間に投稿するのがいいのかなどを考えて実行し、分析を行ったりもします。

このように、Web集客を行っているクライアントの広告やページその他の施策の分析>課題発見>改善のための施策を立案>施策の実行の業務を行います。

Webコンサルタントのやりがいってなに?

Webコンサルタントやりがいの1つがクライアントの売上アップを実現する事です。

先述したように、Webコンサルタントが行う全ての業務はクライアントの売上アップにつなげるためのものです。

売上はどの企業にとって重要なものですよね。
売上が立たないと会社の存続に関わりますし、売上実績がないとお客さまからの信頼を勝ち取る事もできません。また、多くの施策を実行したり会社の規模を大きくしようと思った時にも売上は重要なものです。
Webコンサルタントは、そんな会社の根幹となる部分に大きく関わる事ができます。

売上は数字として目に見えるので、シビアでもありますが、成果が出た時は明確にわかります。
クライアントに喜んでもらえる・感謝してもらえるという事も、Webコンサルタントとしてのやりがいであり、仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

Webコンサルタントに必要な6つの能力

①スムーズに作業を進めるコミュニケ―ション能力

 
Webコンサルタントと聞くと「パソコンに向かって黙々と作業を進める」といったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、Webコンサルタントは1人でできる仕事ではありません。

ページの制作をライターやデザイナーに依頼するなど専門家に仕事を依頼する事も多く、多くの人を巻き込んで施策を実行していくのでコミュニケーション能力が必要です。

また、「Webページをどうしていきたいか」などクライアントと方向性を合わせる際にも、ヒアリング能力や提案力などのコミュニケーション能力が必要になります。

②ターゲットの本音を掘り出すリサーチ能力

売上を上げるためには、クライアントの商品やサービスのターゲットを知る事が一番重要です。

Webコンサルタントは、売上アップを図るために検索や口コミ、実際のターゲットになる人に話を聞くなどの方法で顧客のニーズや悩みを徹底的にリサーチしています。

Googleで検索してみたりYahoo!知恵袋でターゲットなる人がどんな質問をしているのか見てみたりSNSで検索したり…ニーズや悩みに関する情報収集の方法はたくさんあります。

ターゲット認識を間違えると、問題点の発見や施策の立案に影響が出てきます。このリサーチをどれだけ「正確に、幅広くなおかつ素早く」行えるかがWebコンサルタントの仕事に大きく関わってくるのです。

③売上を増加させるための課題発見能力

売上アップのために、クライアントの販売ページや広告の課題を発見するのは、Webコンサルタントの仕事の1つです。

広告の数値を確認し、悪化している部分の原因を探していきます。広告の数値悪化の原因はただ広告に問題があるだけではなく、広告をクリックした先のページが原因という事もあるので、ユーザーが歩む道をていねいに辿って原因を見つけ出していきます。

このようにWebコンサルタントには、あらゆる可能性を考えて課題を発見する能力が求められます。

④最新情報をキャッチアップする能力

Web業界はトレンドの移り変わりが早いので、常に最新の情報を収集していく事が重要です。

特に広告媒体の機能にアップデートはないかという情報は運用にも大きく関わってくるので、必ず確認するようにしましょう。

また、世間ではどんなニュースが話題になっているのか、どんなアプリが流行っているのかなどの情報を収集すれば、広告作成や施策の立案にも役に立ちます。

SNSでトレンドに上がっているキーワードを確認したり、たくさんシェアされている記事を読んでみるのも効果的です。

最新の情報は何か、日ごろからアンテナをはってキャッチアップする必要があります。

⑤常に知識をアップデートし続ける能力

業界の移り変わりが早いという事は、今は最新の情報でも数か月後には古い情報となるという事です。

ある程度の知識や情報を学んだからと勉強や情報収集を怠ると、最新の情報についていけなくなってしまします。そうなると、より効果的な広告作成や施策の立案ができなくなったりと影響が出てくるでしょう。
そのため必ず知識や情報のアップデートが必要です。

Webサイトで情報の収集を行ったり実際に街にある広告を見てみるなど、継続的に学び続ける能力が求められます。

⑥Webコンサルタントのキーとなる幅広い知識

WebコンサルタントはWebページや広告に関係する全ての分析や改善施策の実行を行うので、Webマーケティングや制作に関する幅広い知識が求められます。

ページや広告の分析を行うために有効なツールやそのツールの使い方、数多くある広告媒体の運用方法や改善方法はもちろん管理画面の使い方など、Webに関連する知識を多く持っていると、よりスムーズに業務が進められるでしょう。

必要な資格はありません。98%以上が未経験スタート


実際にWebコンサルタントになるために必要な資格はあるのでしょうか?

答えは、いいえ
Webコンサルタントになるために必ず必要な資格はありません。
未経験から誰でも始めらる仕事です。

実際にWebコンサルタントの多くは98%以上が未経験からスタートしています。
「前職はWeb業界と無関係でした」という人がほとんどです。

流れの早い業界なので「トレンドに敏感」「新しい事・ものが好き」人が向いているでしょう。

普段からSNSをたくさん利用する、Google先生にはお世話になっている、なんて人は日々のWeb上での自分の行動が活きるかもしれません。
また、これまで数字を扱う仕事や分析を行う仕事をした事がある人は、経験が役立ちますよ。

稼げる仕事はこれだったのか!Webコンサルタントの年収

Webコンサルタントの平均年収は500万円~800万円が相場です。

入社1年目で年収400万円以上の人も多く、何かしらの役職がつけばほとんどの人が年収600万円を超えてきます。
なかには独立して年収1,000万円以上稼ぐ人もいるんです。

他業界と比べてみても、
 ・サービス業 370万円
 ・メーカー 450万円
 ・商社 450万円
 ・金融 440万円
など最低相場が年収500万円の業界はそう多くはないので、他業界と比べると高年収なのがWebコンサルタントです。

「どうせ働くならたくさん稼ぎたい!」「今より年収の高い会社に行きたい!」と思っている人にはかなりおすすめできる職業です。

まとめ

初めに紹介したようにWebコンサルタントの仕事は、Webに関連するあらゆる問題点を発見し解決策の提案・施策の実行を行い、クライアントの売上アップに貢献する事です。

企業の「売上」という最も重要な部分に関わる事ができたり、売上や広告の数値で自分のやった事に対する結果が目に見えて分かるなどWebコンサルタントの魅力はたくさんあります。

また、そんな魅力ややりがいのあるWebコンサルタントには未経験でもなれるんです。

そのために求められる仕事は少なくはありませんが、Webコンサルタントの多くは98%以上が未経験から始めています。

「未経験だけど興味がある」という方はぜひWebコンサルタントにチャレンジしてみてくださいね。